バトルファックトーナメント01~決勝戦~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファックトーナメント01

対戦ファイター:春花みなみ

1回戦をそれぞれ突破した2人。

トーナメントですので、最終的な勝利者は1人だけ。

リング中央で組み合った男ファイターは、春花を挑発しますが、

春花はニヤリと笑い、、、

早速組み合ったままでの乳首舐め。

いきなりの刺激に男ファイターは、情けない喘ぎ声を出してしまいます。

成宮戦の時といい、彼女は舌テクに絶対的な自信を持っているようですね。

春花のテクに感じてしまった男ファイターは早々にダウン。

春花「もう倒れちゃったのね」

と春花の追撃。

男ファイターの動きを封じ、ペロペロといやらしく男ファイターの乳首を舐めていきます。

思わず声をあげてしまう男ファイター。

春花「こんなので感じちゃってるの?」

男相手だと、春花の言葉責めも容赦がありません。

そして、男ファイターのコスチュームに手を掛けると、下半身が露わに。

春花「抵抗するんじゃないわよ。もう固くなってるじゃない」

巨乳ファイターの痴女っぷりは非常に見応えがありますね。

極上のフェラを開始する春花。

男「うああ、、あああ、、、」

春花「気持ちいいんでしょ?ちゃんと声も出なくなってるじゃない」

胸の谷間を強調させながらのフェラは、アングル的にも興奮してしまいます。

序盤の主導権を握りかけていた春花でしたが、男ファイターも簡単に負けられません。

強引に春花の体を抑え込むと、後ろから巨乳を揉みまくります。

春花「うあっ!あん!」

胸を揉まれるたびに体をピクンとさせてしまう春花。

1回戦でも受けの弱さにつけこまれていましたが、男相手でも感じやすい体質は変わっていない様子。

リングに倒れてしまった春花。

男ファイターはお返しとばかりにコスチュームを脱がせにかかります。

今度は春花のエロい体が晒される番です。

春花の跨り、69でクンニをしていく男ファイター。

しかし、この体勢なら春花も責めることができます。

まだ序盤の快感が染みついている男ファイターは、春花のフェラに再び喘ぎ声を出してしまいます。

マウントを取り返した春花は、上からフェラで責め立てます。

春花の極上のテクに喘ぎ声が止まらない男ファイター。

リング上にはエロいフェラ音と男ファイターの悲鳴が響きます。

何とか反撃したい男ファイターも、必死に下からクンニで応戦。

春花「あうっ!ちょっと、、、」

男「気持ちよくなってるじゃねぇか」

春花「アッアッアッ、、、あああ!!」

男ファイターの責めに、動きが止まってしまった春花。

フェラを続けることができません。

ここから男ファイターが流れを掴むかと思われましたが、、、

そこは試合巧者の春花。

わざわざ69の勝負に付き合うことはしません。

位置を男ファイターの下半身に移動させると、必殺のパイズリ攻撃。

春花「ほら、おっぱいで挟まれると気持ちいいんでしょ?」

Fカップの巨乳に挟まれ、男ファイターは思わず情けない声で喘いでしまいます。

春花「気持ちよさそうな声出ちゃってるじゃない。ほら、もっと感じていいのよ?」

さらにフェラまで加わり、男ファイターは防戦一方。

巨乳ファイターにこの体勢でホールドされたら、並の男は脱出不可能ですね。

春花「抵抗してみなさいよ。もうできないでしょ?」

男「ああああ、くそぉ、、、アッッ!!」

春花のパイズリフェラの前に敢えなくイッてしまった男ファイター。

情けない格好のまま体を痙攣させてしまっています。

男「ぐ、、ああ、、」

春花「あれ?イッちゃったのぉ?ホントに?」

男「くそがぁ、、、」

春花「なんでそんな体ビクビクさせてるの?」

自身の優位性を感じた春花は、言葉責めを浴びせていきますが、、、

男ファイターにも意地があり、春花に襲い掛かります。

無理やり唇を奪い、手マン攻撃をプラスし、春花から流れを奪い返そうと躍起になります。

感じた表情を見せる春花のリアクションが最高にエロいです。

