1DAYプロレズリングトーナメント02 ~決勝戦~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

1DAYプロレズリングトーナメント02

対戦ファイター:椎木くるみ前乃菜々

いよいよ迎えた決勝戦。

ドSなギャルファイター椎木くるみに対し、意外なS性を見せたロリファイターがどう立ち向かうのか。

椎木「ホントに勝てんのかしら?私に」

前乃「その上から目線むかつく」

椎木「アハハ、可愛い小娘ね」

早くもエンジン全開の椎木。

強いベテラン感がバチバチ出て、M心をくすぐる存在ですね。

必死に応戦する前乃ですが、

椎木はその頑張りをあざ笑うかのように、ダーティ攻撃。

脚を踏みつけ、前乃は痛みのあまりダウンしてしまいます。

サーフボードストレッチ。

前乃の体のラインが強調されて中々エロいです。

前乃は懸命にもがきますが、技を外すことができません。

椎木「さっきまでの威勢はどこに行っちゃったのかなぁ?」

相手を挑発する言葉責めが相変わらず上手いですね。

グラウンドに持ち込んだ椎木は、前乃を恥ずかし固めでホールド。

さらに、無防備の股間をいやらしく愛撫していきます。

椎木「恥ずかしい格好しちゃって。これでも私に勝てるって言うの?」

前乃「ううう、、勝てるに決まってるでしょ、、、」

責めている時の椎木のサディスティックな表情が見事。

受ける前乃のリアクションもエロいです。

さらに追撃態勢に入る椎木は、前乃の頭を掴んで立ち上がらせようとします。

しかし、ここで前乃の反撃。

ローブローで椎木の股間を思いっきり掴みます。

普通のファイターであれば、衝撃でダウンしてしまうところですが、

ドSの椎木は簡単に弱みを見せません。

仁王立ちで前乃の愛撫を受けて立ちます。

椎木「んっ、何すんのよ。。。」

前乃「ほら、ここ弱いんじゃないんですかぁ?」

王者の風格すら感じさせる佇まいですね。

しかし、椎木と言えど、股間を愛撫されて何も感じないわけではありません。

前乃はすかさず後ろを取り、膝を股間に突き立てます。

さらに、両手で椎木の胸を愛撫。

この2点責めにはさすがの椎木もセクシーな喘ぎ声が漏れていきます。

椎木「はぁ、、うん、、」

前乃「あれ?何か声変わってません?」

椎木「変わってないわよ、、あぅ、、」

前乃「うふふ~何か熱い気がする~」

前乃の相手をおちょくるような言葉責めも、聞けば聞くほどハマっていきますね。

椎木を崩した前乃はキャメルクラッチで追撃。

さらに、バック突きのように後ろから振動を与えていきます。

前乃「どうですかぁ~?後ろから突かれてる感じ」

椎木「うっうっうっ、、、」

前乃「あれれ~?さっきまでの勢いどうしたの~?」

ドSのファイターがだらしなく表情を歪ませる光景が実にエロいです。

ですが、生意気な小娘には当然のようにしっぺ返しが待っています。

椎木「アンタ、誰に生意気な口聞いてんの?」

怒り心頭の椎木は今にも落としてしまいそうな勢いでスリーパーを仕掛けます。

さらに、首四の字で押さえつけながらの愛撫。

今度は前乃がエロいアヘ顔を晒す番です。

椎木「気持ちいいんでしょ?」

前乃「はぁはぁ、、アッアッアッ!」

椎木のテクにだんだんと顔がとろけていく前乃。

ヘロヘロになった前乃に貝合わせで追撃。

椎木「こうやってされるのが好きなんでしょ?ほらほら、私で感じちゃっていいのよ?もっといやらしい声出しなさいよ」

前乃「あああああ!!」

椎木の抜群のエロテクと、前乃のエロボイス&リアクションが組み合わされればエロさ倍増ですね。

調子が出てきた椎木がこのまま一気に押し込むかと思いましたが、、、

イキそうになるのを必死にこらえた前乃が椎木を押し倒し。

さらに、一気にコスチュームを脱がせにかかります。

前乃の強引な行動に、椎木も驚いた声を出してしまいます。

胸を晒された椎木に、前乃が襲い掛かります。

腕を封じたまま胸を愛撫。

前乃「あれ?ビクビクしてません?気持ちいいんだ?」

椎木「気持ちくなんかないわよ、、、」

前乃「うるさいんで、黙ってもらってていいですか」

そう言うと、首絞めで責め立てる前乃。

首を絞められたまま腰を振られ、椎木は苦しさと気持ちよさが交じった声を出してしまいます。

