1DAYプロレズリングトーナメント02 ~Bブロック~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

1DAYプロレズリングトーナメント02

対戦ファイター:前乃菜々・宝生めい

Bブロックのマッチアップは、

小動物のような可愛さを持つ前乃VS爆乳S女・宝生。

ファイト系での実績やパッと見の雰囲気では宝生が圧勝しそうな印象ですが、

果たしてどのような戦いを見せてくれるのか?

まずはセオリー通りに組み合いからスタート。

宝生「勝つのは私だから」

前乃「何言ってるの?私の方が上だから。絶対勝ってやる」

お互いリング上で火花を散らします。

一旦、手四つを解除した宝生は、前乃の顔を掴むと、自慢のバストに押し付けます。

爆乳に顔をうずめられ、呼吸ができなくなってしまった前乃は、

バタバタと体を動かして脱出を図ります。

男だったら、この攻撃だけでトロケてしまうでしょう。

リングにダウンしてしまった前乃に、宝生の爆乳が襲い掛かります。

今度はマウント状態での押し付け。

前乃はモゴモゴと何かを訴えますが、完全に呼吸を封じられているため、言葉になりません。

いきなり必殺技を披露するとは、宝生の試合巧者ぶりが光りますね。

呼吸ができずぐったりとしてしまった前乃に、電気あんまの追撃。

宝生「弄ってほしんでしょ?ホントは」

前乃「うああああ!!」

宝生「感じてんの?」

前乃「か、感じてなんかない、、、ああん!」

宝生「こんな脚でやられて、ほらぁ」

前乃「ああああ!!」

相変わらずの宝生の極上の言葉責め。

そして、それを受ける前乃のリアクションもロリエロでそそりますね。

しかし、前乃も宝生の好きにはさせません。

宝生の脚を掴み返し、

前乃「仕返しよ」

と電気あんまで反撃。

前乃「どう?仕返しなんだから」

宝生「アッアッアッアッ!!」

脚で振動を与えられる度に、胸が揺れまくるのが最高です。

さらに、前乃は宝生の手足を拘束すると、そこに腰を下ろします。

身動きの取れなくなった宝生の胸をエロく愛撫する前乃。

前乃「わ~すごい、絶景ね」

宝生「触んないでよ」

前乃「ほら、一番ここが敏感なんでしょ?」

宝生「アッアッ!!」

前乃「体は正直だよねぇ。気持ちいいんでしょ」

宝生「や、やめて、、ああああん、、、」

早くも宝生の感じるポイントを探りあてた前乃は執拗に爆乳を弄りまくり。

宝生の顔がだんだんと感じた表情に変わっていきます。

さらに、パラダイスロックでホールドし、股間を愛撫。

前乃「気持ちいいでしょ?声出ちゃってるよ」

宝生「アッアッ、、あうう!」

無防備状態で股間を弄られ、宝生は声を抑えることができません。

前乃のテクにアヘ顔を晒し始める宝生。

ロリ系ファイターに翻弄されてしまう爆乳ファイターと言う構図は興奮しますね。

相変わらず受けのリアクションもエロ過ぎます。

早くも肩で息をし始める宝生。

そんな宝生を足蹴にし、仰向けにさせる前乃。

顔に似合わず中々のSっぷりを見せてくれます。

そして、首を絞めながら胸を愛撫し始めます。

前乃「エヘヘ。これ気持ちいいでしょ?」

宝生「アッ!あう、、」

笑いながら、相手をエロで追い詰めていく責め。

前乃は楽しそうに相手を責めていきます。

前乃はグロッキー状態の宝生の胸に座ると、

前乃「自慢のおっぱい潰しちゃった~へへ~ん」

と屈辱感も与えていきます。

思うようにガードできない宝生は、前乃の好きなように股間を弄られまくります。

宝生の胸はどんなやわらかいマットよりも気持ちいいでしょうね。

座れる前乃が羨ましいです。

調子が上がってきた前乃は宝生を立ち上がらせ、ヘッドロックで固めます。

前乃「ほら、どう?気持ちよかったんでしょ?白状しなさいよ」

宝生「あうう、、」

ギリギリと腕に力を込められ、宝生は苦しそうな悲鳴を上げてしまいます。

しかし、ここで宝生の反撃。

自由のきく手を使い、前乃の股間を愛撫。

宝生「さっきから何すんのよ!」

前乃「ちょっ!あう!!」

宝生のエロ攻撃により、首を絞める力が弱まっていく前乃。

耐えることができず、腰砕けになってしまいます。

このチャンスを逃さず責め立てる宝生。

宝生「散々触ってくれて。アンタだって立派なおっぱい持ってるじゃないのよ。触ってほしかったんじゃないの?」

前乃「あああああ!!」

身動きの取れない状態で、体を愛撫されまくる前乃。

今度は前乃の気持ちよさそうな声がこだまします。

リングに前乃を押し倒すと、どっかりと腰を下ろし股間への愛撫攻撃。

脚で股を閉じられないようにし、いやらしく股間を擦っていきます。

前乃「あああああん!」

宝生「触ってほしかったんじゃないの?ホントは」

前乃の泣きと喘ぎが交じった声はマゾ感が出ててそそりますね。

さらに、宝生は逆エビ固めで前乃を痛めつけます。

宝生「恥ずかしいところ全部丸見え~どんな気分?どんな気持ち?」

前乃「はぁぁうん!」

プロレス技で恥辱とダメージを与えていく責めは、ファイト系作品の経験豊富な彼女ならでは。

これには前乃も悲鳴を上げるしかありません。

