百合プロレスVol.02 吉田花と冴君麻衣子のタチ同士がエロプロレスで勝負!

9月 29, 2019

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

百合プロレスVol.02

対戦ファイター:吉田花(T:161cm B:83cm W:59cm H:88cm)

        冴君麻衣子(T:164cm B:82cm W:58cm H:85cm)

 

エロ技ありの女子プロレス・百合プロレスシリーズ。

現在4作出ていますが、中でも2作目のこちらはピカイチ!

当時、プロレスで連戦連勝だった吉田花選手がエロプロレスに参戦ということでいやがおうにも注目が高まっていたこの作品。

しかし、これが傑作になった要因は対戦相手の冴君選手の存在も大きかったことでしょう!

 

勝負の前に各選手の自撮り着替えシーン、イメージシーン、インタビューがあります。

吉田選手のノリノリの着替えシーンは人気があることを垣間見せるものですので、是非見てほしい!

インタビュアーからはプロレスの実績があるので圧勝するのではないかと問われます。

吉田「期待に応えられるような試合を見せようかなと、、ご期待下さい」

吉田「私の方が上だと証明したいと思います」

と自信ありげです。

対する冴君選手は如何にもモデルというようなスレンダーな美人。

お互いタイプが似ていると分析。

初プロレスということで苦戦が予想されますが、エロ技アリのルールがどう影響するか。

冴君「(エロの)そういう技術は、、ハッキリ言って自信ありますね」

プロレススキルで劣る分はエロ技で対抗すると不敵な笑みを浮かべます。

こんな美人同士が戦うんですから興奮しないわけがありません!

冴君「めちゃめちゃにしてやるわよ」

吉田「後悔させてやるわよ」

お互いバチバチです!

まずは手四つで組み合いますが、冴君選手による早速のエロ攻撃。

冴君「あら、どうしたの?」

いやらしい触り方で吉田選手の股間を責める冴君選手。

吉田選手、あまりの気持ちよさに崩れ落ちます。

先手を取ったのは冴君選手。

ハイレベルなエロテクに吉田選手はめちゃくちゃセクシーな声を出します。

冴君「ちょっと感じて来ちゃってるの?」

吉田「うるさい!」

冴君選手のキスに「あん!」と可愛らしい声をあげる吉田選手。

少しハスキーがかった喘ぎ声が実にいやらしい!

さらに責め立てる冴君選手。

冴君「あれぇ、イキそうなの?もっと激しくしちゃおうかしら」

吉田「あううん!」

絶対的有利と見られていた吉田選手、防戦一方です。

しかし、このまま良いようにされる吉田選手ではありません。

吉田「舐めんじゃないわよ!」

冴君選手の首を脚で絡め取ると、手は股間に。

冴君選手は苦しさと気持ちよさでどちらとも取れる声を出してしまいます。

完全にホールドされた技から経験不足が露呈した冴君選手は抜け出すことができません。

吉田「なぁに、気持ちいいの?」

冴君「ああああ、ダメ!!!」

延々と股間を擦られた冴君選手、あえなく1回目の絶頂です。

しかし、冴君選手は受けた技を一瞬で真似、同じホールドで吉田選手を固めます。

冴君「さぁ、イキなさいよ!」

吉田「や、、、め、、、あああ!!イク!!!」

すぐさまイカセ返した冴君選手。

名勝負の予感しかしません。

追撃する冴君選手は後ろから吉田選手の胸と股間を両方責め立てます。

吉田「ダメェ、、もう、、、」

冴君「何?今ダメって言った?ダメって言われたらもっとやりたくなっちゃうなぁ」

吉田「はぁぁぁ!!アッアッ、いやぁ、、、」

冴君選手のテクに連続でイカされる吉田選手。

冴君選手の言葉責めと吉田選手の極上のリアクション。。。やば、、、

さらに吉田選手を立たせ、コブラツイスト手コキ!

ほぼ新人にプロレス技をかけられて責められる屈辱。

吉田選手が強いファイターなだけに興奮するシーンです。

ですが、吉田選手の強さはここからです。

吉田「まだまだよ!」

と逆にコブラツイストをかける吉田選手。

これが本当のプロレスよ、と言わんばかりの逆転です。

吉田「ほら、ここがいいの?気持ちいい?」

冴君「アンアンアアン!!」

吉田「イッていいよ?ほら、イクの?」

冴君「アアアアア!!アッ、、、」

イッてしまった冴君選手を休ませることなくロープに磔にする吉田選手。

美人が拘束されて責められる姿は最高です!!

