敗者水着剥ぎデスマッチ 04 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

敗者水着剥ぎデスマッチ 04

対戦ファイター:乃木はるか・八乙女なな

それぞれの敗北・水着剥ぎが楽しめるシリーズの第4弾。

妖艶なフェロモンをまき散らす巨乳美女・乃木はるかと

笑顔が愛くるしいロリっ子ファイター・八乙女ななのマッチアップです。

まずはリング中央で組み合う2人。

体格差があるため、軽量級の八乙女が必死に押しても乃木はびくともしません。

乃木は体幹がしっかりしてそうなので、普通のプロレスも上手そうですね。

乃木「今日の試合楽しみだわ」

乃木は余裕の表情で、八乙女を挑発します。

前蹴りで八乙女のバランスを崩してからのヘッドロック。

巨乳が顔に押し付けられて実に羨ましいです。

乃木「首苦しいでしょう?どう?」

八乙女「うっ、、あああ、、、」

続けてサーフボードストレッチ。

八乙女は可愛い悲鳴をあげて必死に耐えていますが、

乃木はその声を聞いて楽しそうに攻めていきます。

乃木「どう?苦しいでしょう?」

八乙女「うあああ!!」

乃木のキャメルクラッチに悲鳴を上げる八乙女。

胸は控えめですが、谷間が見えるのは中々エロい。

勢いに乗る乃木は首四の字で追撃。

脚の力を強めたり弱めたりして、八乙女の苦しがる様子を楽しんでいます。

乃木「始まる前の威勢はどうしちゃったの?ウフフ」

じわじわと相手をいたぶっていくドSっぷりがそそります。

しかし、八乙女もやられっぱなしでは終われません。

反転して頭を抜くと、すかさず乃木の脚を捕らえて電気あんま。

可愛い顔して攻撃のチョイスがいいですね。

乃木はエロい体を見せながら、感じたような声を出してしまいます。

さらに、立ち上がらせてからのフェイスクラッシャー。

頭をリングに激しく打ちつけられてしまった乃木は、

大の字でダウンしてしまいます。

すかさず覆いかぶさり、フォールの体勢に。

カウントが1、2、と進みます。

ですが、これで決着がつくようなぬるい試合ではありません。

乃木は八乙女の股間に手を伸ばし、愛撫を開始。

まさかの攻撃に八乙女はフォールを解いてしまい、エロい声を上げてしまいます。

今度は乃木がマウントを取ると、手を押さえつけ胸を擦り合わせていきます。

乃木「アンタのおっぱいなんか全然気持ちよくないのよ」

八乙女「ふぁぁぁ!!」

乃木「もっと苦しんだ声聞かせて?」

乃木のエロい責めに、八乙女は喘ぎ声を抑えられません。

こっちの勝負に関しては経験がものを言いますね。

乃木のエロ攻撃に対し、純粋なプロレスで立ち向かう八乙女。

お返しとばかりに乃木の脚を取り、関節を極めていきます。

アイドルマスターVS妖艶ヒールのような構図が実に映えます。

今度はスリーパーで窒息攻撃。

乃木「まだまだこんなんじゃ負けないわよ、、」

劣勢でありながら強気な発言をする乃木の演技力は見応えがあります。

追い打ちをかける八乙女は、コブラツイストをかけていきます。

乃木「こんなの全然効かないわ、、あうっ、、」

いちいちリアクションがエロい乃木。

責めて良し、受けて良しの素晴らしい存在ですね。

ここで乃木の反撃。

体勢を入れ替えると、お返しにコブラツイストで極めていきます。

しかし、乃木はエロ技も加え、八乙女の胸や股間を愛撫しまくります。

乃木「あ~なんかクネクネしちゃって。感じてるの?攻撃されてるのに。やらしい子」

八乙女「うああああ、、、」

八乙女は喘ぎ声を出しながら必死に耐えています。

崩れ落ちた八乙女の顔を挟み、身動きできないようにする乃木。

そして、無防備な股間を責めまくります。

ガードもできない状態のため、八乙女の腰が快感で動いてしまっています。

乃木のエロ攻撃はエスカレート。

恥ずかし固めで八乙女を捕らえると、エロい手つきで股間を弄りまくり。

乃木「あ~やらしい。恥ずかしいですねぇ~。こんな姿皆に見られて。どんな気分?」

八乙女「あああああ、、」

乃木「ほら、ギブアップしたら?まだ頑張れるの?」

八乙女「ふぁぁぁ、、ダメェ、、、」

乃木の精神を蝕んでいくような言葉責めに、八乙女の苦戦が続きます。

八乙女にさらなる恥辱を与えようと、次の技を掛けようとする乃木。

