インフィールドMIXボクシング 02 ~水森めぐ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

インフィールドMIXボクシング 02

対戦ファイター:水森めぐ

第2試合は低身長ながらGカップの巨乳を持つ水森めぐ。

男ファイターをキッと睨み、グローブを突き合わせます。

開始早々、凄まじいラッシュを浴びせていく水森。

卯月がイチャイチャボクシングだとすれば、水森はガチスパーリング。

激しい動きとパワフルなパンチで男ファイターを攻め立てます。

ほとんどのシーンでスクショがブレるほど、ガチな動きを見せてくれるのが素晴らしい。

その分、巨乳が揺れまくっています。

しかし、最初に流れを掴んだのは男ファイターの方。

水森の攻撃を耐えつつ、ボディを中心にパンチを食らわせていきます。

勢いのある水森でしたが、男のパワーを何発も受けることは厳しく、ダウンを奪われてしまいます。

水森「ぐっ、、うう、、」

リングに突っ伏してしまう水森ですが、カウント3で立ち上がります。

ダウンで闘志により強く火がついた水森は、激しいパンチで右左と当てていきます。

水森「ほら!負けないわよ!」

勢いに押された男ファイターはたまらずダウン。

水森「ほら、女に負けて悔しくないの?ウフフフ」

定番のセリフではありますが、誰に言われても間違いない言葉責め。

特に水森のように強気な女性に言われると、M男にとっては極上のセリフになりますね。

立ち上がることを促された男ファイターは、ダメージのある体を起こし試合続行。

水森「ほら、もっと苦しがる様子見せなさいよ!」

水森のドSなラッシュに男ファイターは抗えず、再びダウンを奪われます。

水森「もしかして女にヤラレて気持ちよくなってんじゃないの?キモッ。ほら、早く立ち上がりなさいよ」

水森の見下し顔と言葉責めがいいですね。

そして、胸を強調するように脇を締めるポーズ。

自分の見せるポイントをよく分かっています。

男ファイターも負けられません。

今度は男ファイターがラッシュを仕掛け、水森を攻め立てます。

ボディからの左フックに耐え切れず、水森はダウン。

悔しそうな表情を浮かべ、

水森「まだ負けないんだから」

と、男ファイターを睨む様子が負けん気の強さがよく出ています。

やっぱりファイト系は、これくらいの迫力を出してくれる方が好みです。

立ち上がった水森ですが、まだダメージは残っている状態。

男ファイターはこのチャンスを逃さず、さらに攻め立てます。

顔を歪め応戦する水森ですが、抵抗虚しく再び倒されてしまいます。

水森「はぁはぁ、、、」

いかにも生意気な女性を見下すアングルもいい感じです。

S男なら、こういう女性をめちゃくちゃにしたいと思うんでしょうね。

今度は水森の反撃。

フックを中心に男ファイターの体を打ち抜いていきます。

水森「ほら、やり返してきなさいよ!」

しかし、男ファイターにやり返せる余裕はなく崩れ落ちてしまいます。

谷間を強調しての見下し。

水森「ほら、まだまだいっぱい殴ってやるから」

水森「何弱ってんのよ、まだ始まったばっかりよ」

水森「ウフフ、まだまだいっぱい痛めつけてあげる」

体がエロいと、言葉責めの迫力も増していきます。

しかし、痛めつけられるのは水森の方でした。

男ファイターの反撃に手も足も出せず、徐々に劣勢に。

苦悶の表情を浮かべながらリングに倒れてしまいます。

水森「はぁはぁ、、男になんか、、負けてたまるか、、、」

男に何か怨みでもあるのか、と思うくらいの表情で立ち上がってくる水森。

彼女の表現力の高さは一級品ですね。

これだけの上手さがあれば、SでもMでも万能にこなせるでしょう。

気合を入れ直してファイティングポーズを取る水森ですが、

男ファイターの勢いは簡単に落ちません。

ボディを中心に、時には巨乳にパンチを浴びせコーナーに追い詰めていきます。

胸にパンチが当たる度、プルンと揺れまくり、映像からでも柔らかさが伝わってきます。

コーナーに追い詰められボコボコにされた水森はもたれ掛かるようにダウン。

水森「あう、、あ、、、」

強気だったファイターが、弱弱しい表情になっていく感じがめちゃくちゃそそります。

何とか立ち上がる水森でしたが、コーナーから脱出ができず、さらにパンチを食らってしまいます。

水森「あっ、、やめっ、、」

男ファイターの猛攻に、水森はつい弱音を口にしてしまいます。

パンチを食らい続けることで心が徐々に折れかけていっています。

荒い呼吸で体力を回復する水森。

ダウンシーンの表情が素晴らしくエロいです。

M男でも、彼女のこんな表情を見せられたら、責めてみたいと思ってしまいそう。

3連続でダウンを奪われ、水森の怒りは溜まっています。

もうなりふり構わず強烈なパンチを放ち、男ファイターのガードをこじ開けていきます。

パワーに押された男ファイターはたまらずダウン。

水森「女に負けて悔しくないの?何、それとも女にヤラレて気持ちいいの?こんなとこで興奮してんじゃないでしょうね」

ダウンした男ファイターを踏みつけながら言葉責め。

下から見える水森の姿のエロいこと。

低身長な相手に踏みつけられる快感もたまりませんね。

