プロレズリング Special Vol.11 ~二本目~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリング Special Vol.11

対戦ファイター:神納花・明海こう(桃菜あこ

一本目がドミネーションになってしまい、ダメージが残る明海。

対して神納は余裕の表情で歩み寄ります。

神納「やだ、すっかりイキ疲れちゃってる感じ?」

明海「アンタはイキたくてイキたくて仕方ないんでしょ、、」

弱い部分は見せまいと言い返す明海ですが、余裕がないのは明らかです。

先に攻勢に出たのはもう後がない明海。

神納の裏を取り、胸を愛撫し始めます。

神納も負けじと舌で乳首を責め、応戦します。

2人の美女によるエロ過ぎる主導権争い。

神納は舌が長いのでキステクは相当なものだと思いますが、

明海のチロチロと舐める責めも中々そそられますね。

神納をリングに押し倒すと恥ずかし固めでホールドする明海。

股間と胸を愛撫しながら、身動きの取れない神納を責め立てます。

まだまだ余裕の姿勢を崩さない神納ですが、徐々に喘ぎ声が漏れてきます。

さらに、明海は神納の股間に乗り、いやらしく振動を与えていきます。

神納「あああ、それすごい、、あああん!」

神納の妖艶さは、喘ぎ声にも反映されているので、とにかくエロいです。

体勢が崩れても貝合わせを続行する両者。

お互い乱れたコスチュームを直すことなく、腰を振り続けるエロ展開。

明海「ほら、素直に気持ちよくなりなさいよ」

神納「うああああ、、、」

受けのリアクションが素晴らしい明海ですが、責める姿も魅力的です。

明海の責めに劣勢になる神納。

明海「ほら、気持ちいいんでしょ?」

神納「あああ、、気持ちいい、、、」

明海「イキたかったんでしょ?素直に感じて気持ちくなりなさいよ」

神納「うあああん!!アッアッアッ!アッ、、イク、、アッ!!」

明海の怒涛のラッシュに神納は遂にイッてしまいます。

このまま一気に流れを作りたい明海は、神納のコスチュームをはだけさせます。

さらに、手マン攻撃で連続イカセを目論みますが、神納も必死に応戦。

お互いが股間を愛撫し、2人の喘ぎ声がリングに響いていきます。

しかし、追い込んでいったのはイカされたばかりの神納。

凄まじい舌テクと激しい愛撫に、明海の表情が歪み始めます。

明海「ああああ!!」

神納「いつでもイッちゃって」

明海「ふぁぁ、、アンタが、、イキなさいよ、、、」

強がる明海ですが、動きは明らかに鈍っており、神納のテクに感じまくっています。

明海「ああああ、、ダメェ、、、アッ!!!」

あっという間にイカせ返した神納。

やはりレズテクの上手さはトップクラスです。

明海はエロ漫画のようなイキっぷりで体をピクつかせます。

素晴らしいリアクションです。

神納「ホント、イキやすいわね」

再び一本目のように責め込んでいく神納ですが、

明海もさすがに2度も負けるわけにいきません。

明海「股、無防備なのよ」

と、必死に手を伸ばし、股間を愛撫していきます。

明海の抵抗に、神納は腰をくねらせこの表情。

絶対的なレズ女王が、明海のテクに喘ぎ声をあげてしまっています。

普段喘がせる方のファイターが、感じている姿はめちゃくちゃそそられます。

69の体勢に変化し、激しく責めていく明海。

神納も下から責め返しますが、やはりマウントを取っている方が有利なのか

神納の腰がどんどんと上がっていきます。

明海「ねぇ、私のことも気持ちよくしてくれないの?」

調子が上がってきた明海は、自ら息をずらし、胸を愛撫させます。

明海の胸と股間の2点責めに喘ぎ声が大きくなっていく神納。

一本目の余裕が嘘のような劣勢です。

明海「ほら、イクならイキなさいよ。イキたいんでしょ?」

神納「あああん、ダメダメ、、アアッ!!」

腰をビクンと上げ、再びイッてしまう神納。

強気なお姉さまキャラが声を抑えながら絶頂を迎えてしまうシーンはエロいですね。

