プロレズリング Special Vol.14 ~一本目~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリング Special Vol.14

対戦ファイター:乙アリス・岩沢香代

巨乳美女同士の濃厚なレズファイトとなったシリーズ第14弾。

乙のレズテクは言わずもがなですが、対する岩沢も経験豊富なテクニシャン。

共にルックスがいいので、どんな結果でも楽しめることは間違いありません。

実力者の乙を前に、まずは距離を取って様子を見る岩沢。

しかし、乙が一気に距離を詰め相手の急所を狙っていきます。

先手を取られた岩沢ですが、負けじと応戦します。

共に巨乳と股間を愛撫し、主導権を握りにかかります。

お互いが軽く喘ぎ声を出しますが、相手に弱みを見せないよう、気丈に振舞っています。

ここで早くも動きを見せた乙。

岩沢の背後に回り込むと、後ろから巨乳を揉みまくります。

岩沢「いやっ、、やっ、やめて、、」

乙「おっぱいが弱いの?ここ?」

岩沢「ち、違う、、アアッ!」

乙のテクに早速声を出してしまう岩沢。

さらに、コブラツイストに移行し、巨乳と股間の同時責め。

乙「どうしたの、ほら?」

岩沢「うああああ!!」

楽しそうに責める乙と、セクシーに喘ぐ岩沢。

どちらのリアクションも最高ですね。

気持ちよさで崩れてしまった岩沢に、乙の追撃。

うつ伏せの状態で電気あんまを食らってしまい、岩沢の表情がますますエロくなっていきます。

脚を動かすたびに乙の巨乳が揺れまくるのも素晴らしいです。

岩沢「やっ、、そこはダメェ、、あああ!」

乙「随分いい反応するじゃない」

定番の技も彼女たちにかかれば、極上のシーンになりますね。

早くもフラフラになっている岩沢を掴むと、乙は無理やり自分の股間に顔を押し付けます。

乙「苦しい?おマ〇コで窒息しちゃうの?ほら、ちゃんと舐めて」

岩沢は呼吸ができず、モゴモゴと叫ぶのみ。

これはタチにとっては屈辱的です。

勢いに乗る乙は、ボディシザーズで腹を締めつけながら胸と股間を愛撫。

目の前にこれだけの豊満ボディがあったら触りたくなってしまいますね。

横になっても彼女のボリュームがはっきり分かります。

ここまでドミネーション状態でしたが、岩沢も反撃。

乙の胸を揉み返し、動きを止めます。

岩沢「ヤラレてばっかりじゃないんだからね」

乙「やっ、、ちょっ!」

強引に体勢を入れ替えられ、一転乙はピンチに陥ります。

マウントを取った岩沢は、自慢の巨乳で乙の胸を押しつぶします。

岩沢「おっぱい潰れてるけど~」

乙「はぁぁ!あああ!!」

岩沢「いい顔するじゃない」

岩沢の責めに、今度は乙がエロいリアクションを上げてしまいます。

続いて、ムチムチの太ももで顔を挟み股間愛撫。

岩沢「お返したっぷりしてあげる」

乙「ぐあっ、、あああ、、」

締めつけと愛撫で、乙の口から快楽と苦しさが交じった声が漏れていきます。

今にも落ちてしまいそうな表情がめちゃくちゃそそります。

しかし、簡単に陥落しないのが乙の強者たる所以。

感じながらもクンニで応戦し、岩沢の勢いを強引に押さえつけます。

そして、クラッチが緩んだところで、すかさず体勢を入れ替えます。

今度は、乙が巨乳で岩沢を押しつぶす番。

いやらしく胸を擦り合わせ、妖艶なキスで岩沢を責め立てていきます。

岩沢「あうっ、ああああん、、、」

岩沢のエロ過ぎる声がリングに響きます。

さらにキャメルクラッチに捕らえ、乳首を集中狙い。

乙「どんどん固くなってるじゃない。ここでしょ?」

岩沢「違う、、あああああ!!」

ガードができない状態での乳首責めに、岩沢はよがることしかできません。

彼女のリアクションは本当に一級品ですね。

今度は体を反らせながら、脚で股間を弄りまくります。

流れるようなエロテクに岩沢は極上のリアクションでよがるばかり。

岩沢「アッアッアッ!そこダメェ、、あああ!!」

乙のテクの前に、岩沢は今にもイッてしまいそうです。

そして、電気あんま。

振動が伝わる度にお互いの巨乳が揺れまくります。

乙「イキそうなんじゃない?素直にイキなさいよ」

岩沢「アッアッアッアッ!」

乙「イク時はね、素直にイクって言うのよ!ほら!」

岩沢「ああああ!!いやぁ、、、!」

限界が近づいていた岩沢ですが、何とか力を振り絞り乙の脚を取って体を反転。