そして、前乃のコスチュームに手を掛ける宝生。

前乃のDカップを丸見えにさせ、胸をいやらしく責めまくります。

宝生「え~こういう乳首してたんだ、アンタ。気持ちいい?」

前乃「う、うるさい、、あああ、、、」

宝生のエロ責めに、前乃はどんどんと声が上ずっていきます。

このまま一気に宝生がペースを掴んでいくのか、と思われましたが、、、

何と、前乃は強引に宝生を突き飛ばし、形勢逆転。

そして、コスチュームをはだけさせ、腕を拘束して胸を責めまくります。

前乃「仕返し。すごい敏感なんだ?」

宝生「あうっ!いや、、離して」

前乃「気持ちいいんでしょ?」

宝生「あああああ、、、」

身動きの取れない状態で胸を弄られまくり、再び宝生は感じた声を出してしまいます。

前乃のテクでとろけ始めてしまった宝生。

無理やりキスをされ、既に腕の拘束を解かれているにも関わらず、動かせないまま。

Sの爆乳ファイターが、ロリ系の美少女ファイターのテクに溺れていきます。

前乃の責めは止まりません。

小悪魔の笑顔で胸を愛撫し、腰を振りまくり。

上と下、両方の刺激に宝生は抗うことができません。

どんどんと大きくなっていく喘ぎ声に、宝生の限界が近づいていることを察した前乃。

前乃「ウフフ、イってもいいんだよ?」

宝生「アッアッアッ、、、はぁはぁはぁ」

前乃「ほら、早くイキなさいよ」

宝生「ああああ!!うううう!!!」

前乃「ウフフ、、、」

宝生「アッ、だめ、、やめて、、はぁぁ!!ダメ!ダメ!イクッ!!!」

前乃のテクの前に遂にイッてしまった宝生。

体をビクビクさせ、目は焦点が定まっていません。

前乃「気持ちよくなってんじゃん。ウフフ。じゃ、もっと責めてあげるね」

宝生「うああああ!!」

イッたばかりの宝生に容赦なく電気あんまを食らわせる前乃。

可愛い顔してとんだ小悪魔です。

まだ余韻が残っている宝生は我慢できずに声をあげまくってしまいます。

前乃「ほら、いい声出てんじゃん。気持ちよくなりなよ~」

宝生「あああう、、はぁぁぁ!!」

前乃「ほら、素直に気持ちよくなりな?」

宝生「ああああ!ああああ!!ダメ!イク!イクー!!」

宝生は耐え切れずに連続でイカされてしまいます。

体の痙攣は収まらず、もはや戦意喪失状態。

ピクピクしてしまっている宝生は、前乃に水着を脱がされても抵抗できません。

完全に脱がされてしまい、宝生の極上エロボディが晒されてしまいます。

ここからは前乃による凌辱タイム。

全裸の宝生をスリーパーで締めつけ、無防備の股間を愛撫。

力の入らない体ではどちらの攻撃も対処できません。

宝生「や、やめて、、、」

前乃「イったあとだから、敏感なんだよねぇ」

宝生「ああああ、、、」

前乃に体を弄られるたびに、全身をビクンビクンさせてしまう宝生。

ロリっ子に体重を預けて感じまくってしまいます。

前乃「気持ちよくなっていいんだよ?」

宝生「アッアッアッアッ、、、」

前乃「もう反撃する力残ってないでしょう?」

宝生「はぁう!あああああ、、、」

耳元で言葉責めをされながらの愛撫に、宝生はよがることしかできません。

宝生「あああ!ダメ!」

前乃「いいよ、イキなよ」

耳元で囁かれたのが引き金となり、宝生は盛大にイッてしまいます。

宝生「アッアッアッ、、、」

全身の痙攣はもう収まらず、激しさを増す一方。

エロテクに絶対の自信を持っていた宝生が、ロリファイターによってボロボロにされていきます。

トドメは貝合わせ。

前乃「気持ちよかった~?もっと気持ちよくなりたいでしょ?」

宝生「はあああ!!ああああ!!」

前乃の責めを股間で受ける宝生ですが、当然彼女には耐える力は残っていません。

前乃「気持ちよくなりなよ~」

宝生「あああああ!!」

前乃「ほら、負け認める?」

宝生「ううう、、ああああ、、、」

前乃「ん?」

宝生「あああ!もうダメ!ギブ!ギブアップーー!!!あーダメ!イッちゃう!!!」

宝生はここでギブアップ。

前乃の水着を脱がせることができないまま、圧倒的な敗北を喫してしまいました。

痙攣する度に揺れまくる爆乳がエロいこと。

勝者の前乃は余裕の表情で、痙攣しっぱなしの宝生にキス。

とんでもない小悪魔ファイターですね。

前乃「イッちゃったね。ウフフ。気持ちよかった?今回は私の勝ちね」

宝生「うううう、、、」

宝生は何も言えず、ぐったりするのみ。

第一印象ではMかと思ったのですが、フタを開けてみれば、素晴らしいSの持ち主でした。

この勝ち誇った表情にも痴女性がビンビン出てますね。

男相手のエロ勝負では負け知らずの宝生めいですが、

対女性ファイターだと、負け越しているイメージがありますね。

男にとっては魅力的なボディですが、女性相手だと責めやすい体なのでしょうか。

1回戦で姿を消した宝生と藤井、両方ともSっ気があるので、

叶うのならば3位決定戦も見たかったくらいの存在でした。

 

とにもかくにも、決勝戦のカードは椎木くるみと前乃菜々。

タイプの違うS同士の戦いは、果たしてどちらが勝利を収めるのでしょうか?

 

【DVD版】

【ダウンロード版】