しかし、ここで八乙女のローブローが炸裂。

これにはさすがの乃木も股間を押さえてうずくまってしまいます。

そっちがその気なら、こっちもと言わんばかりに、八乙女もエロ攻撃を敢行します。

逆エビ固めで痛めつけながら股間を愛撫。

乃木「うあっ、、ああああ!!」

今度は乃木がセクシーな声を上げる番です。

そして、立ち上がらせると、巨乳を鷲掴み。

男では到底できない攻撃ですね。

乃木のHカップを揉める八乙女が羨ましいですw

そして、胸を揉み続けたままコーナーに追い詰め、トップロープまで登らせます。

乃木は痛いのか気持ちいいのか分からない声でよがります。

リアクションがとにかくエロい、、、

コーナーから放り投げられてしまった乃木に、痴女化した八乙女が襲い掛かります。

今度は八乙女が自らの胸を擦り合わせ、乃木を責めていきます。

乃木「アンタのちっちゃいおっぱいなんか気持ちよくないわ、、アンッ、、あああ、、、」

強気な言葉ですが、いくら乃木でも快楽には抗えない様子。

今度は脚を取って、無理やり開脚。

乃木「うあああ、脚が、、、」

八乙女の責めが徐々に乃木を追い詰めていきます。

さらに、腕を拘束し動きを封じていく八乙女。

体をいやらしくくねらせ、痛みに耐える乃木の姿がそそります。

このまま八乙女のペースで進むかと思われましたが、

乃木は八乙女の脚を踏みつけるというダーティーな攻撃で、エスケープに成功します。

再び主導権は乃木。

逆エビ固めで八乙女を責め立て、形勢逆転。

乃木「ほら、脚痛いでしょう?」

八乙女「うああああ!!」

さらに、手を掴んだ状態での股間蹴り。

八乙女「アッ!アッ!あう!」

何発も股間を蹴り上げられ、八乙女は遂に崩れ落ちてしまいます。

動きの鈍った八乙女を掴み、無理やり股間に押し付ける乃木。

乃木「どう?強制的に舐めさせられるのは?ウフフ」

八乙女「んーーー!!」

乃木「惨めな姿。ほら、もうギブ?ギブする?」

これほどのルックスの美女がエロ攻撃を多投してくれるのはM男からすればありがたいですね。

さらに、場所を変えての無理やりのクンニ。

乃木「ほら、一生懸命舐めてよ。そんなんじゃ全然気持ちよくないんだけど」

もはやレズファイトの様相を呈してきたこの試合。

乃木のSっぷりがめちゃくちゃ光る展開になってきました。

そして、まんぐり返しからの股間愛撫。

手マンやクンニでエロく激しく責めていき、八乙女は喘ぎ声が止まりません。

乃木「ほら、ギブは?まだ頑張れんの?」

八乙女「ああああああ!!!」

今にもイッてしまいそうな八乙女のリアクション。

乃木のエロ責めに劣勢が続きますが、、、

太ももで乃木の首を挟み、一気に押し返す八乙女。

彼女も最後まで試合を諦めていません。

そして、太ももで首を拘束しながらの反り技。

エロいアングルですが、技を掛けられている乃木は、恥ずかしさを感じる余裕はないでしょう。

それほどまでにガッチリ固められてしまっています。

口からは余裕のない苦しそうな声が漏れています。

八乙女の関節技地獄に苦しめられる乃木。

乃木「こんなもんなの、、?ほら、まだまだやってみなさいよ、、うあああ、、」

劣勢でもプライドを失っていない言い方が見事です。

この作品は、八乙女の可愛らしさを堪能できるのもポイントですが、

乃木の言葉責めやリアクションが質を何倍にも高めてくれていますね。

八乙女の技を耐え切った乃木は怒りの反撃。

転がったままの八乙女の腹を容赦なく踏みつけていきます。

そして、マウントを取っての首絞め。

乃木「ほら、ギブって言っちゃいなさいよ」

八乙女「うあああ、、、」

八乙女はだんだんと表情が虚ろになっていきます。

乃木「戦えんの、まだ?顔真っ赤にしちゃって」

それでも、八乙女はギブアップを言わずにひたすら耐えています。

大人しそうな顔して強情というギャップはそそりますね。

ならばと、乃木はボディ攻撃に切り替え。

何発も腹に打撃を食らわせられ八乙女は絶体絶命。

乃木「ほら、トドメさしてあげる」

乃木はこの勝負に決着をつけるべく、八乙女に襲い掛かります。

 

乃木が八乙女をどう料理するのか。

そして、八乙女がどんな逆転劇を見せるのか。

続きは次回。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】