吉田「気持ちいいって言ってごらん?」

冴君「気持ちよくなんか、、」

吉田「嘘つき。気持ちいいでしょう?素直になりなさい」

吉田「もっといっぱい気持ちよくしてあげる」

吉田選手のテクにセクシーな喘ぎ声が止まらない冴君選手。

この女王様のようなねちっこい責めこそ吉田選手の真骨頂。

冴君選手はただ喘ぐことしかできません。

吉田「いっぱい気持ちよくなりたいって言ってごらん?」

冴君「あああ、はぁんはぁん」

吉田「イクの?」

冴君「ああああ、イク!!!!」

冴君選手のイキっぷりもまさに極上です!!

この状態でさらにイカされ、満身創痍になる冴君選手。

吉田「ギブアップする?」

吉田選手、勝ちを確信したか?

しかし、冴君選手のタフネスは並ではありません。

今度は吉田選手を倒すと自らの股間に擦り合わせる貝合せを繰り出します。

あまりの気持ちよさに体を反って感じまくる吉田選手。

冴君「イッちゃうね?イッちゃうよねぇ」

吉田「やめてぇ、、」

冴君「気持ちいいって言いながらイッてぇ」

吉田「い、イクーーー!!!!」

ですが、この技には弱点があります。

それはお互いが攻撃であり、防御であること。

今度は吉田選手が腰を激しく振り果敢に攻撃を仕掛けます。

冴君選手はこれに耐えきれず

冴君「アッ、アッ、、アアアアア!!!」

と絶頂。

これでイーブンかと思いきや、まだまだ息を吹き返す冴君選手。

どこにこんな力が残っているのか。

再び腰を激しく振り、吉田選手をイカセてしまいます。

この貝合せ勝負は冴君選手に軍配です。

そして、これが勝負を大きく分ける一手になりました。

冴君「イキ過ぎちゃって体力残ってないかしらねぇ?」

素人レスラーが団体のエース選手である吉田選手をニードロップでボコボコに。

それほどまでに体力を消耗しています。

崩れ落ちた吉田選手の体をフレンチキスで愛撫する冴君選手。

たったこれだけでも全身が敏感になっている吉田選手は

「アッ、アッ!」と感じてしまっています。

そして、コスチューム剥ぎ。

吉田選手のFカップ巨乳が顕になります。

せめてもの抵抗で吉田選手も冴君選手のコスチュームを剥ぎます。

貧乳ですが可愛らしい乳首がお目見え。

しかし、どちらも魅力的な裸ですね。

ですが、勝負は既に決していました。

冴君「直接触ったら、、もっと気持ちいいんじゃないのぉ?」

吉田「だめぇ、お願い、、、」

冴君「ほら、おっきい声でイッちゃいなさいよ!」

吉田「ああ、イックぅーー!!!」

コスチュームを剥がされイカされる吉田選手。

吉田「こんな、、小娘に、、」

とまだ強がります。

しかし、既に逆転する手立ては残っておらず、何度もイカされるだけ。

冴君「あなたの技術ってそんなもんだったの?」

吉田「お願い、、許して、、、」

冴君「ほら、大きな声でイクっ言いなさいよ!」

吉田「ダメェ!イクよぉ、、、、はぁん!!!」

冴君「すごーい、ヒクヒク言ってるわ」

そして、遂に決着の時が、、、

冴君「トドメさしてあげようかしら?」

最後は貝合せで激しい腰振り!!

冴君「ほら、イキなさい!!」

吉田「お願い、ダメ!!イッちゃう!!イクイクーー!!!!」

吉田「嘘だ、、、プロレスだったら、、負けなかったのに、、」

素人レスラー相手に悔しすぎる敗戦。

エースがエロ技でイカされまくる姿は興奮しかありません!

敗者に追い打ちをかける冴君選手。

冴君「ほら、何て言うんだっけ?おっきな声で言ってみて?」

吉田「、、、ギブ、アップ、、、」

冴君「ギブアップ?皆聞いた?ギブアップだって、アハハハ!」

冴君「あなたの方がすごいって言われてるけど、私の方がもっとすごいんじゃない?」

アハハハと高笑いする冴君選手と悔し涙を流す吉田選手。

もう最高すぎる結末に殿堂入り間違い無しの作品になりました。

 

何と言っても2人のリアクションがめちゃくちゃうまい!!

責める方も受ける方も、もう最高なんですよねぇ。

演技と言うと冷めてしまいますが、言い方にせよ言葉使いにせよ、すごく上手いのでドンドン作品にのめり込んでしまいます。

棒読みの女優さんとかだと一気に萎える時がありますけど、改めて見るとやっぱりこの2人って上手かったんだなぁと思いますね。

特に吉田選手はバトルやFGで強さを見せつけていましたので、その選手が敗北する姿は最高です。

そして、この強者に勝った冴君選手も別の相手にイカされてしまうんですよね、、、

敗北する冴君選手もめちゃくちゃセクシーなのでおすすめです!!

 

【ダウンロード版】

【DVD版】