明海「もっと気持ちよくなったらいいのよ」

神納「うあああ!」

追撃で腕十字を極めながら股間を責めまくり。

明海「どこ責めてほしいの?ねぇ、ここ?ここでしょ」

神納「ふぁぁぁ!!」

よがる神納ですが、ヤラレっぱなしでは終われません。

神納も明海の無防備な股間に目をつけ、愛撫で反撃。

お互いがアヘ顔を晒しながらもプライドにかけて手の動きを止めません。

明海「アンタが先にイキなさいよ、、、」

神納「あなたが先に、、イケばいいじゃない、、」

この譲れない愛撫勝負を制したのは明海。

神納の顔がみるみるうちに曇っていき、

神納「あああ、ダメダメダメ、、イッちゃうイッちゃうイッちゃう、、アアッ!!」

と絶頂。

再び腰をビクンと跳ね上げイッてしまいます。

体をピクつかせる神納に引導を渡そうと襲い掛かる明海。

明海「いっぱいイケて気持ちいいでしょう?」

ここまでくれば彼女の勝利は揺るぎない流れになりそうでしたが、、、

相手は試合巧者の神納。

責めてくる明海の体を上手くコントロールし、上から押さえつけます。

さらに、ガードができない状態で股間を愛撫。

明海も必死に神納の股間を愛撫し返しますが、徐々に体勢が崩れてしまいます。

マウントを取られてしまった明海は、神納のテクをダイレクトに受けることに。

攻撃の手こそ止まってはいませんが、

この体勢では神納の責めを受けきることは不可能。

明海「あああ、、ああ、、、」

神納「ほら、イッていいのよ?」

明海「アッアッアッ、、」

神納「あ~イッちゃうねイッちゃうねイッちゃうね」

明海「ああああ!!イクイク、、、うあああ!!」

体を震わせ、イカさせてしまった明海。

ここで流れを渡すことになれば3本ストレート負けの可能性も出てきます。

69の体勢になった神納は、さらに激しく股間を愛撫。

神納「ほら、ここでしょ?」

一本目で弱点を見抜いている神納は、明海の弱い部分を責めまくります。

しかし、負けられない明海は激しくクンニと愛撫で応戦します。

さすがにダメージが蓄積していた神納は、明海の責めに動きが鈍り始めます。

共に激しいストロークで股間を刺激していきますが、

先に体をビクンと反応させてしまったのは神納の方でした。

ここを勝負ところと見た明海は、脚で神納の体を拘束し愛撫を続行。

この体勢では、いかに神納と言えども喘ぐことしかできません。

神納「あ~、イッちゃうイッちゃうイッちゃう!!アッアッアッ!あくぅ!!あああ!もうダメ!イクイクイク!!」

エロ過ぎる喘ぎ声を発しながら絶頂を迎えてしまった神納。

しかし、明海の責めはまだ終わりません。

明海「まだイケる、まだイケる」

神納「ああああ、ダメダメ、、、アッアッアッ!!」

これまでヤラレた仕返しをするかのように、限界まで追い込んでいく明海。

彼女のSっ気も相当ですね。

神納「アッアッアッ!イクイク、、もうだめ、、ギブ、、ギブ、、ギブアップ、、、」

明海「ギブアップ?じゃもう一回くらいにしてあげる」

神納「ああああ!ギブアップー!!ああああ!!だめぇ、、!!」

明海「ねぇイった?もう一回くらいイケるでしょ?」

神納「いやぁぁ!!ギブーー!!」

明海「ほら、イクって言わないと分からないじゃない」

神納「あああ!イクーー!!」

ここでゴングが鳴り試合終了。

三本勝負だからこそですが、彼女がイカされるシーンは珍しいですね。

彼女のファンなら敗北シーンは必見でしょう。

これで1対1のイーブン。

明海は、体を震わせる神納に勝者らしく舌で耳を舐めまわします。

明海「いっぱいイケて満足した?」

神納「アッ、、、はぁん、、、」

美女のイカされるシーンはたまりませんね。

明海がチャンピオンとして威厳を保つのか、

それとも神納がレズファイトの強さを見せつけるのか。

勝負は最終ラウンドで決まります。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】