椎木「ウッ、、アッ、、、」

前乃「あれ?何か湿ってないですか?」

椎木「ぐっ、、湿ってなんかない、、、」

前乃「ホントに~?ウフフ」

首を絞められまくりぐったりとしてしまった椎木。

前乃はここぞとばかりに、コスチュームを全て脱がせます。

意識が朦朧としている椎木は抵抗ができません。

スレンダーで引き締まった体が露わになります。

前乃は椎木を恥ずかし固めで捕らえ、楽しそうにお尻をぴしゃぴしゃと叩きます。

前乃「どうですかぁ~?恥ずかしい格好」

椎木「後で覚えておきなさいよ、、、アッアッ!」

前乃「あれ~もしかしてMっ気あります?」

この挑発は、ドSの椎木にとって屈辱的でしょうね。

マウントを取り、楽しそうに責める前乃ですが、

椎木がこのままヤラレっぱなしであるわけがありません。

下から胸と股間を愛撫し返し、前乃の動きを封じにかかります。

有利な立場にいた前乃ですが、椎木のテクにどんどん動きが鈍っていきます。

動きが止まったタイミングを見計らい、リングに突き飛ばした椎木。

そして、お返しに前乃のコスチュームも脱がせていきます。

これでお互い条件はイーブン。

椎木は前乃をアームロックで捕らえ、エロ攻撃を開始。

エロ過ぎる舌テクで一気に前乃を犯しにかかります。

前乃「ふぁっ!ああ!ああああ!!」

椎木「屈辱的でしょ?さっきまで勝てると思ってたもんね、私に」

前乃「うああああ、、、」

椎木「気持ちいいんだぁ?」

前乃のエロい声がリングに響きます。

さらにキャメルクラッチからの愛撫。

椎木のドヤ顔がたまりません。ホントに責めるのが楽しいんでしょうね。

椎木「やらしい女ね、アンタ。これで私に勝てるの?負けちゃうんじゃない?」

前乃「アッアッアッアッーー!!」

椎木「負けたらどうしてくれるの?何してくれるの?」

前乃「絶対、、、負けない、、、」

椎木「私の奴隷にでもなる?飼ってあげようか?」

前乃「うるさい、、ああああ、、、」

前乃の手のひらサイズの胸は実に揉みがいがありそうです。

椎木の奴隷提案もM男なら殺到しそうですね。

椎木「まだやれんの?ほら、立ちなさいよ」

余裕を見せる椎木は一旦攻撃を止め、前乃を立ち上がらせます。

立ち上がった両者は再び組み合い。

椎木はヒールさながらの挑発的な表情で前乃を迎え撃ちます。

しかし、これは完全に椎木の墓穴。

再三の挑発に怒った前乃は、椎木の股間に膝蹴り。

椎木は悲鳴を上げてダウンしてしまいます。

椎木「い、いた、、、」

前乃「あ~ごめんなさい。痛かったですかぁ?」

まったく悪びれた様子のない前乃はここぞとばかりに、股間を愛撫。

ダメージが残る椎木は強く抵抗ができず、前乃の手マン攻撃を食らってしまいます。

痛みのある声からだんだんと喘ぎ声に変わっていきます。

続けて、キャメルクラッチを掛けながら乳首を重点的に愛撫。

椎木「う、ぐあ、、」

前乃「いい顔してますよ。苦しそうな顔も可愛いですね」

自分よりも年下の相手に可愛いと挑発されてしまう椎木ですが、

ガッチリ極まった技と愛撫から抜け出すことができません。

前乃「素直に感じていいですよ?」

椎木「アンタなんかのテクニックで、、感じるわけないじゃない、、アッ、、」

前乃「え~ホントですか?ビクビクしてると思うんですけど?」

椎木「アッアッ、、、」

前乃「気持ちいいんですよねぇ?」

耳元で囁く言葉責めがエグイ。

さらに、耳責めをしながらの乳首愛撫。

耳が弱点なのか、さらにエロい声になっていく椎木。

強気な黒ギャルがロリに犯されていく展開がめちゃくちゃエロいです。

流れを掴んだ前乃は、ぐったりした椎木の脚を掴んで貝合わせ。

本来であればどちらも感じる技ですが、椎木は思うように腰を動かせず、前乃の責めを受ける一方。

前乃「どうですかぁ~?」

椎木「アッアッアッ、、、どうもないわよ、、」

前乃「あれ?気持ちよくなってるんでしょ?ウフフ」

椎木「アッアッアッ、、、!」

前乃「気持ちよくなってくださいよ~一緒に気持ちよくなった方がいいですよね?」

気持ちよくなっていることを認めない椎木ですが、表情はだんだん歪んでいき、呼吸も荒くなっていきます。

椎木「ああああ!ああああ!」

前乃「ほら、もっと声出していいんですよ?」

