NEW格闘フェチ男女プロレス対決 5 ~リングでの決着~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

NEW格闘フェチ男女プロレス対決 5

対戦ファイター:涼花くるみ

屈辱の敗戦のトラウマを振り払うため、リングにやってきた男ファイター。

一度勝っている涼花は真正面から向かい合います。

涼花「さっき負けたくせに」

さっそく男ファイターを罵る涼花。

今度は負けるわけにはいかない男ファイターは、前蹴りで先手を取ります。

いきなりの猛攻に涼花はたまらずダウンしてしまいます。

逆エビ固めで捕らえた男ファイター。

しかし、今度の男ファイターは一味違います。

ただのプロレス技でなく、涼花の股間を愛撫。

涼花「ちょっと!そんなとこ、触らないで!あああ!」

いきなりのエロ技に狼狽した涼花は、思わず喘ぎ声を上げてしまいます。

エロ技を食らい、体に力が入らない涼花。

男ファイターは一気に主導権を握ろうと大技の体勢に入ります。

涼花の体を軽々と持ち上げると、、、

パワーボム炸裂!

悲鳴を上げて、体をピクつかせてしまう涼花。

男「おら、いつでもカウント取れるんだぞ?ワン、、ツー、、、」

男ファイターは、勝ち誇ったようにカウントを取り始めます。

フォールを2で返した涼花は、突き飛ばした男ファイターに跨ります。

涼花「アハハ!セクハラ技使ってきて。そんなに気持ちいいことしたかったのね?ほらほらほら!」

そっちがその気なら受けて立つ、と言わんばかりにノリノリの表情で男ファイターを犯しにかかります。

男ファイターの腕を押さえつけ、乳首を責めたり、股間を押し付けたりと、エロ技で応戦します。

今度は69の体勢になり、股間を集中的に愛撫。

涼花「アンタ何しに来たの?プロレスしに来たんじゃないの?なにこれ?」

男「うあああ!!」

涼花「こっちが先にギブアップしちゃうんじゃない?」

エロ技を掛ける涼花のSっぷりがいいですね。

男ファイターも負けじと、股間を愛撫し抵抗を見せます。

涼花「うあああっ!あああ!あああ!」

男「うああああ!」

リングにお互いの喘ぎ声が響くバトルファック展開になっていきます。

涼花を引きはがすことに成功した男ファイターは、打撃でダメージを与えていきます。

スタンピングや低空ドロップキックなど繰り出し、涼花の細い体を存分に痛めつけていきます。

今度は男ファイターのターン。

スリーパーで捕らえると、後ろから涼花の股間を愛撫していきます。

男「ギブアップか?」

涼花「しない、ノー!」

男「ほら、気持ちよくなってんじゃねぇか?」

涼花「違う!違う!あああ!!」

口では否定する涼花ですが、喘ぎ声がどんどんエロく大きくなっていきます。

男ファイターは、涼花をリングに押し倒すと、正常位の格好で腰を動かします。

さらに、胸を揉んだり、首を絞めたりと、涼花を追い詰めていきます。

受けに回った時の被虐の表情がたまりませんね。

責めまくる男ファイターの動きをビンタで止めた涼花。

すかさずマウントを取り、再び涼花の愛撫が始まります。

涼花「これなに?これなぁに?」

妖艶な言葉責めと共に男ファイターの乳首や股間を愛撫し、刺激を与えていきます。

男ファイターは涼花の責めに思わず声が上ずってしまいます。

股間を重点的に責められ男ファイターの下半身は爆発寸前。

涼花はバカにするように、男ファイターのコスチュームをいじり、

そして、股間をむき出しにさせます。

涼花「あ~出ちゃった。なにこれ?」

涼花は実にいい表情で弄んでくれますね。

涼花「リングでこんな姿見られてどんな気持ち?」

男「や、やめろ、、」

涼花「やめてほしいの?ギブアップ?」

男「ノー、、ノー!!あああ!!」

涼花のエロ過ぎる手コキに悶絶してしまう男ファイター。

涼花「こんなん負け戦じゃん、完全にそっちの」

涼花「やっぱ、快楽には勝てないんじゃない?」

涼花「みっともな~い。こんな風に虐められてこんなにギンギンになっちゃうんだね?」

涼花のとめどない言葉責めが、男ファイターを心を折っていきます。

さらに、男ファイターの体を脚で押さえつけ、手コキのスピードを速めていく涼花。

リングに男ファイターの情けない喘ぎ声が響いていきます。

男「あああ、やめろ、、やめてくれ、、」

涼花「動けなくなっちゃった?」

男「あああ、気持ちいい、、やめろ、、」

涼花「アハハ!気持ちいいって言っちゃってんじゃん」

こんな小悪魔の笑顔で責められたら、あっという間に果ててしまいそうです。

手コキでトロトロにした後は、極上のフェラ。

必死に手コキに耐えてきた男ファイターにさらなる地獄が襲います。

男「あああ、気持ちいい、、、」

涼花のテクを食らって、男ファイターはもう嘘がつけない体になっています。

男「アッアッアッ!やめて、、やめてください、、」

涼花「ウフフ、、、」

どんどんと早くなるフェラのストローク。

男ファイターは、もうイッてしまうのではないか、と思うほどの声をあげよがり狂います。

このままフェラでイカせることもできそうでしたが、一旦動きを止めた涼花。

そして、太ももで首を絞めながら手コキで追い詰めていきます。

涼花「ギブアップ?違うの?今、やめてください、って言ったよね?」

男「気持ちいい、、イキそう、、、」

涼花「イキそうだから?イッちゃったらいいのに~。イッたらアンタの負けだよ?」

ロリ体型のS責め、たまらない人にとっては極上素材でしょうね。

そして、男ファイターを弄ぶかのように再びフェラを開始。

もう耐えることはできないのではないか、と思うほどの喘ぎ声を上げてしまう男ファイター。

涼花「出しちゃいなさい。もうそんな見栄張ってないで」

男「うあああああ!!!」

男ファイター、早くも限界か?