フラフラと立ち上がった男ファイターに水森のパンチが襲い掛かります。

男ファイターも何とか応戦しますが、ヒラリと交わされ、逆に何倍にも返されてしまいます。

そして、強烈な右フックを食らい再びダウン。

水森「ほら、早く立ちなさいよ。まだまだいっぱいやってあげる」

強気な表情から、時折見せるこの笑顔。

こんなもんなの、と言わんばかりのドヤ顔です。

これは男ファイターにとっても屈辱的でしょう。

男ファイターもこのままでは終われません。

水森の攻撃を耐え、反撃開始。

一撃の重さは男ファイターの方にあり、水森はパワーに押されダウンを返されてしまいます。

ここはすぐさま立ち上がる水森。

負けん気が強いだけに、リングに長々と倒れるのはプライドが許さないのでしょう。

しかし、体力が戻らないうちに立ち上がったため、男ファイターの攻める余裕を与えてしまいます。

水森の出すパンチには力がなく、逆に男ファイターはチャンスとばかりに攻めていきます。

男ファイターの右ストレートがヒットし、水森は連続で倒れてしまいます。

この試合、初と言っていいほど焦燥した表情でリングに倒れこむ水森。

水森「はぁう、、あ、、あ、、」

声が弱弱しく、若干エロさも含んでいます。

呼吸する度に上下する巨乳も見所です。

しかし、今度はゆっくり体力を回復できたようでパンチに再び力が宿ります。

1人称目線で味わえる強烈なパンチと、揺れまくる胸。

対戦した相手は、この巨乳に目を奪われている内にパンチを食らってしまうことでしょう。

リングに転がる男ファイターを冷ややかな目で見下ろす水森。

水森「ほら、早く起きなさいよ。こんなところで興奮してんじゃないわよ。どこ見てんのよ」

水森は中々立ち上がってこない男ファイターにイライラしている様子。

男ファイターも女には負けられないとばかりに、猛攻を仕掛けます。

力強いパンチに後退を余儀なくされた水森は、ズルズルとコーナーに追い詰められていきます。

そして、ボディに一撃を食らってしまい、膝をついてしまいます。

拳がだらんとたれ、胸を強調するような格好でダウンしてしまった水森。

見る側からすればありがたいショットです。

ダメージはだいぶあるようで、口からよだれが垂れ、巨乳に落ちています。

立ち上がった水森に容赦なくラッシュを仕掛ける男ファイター。

磔の状態でボコボコに殴られ、水森はガードもできずパンチを受け続けるだけ。

水森「あうっ!あん!」

さすがの水森も耐えれず、コーナーを背に再びダウン。

すっかり疲弊してしまった水森は中々立ち上がることができません。

彼女のダウン集だけでも十分需要がありそうですね。

気の強い女性ファイターが今にも負けてしまいそうな展開に興奮します。

ですが、このシリーズの魅力はやはり女性が勝ってこそ。

立ち上がった水森は力を振り絞り、男ファイターに猛攻をかけます。

力のこもったパンチが男ファイターの顔面を打ち抜き、ダウンを奪取。

水森「ほら、早く。辛い顔見せなさいよ。女に負けて悔しいでしょう?」

水森の下からアングルはよく片目だけ隠れるのですが、

真正面からと下からだと雰囲気が結構変わりますね。

クールさが増して、非常に妖艶さが出てきます。

男ファイターの体力も限界に近づいています。

それでも負けたくないという一心から立ち上がり、水森と対峙します。

ですが、今の男ファイターに水森の攻撃を耐え切れる力はありません。

簡単にダウンさせられてしまう展開。

水森「ほら、女に負けて悔しいでしょう?アンタのそういう痛がってる姿見るとホント私興奮してくる。もっと殴りたくなる~」

水森「女に負けて悔しい?私男のそういう悔しそうな顔見るのだ~い好き。すごく興奮してくるわ。ゾクゾクする」

ここに来て、遂に秘められていたS性が顔を出した水森。

どうやら男ファイターを殴ることで彼女は興奮していたようですね。

M男にとって最高の痴女ボクサーです。

弱った男ファイターを笑顔でボコボコにする水森。

もう男ファイターはただのサンドバックです。

一進一退の攻防から徐々に女性が優位になる試合展開はたまりませんね。

そして、トドメのアッパーカット!

男ファイターの体力を根こそぎ奪う強烈な一撃で勝負ありです。

ダウンした男ファイターに容赦なく追撃のパンチを浴びせていくドSっぷり。

水森「ほら、もっと痛がりなさいよ。もっと私を興奮させて」

男ファイターの痛がる姿を見て、どんどん笑顔になっていく水森。

実際に戦ったら恐怖すら感じそうです。

そして、遂に10カウント。

水森「あ~今日もいっぱい興奮した~」

と、満足そうな笑みを浮かべる勝者。

このドヤ顔はヤバいです。

とにもかくにも彼女の表現力が素晴らしいですね。

巨乳もルックスもスタイルも、もちろん極上ですが、

コロコロとその場に合わせた表情を変えられるのは、まさに女優という感じです。

言葉責めのバリエーションこそ、そこまで多くはありませんが、

補って余りあるほどの言い方や顔を見せてくれるので、マンネリすることはありません。

バトルファックものでは敗戦していましたが、彼女のエロ勝ちパターン作品も熱望したいですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】