見事に脱出に成功します。

今度は岩沢のターン。

乙の体を後ろで拘束すると、

岩沢「よくもやってくれたわね、あなた胸が好きだったわよね?」

と、胸に狙いをつけて反撃開始。

いやらしい手つきで揉んだり、舌で愛撫したりと、こちらもテクを見せつけ、

乙からエロい喘ぎ声を引き出していきます。

そして、お返しの電気あんま。

乙「うああああ!!」

岩沢「いい声出てきたじゃないの。もっと鳴きなさい」

乙「あああ!いやぁぁ!!そこ、ダメェ、、!!」

岩沢「こっちの姿の方が似合ってるわよ」

岩沢のテクに、乙は口から涎を垂らしながら感じてしまっています。

一気にペースを握りたい岩沢は、乙を無理やり立たせ打撃で猛攻を仕掛けます。

プロレスでも類まれなスキルを持つ乙に、容赦なく膝蹴りのラッシュ。

実力者の乙が、打撃を食らって悶絶してしまいます。

さらに、フェイスクラッシャー!

さすがの乙もこれには大ダメージを食らってしまった様子。

グロッキーの乙に調子を上げてきた岩沢が襲い掛かります。

完全に動きが止まってしまった乙は、岩沢にいいように嬲られ始めます。

岩沢「いいわねぇ、もっと痛めつけてあげるわ」

首四の字から恥ずかし固めで捕らえられ、無防備状態になってしまった乙。

岩沢「ほらぁ、触りやす~い」

乙「どこ触ってんのよ、、あああ!!」

如何に乙と言えど、何もできない状態ではなす術なし。

必死に強がってはいたものの体のうずきと声を抑えることはできません。

乙「あああ!やめて!!ああ!イク!イク!!」

岩沢のテクの前に、イッてしまった乙。

体をビクビクさせて痙攣してしまいます。

岩沢「どうしたの?イッちゃったの?」

余裕の岩沢は、乙を休ませずに巨乳圧迫。

胸で顔を押さえつけられ、無防備な胸を愛撫され、敏感になっている乙にとってこれはキツイ。

M男なら食らってみたい技ではありますが。

ボロボロの乙は、プロレスでも岩沢に抵抗できず。

乙「私だって、まだ力残ってるのよ!」

と、力を振り絞りますが、アームロックを振りほどけません。

岩沢「どこが~?全然残ってないじゃない」

乙「うああ!腕が、、、!」

実力者の乙が何もできずドミネーションされる展開もそそりますね。

脚で体の動きを封じられ、お尻をピシャピシャ叩かれる屈辱。

さらに、岩沢は首四の字で窒息させにかかります。

岩沢「ほら、もっと苦しみなさいよ」

乙「う、、あ、、、」

岩沢「いい顔してる~もっと見せて」

どんどんと情けない表情になっていく乙と、楽しそうに責める岩沢の対比が際立ちます。

岩沢の言葉責めも乙に負けず劣らず上手いですね。

エロ技ではなくプロレス技で乙を追い詰めていく岩沢。

乙にとってはこの展開も屈辱でしょう。

プロレスで悶絶する乙の極上シーンが続いていきます。

岩沢「可愛い顔ちゃんと見せてよ、ほらぁ」

強引なキスを振りほどくことができないほど疲弊している乙。

岩沢「あ~可愛い、もっと舐めたくなっちゃう」

乙を子供扱いするような言葉責めが非常にいいですね。

お姉様タイプのルックスなので、自分の魅せ方をよく分かっています。

岩沢は乙をまんぐり返しで固めると、クンニと愛撫で一気に勝負をつけにいきます。

乙「は、離して!」

岩沢「あ~ずっと舐めたかったの、ここ」

乙「どきなさいよ!ああああ!!」

あくまで強気の乙ですが、こうなってしまえば何もできません。

乙「ああああ!!ダメェー!!イクーー!!ああああ!!」

再びイッてしまった乙ですが、もはや岩沢に抵抗する力は残っていません。

情けない表情を晒してしまい、体をピクつかせることしかできません。

乙「あ、あ、、、」

岩沢「どうしたの?ピクピクしてるけど」

乙の失神により、ここでゴングが鳴らされます。

一本目は、乙の失神KO負けという屈辱的な敗戦になってしまいました。

乙の胸を踏みつけ、勝ち誇る岩沢。

岩沢「どうやら、私の勝ちのようね?私の強さ思い知った?また、た~っぷり可愛がってあげる。私って強いのね。アハハハ!」

まさに、妖艶、という言葉がぴったりくる言葉責め。

これはMIXファイトでも魅力を発揮してくれそうですね。

極上ボディにエロい責め、乙の相手としては申し分ない力を見せてくれました。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】