しかし、ギリギリのところで何とか持ちこたえた男ファイター。

わずかな力を振り絞り涼花を押し倒します。

そして、コスチュームに手を掛け、乱暴に脱がせていきます。

涼花のスレンダーボディが露わになり、男ファイターはここぞとばかりに手マンで反撃に出ます。

喘ぎ声を出す涼花ですが、余裕の笑顔で男ファイターのキスに応じます。

敏感になっている男ファイターは、涼花のキスに敵わず、再びマウントを取られてしまいます。

そして、涼花は自ら男ファイターに跨り騎乗位でインサート。

挑発するようなドヤ顔で、じっくりねっとりと腰を動かしていきます。

男ファイターは体を起こし駅弁の体勢に持ち込みます。

対して涼花は自ら腰を激しく振り、空いた手で乳首を愛撫したり、首を絞めたりと

男ファイターを責めていきます。

まだまだ試合のペースは涼花の方が握っていそうです。

何とか流れを変えたい男ファイターは、乱暴に涼花を押し倒し、正常位で犯していきます。

涼花「アン!何上乗ってるのよ、返り討ちなんだから」

涼花も腰を振り、男ファイターを逆にイカせようと応戦します。

涼花の抵抗を力で強引に押さえつけた男ファイター。

激しく腰を振りまくり、流れを強引に引き寄せていきます。

強気だった涼花の表情が曇り、喘ぎ声が大きくなっていきます。

涼花「アッアッアッ!アンタが犯すんじゃなくて、あたしが犯してあげる」

気丈に振舞う涼花ですが、形勢は徐々に劣勢になっていきます。

男ファイターの方が有利なポジションを掴んでおり、涼花は必死に耐える展開に。

涼花の抵抗を防ぐべく、バック突きで犯していく男ファイター。

男「おら、ギブアップだろ?」

涼花「違う違う違う!!あああああ!」

男ファイターの激しい突きに、涼花の顔がどんどんアヘ顔に変わっていきます。

ほとんど勝利を掴みかけていた涼花ですが、男ファイターの猛攻にM性が目覚め始めます。

だらしなく舌を出し、男ファイターの責めに感じた声を出してしまっています。

口では抵抗していますが、我慢できなくなっているのは誰の目にも明らかです。

フラフラの涼花を立たせ、技を掛けながら腰を突きまくる男ファイター。

男ファイターの挑発に、涼花は「違う!違う!」と、感じていることを認めません。

しかし、止まらない男ファイターピストン攻撃に、彼女の我慢も限界に達してしまいます。

涼花「ああああ!!イクーー!ギブ!ギブアップ!」

インサートしてから状況が一変し、男ファイターにイカされてしまう屈辱を味わってしまった涼花。

ですが、プライドを傷つけられた男ファイターは、まだまだ試合を終わらせません。

涼花「あああ!ギブアップって言ってる、、、」

涼花の叫びは男ファイターには届かず、腰を突かれまくり。

涼花はロープに支えられ、立っているのがやっとの状態です。

涼花の犯されてる表情のエロいこと。

男「私の負けですって言え、オラ!」

涼花「私の、、負けです、、!!ああああ!!」

遂に完全敗北を認めてしまった涼花。

ここでゴングが鳴らされ、男ファイターのリベンジが達成しました。

しかし、まだまだ満足していない男ファイターは、敗者の涼花にフェラを命じます。

すっかり負け犬と化した涼花は、無理やり顔を近づけられ、応じるしかできません。

男「ほら、俺様の美味しいか?」

涼花「美味しいです、、、」

涼花にまだ闘志が残っていれば、ここから再逆転の展開もあったかと思いますが、、、

もちろん、男ファイターがそれを許すはずがありません。

涼花をリングに突き飛ばすと、再び正常位で犯しにかかります。

嫌がる涼花ですが、彼女にはもう選択権はありません。

涼花「ギブアップ!ギブアップ!」

何度も叫びますが、かえって男ファイターのSっぷりを助長するだけ。

首を絞められたまま突かれ、涼花は遂に白目を剥いてしまいます。

それでも、男ファイターは腰を止めません。

体をピクピクさせてよがる涼花。

男ファイターは、満足そうに腰を動かし、その光景を眺めます。

失神ものが好きな人にとっては極上のシーンではないでしょうか。

そして、失神したままの涼花に中出しフィニッシュ。

涼花「あ、、あ、、、」

涼花は体を震わせて、全員で受け止める羽目に。

男「中に出されて気持ちよかったか?」

涼花「気持ちよかったです、、、」

男「これからは俺様の奴隷だ。分かったな!」

涼花「、、はい、、、」

満足そうに高笑いで去っていく男ファイターと、リングに残された涼花。

この無様な負けっぷりがいいですね。

涼花の責める姿もいいですが、やはり彼女は負けた時のリアクションの方が映えるような気がしますね。

生意気な小悪魔キャラが、完膚なきまでに叩きのめされる展開が好きな人ならおすすめです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】