椎木「あああ!くあああ、、、や、やめなさいよ、、、」

前乃「ウフフ、いやで~す。イクまで続けま~す」

小悪魔美少女のS責め、ロリ好きにはたまらないんじゃないでしょうか。

前乃の責めに、さすがの椎木も限界が訪れます。

椎木「アッアッアッ、、き、、ああああ!!!あう!!!」

体をビクンとさせ、絶頂を迎えてしまった椎木。

リングでぐったりしている様子を見て前乃は挑発。

前乃「あれ?イッちゃったんですね~私のテクニックじゃ、イケないんじゃなかったんですか?」

椎木「い、イッてないわよ。。。」

意地になっている椎木はイカされたことを認めようとしません。

ならばと完全に心を折るべく、さらに責め立てる前乃。

恥ずかしい格好でホールドし、無防備な股間に手マン攻撃を繰り出します。

イったばかりで体力が戻っていない椎木は、強がりを言うことで精一杯。

しかし、強気な姿勢はあっという間に前乃によって打ち砕かれます。

止まらない手マン攻撃に椎木はよがることしかできなくなります。

椎木「あああ!!ああああ!!」

前乃「イっていいですよ?イクんですか?イク時はイクって言ってくださいよ」

椎木「ああああ!!」

前乃「もっと声聞きた~い」

椎木「ああああ、、、やめ、、」

前乃「ほら、もっと」

椎木「ああああ!イク!イク!イク!!ああああ!!」

今度は、言い訳のしようがないイキっぷり。

ドSファイターが、ロリに連続でイカされる屈辱を味わっています。

椎木はもう戦意喪失。

しかし、前乃はまだ追い打ちをかけます。

椎木を立ち上がらせると、コブラツイストに捕らえます。

椎木の声は既に女の子の喘ぎ声に変わっており、

前乃のテクに感じまくってしまっています。

前乃「エヘヘ、声最初よりももっと可愛い声してますよ」

椎木「はぁ、、あぅん、、、」

前乃「この顔の方が好きだなぁ」

椎木「あああ!!あぅぅん、、」

前乃「気持ちいいんですかぁ?」

椎木「ああああ!イクイク!イクイクイク!!イっちゃう!」

前乃「いいよ?いいよ~」

椎木「イクイク、、ギブ!ギブアップギブアップ!イクイク!!ギブアップ!!」

何度もギブアップを口にし、ようやく解放された椎木。

最後はコブラツイスト手マンで、屈辱のイカされまくりでフィニッシュ。

膝がガクガクだった椎木はゴングと共に崩れ落ちてしまいます。

強豪ひしめくシーズン2作品の最後に立っていたのは何とロリファイターの前乃。

小悪魔の笑顔を見せながら、敗者の椎木を踏みつけます。

前乃「くるみさ~ん、今回私の勝ちですね。すっごく可愛かったですよ、ウフフ」

宝生、椎木とタチキャラ2人を倒したことから、彼女のS性の高さはもう疑いようがありませんね。

そして、敗者への制裁。

前乃「あっ、そう言えばさっき私が負けたら、私のこと奴隷にするって言ってましたよね?ってことは、私が勝ったらくるみさんが奴隷になってくれるってことですか?」

椎木「、、、絶対ならないわよ、、、」

わずかにプライドが残っていた椎木は、最後にささやかな抵抗を見せます。

しかし、前乃に対し、それは逆効果。

椎木のコスチュームを使って首を絞め始めます。

前乃「奴隷になってくれますよね?しゃべれないか~?」

もうやってることはサイコパス。怖い怖いww

前乃「じゃぁ、もう2文字でいいです。私のこと好きって言って?」

椎木「う、、が、、」

前乃「ほら、早く!」

椎木「がああ、、」

前乃「2文字、好きって言って?」

椎木「あ、、、」

前乃「早く」

椎木「す、すき、です、、、」

前乃「ありがとー!私も、、だーいすき!!」

その言葉をきっかけに、首を絞める力を強める前乃。

椎木は首を圧迫され、遂に気絶してしまいます。

瞳孔が開き、ピクリとも動けなくなってしまった椎木。

前乃は椎木の唇にキスをし、

前乃「よく言えました。ウフフ」

と微笑みます。

顔からは想像できないほどのS責めを見せてくれた前乃。

これは叶うのであれば、1作目の覇者乙アリスとの最強決定戦とかもやってほしいですね。

中々キャスティングや予算面で短期間でのリリースは難しそうですが、

レズファイト好きならたまらない、ロングタイトルになってほしいシリーズですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】