しかし、弱った体では春花を責め切るには至りません。

春花は冷静に男ファイターの責めを対処すると、腕を掴み再び得意の乳首舐め。

春花の舌テクの気持ちよさを全身で味わってしまった男ファイターは、これに抗えません。

男「ふぁぁ、、あああ、、」

と情けない声でよがってしまいます。

春花の上手さに男ファイターの体から力が抜け、ダウン。

春花「もう立てる体力もないみたいね?」

ここぞとばかりに、全身を舐めまわす春花のテクに男ファイターはすっかりマグロ状態です。

そして、一気にトドメを刺すべく、騎乗位でインサート。

男「うああああ、、、」

春花「ちゃんと声出しなさいよ」

男「あああ、、気持ちいい、、、」

春花「気持ちいいの?ちゃんと言って?」

春花の得意な形になり、このまま勝負がつくかと思われましたが、男ファイターも粘りを見せます。

体を起こし、下から思いっきり突き上げていく男ファイター。

責めているはずの春花の顔が歪み始め、声がだんだん上ずっていきます。

春花の動きが鈍ったことを感じた男ファイターは、一気に押し倒します。

正常位の体勢で固めると、これまでの鬱憤を晴らすかのように激しく突いていきます。

春花「アッアッアッアッ、、やめて、、、」

春花の気持ちよさそうな顔と声から、感じてしまっていることは明白です。

春花をエロい体勢で固めつつ激しく突いていく男ファイター。

春花「アッアッアッアッ!!」

男「オラァ、ギブアップか?」

突かれるたびに揺れまくる巨乳がとにかくエロ過ぎです。

男ファイターは1回戦で夏音を屈服させた体勢にすると、さらにピッチを上げていきます。

さすがの春花と言えど、このまま責められてしまうとイッてしまうのは時間の問題。

春花「アッアッアッ、、ダメダメェ、、、」

イキそうになるのを必死に耐える春花。

男ファイターはさっきまでの不利が嘘のように、春花のお尻を叩いて挑発。

このまま逆転へのシナリオができつつあります。

そして、バック突き。

スリーパーをプラスし、窒息攻撃も加えた責めに春花は悶絶してしまいます。

本当にこの人は責められてる時の表情がいい。

男「ほら、気持ちいいですって言えよ」

春花「アッアッアッ、、ああああ!!」

舌をだらんと垂らし、段々とアヘ顔になっていく春花ですが、

ここでもギブアップは言いません。

再び正常位に戻した男ファイターは無理やり唇を奪います。

しかし、相手を制圧した、ということを象徴するかのような責めに、春花が息を吹き返します。

春花は下から男ファイターの首を掴み、動きを強引に止めます。

まさかの反撃に男ファイターは狼狽。

このチャンスを逃さない春花は、男ファイターは押し倒し形勢逆転。

再びエロボディを見せつけながらの騎乗位。

春花「そんなんで勝ったつもりなの?ほらぁ」

やはり痴女の巨乳ファイターが男の上に跨るのがよく似合う。

男ファイターも何とか抵抗しようと春花の巨乳を揉みますが、

もはやこれだけで彼女の勢いを止めることはできません。

感じた顔やリアクションこそ見せるものの、腰の動きは激しさを増す一方。

そして、男ファイターの手を押さえつけ、完全に制圧。

こうなってしまえば、男ファイターになす術無し。

あとは絶頂を迎えるのを待つしかできません。

男「アッアッアッ!」

春花「ほら、気持ちいいの?我慢しなくていいのよ?」

男「ああああ、、気持ちいい、、」

春花「ほら、イキそうなんでしょ?」

男「あああああ!!」

春花「ピクピクしてるじゃない」

男「ああああ、やめろ、、出る、、、」

春花「出しちゃいなさいよ。ほら、早く!」

男「ああああ!イクイクイク!!ギブー!ギブアップー!!あああー!!!」

春花のテクの前に遂にイッてしまった男ファイター。

やはり巨乳ファイターとの2連戦は男にとってはキツいですね。

春花「いい声出てるじゃない」

男ファイターの顔を掴み、挑発。

春花「もう威勢なくなったの?」

男「あ、、う、、、」

春花「これで私の勝ちって認めてくれる?」

男「み、認める、、、」

春花「これで私の勝ちね。楽しかったわ」

この勝ち誇ったセリフ、たまりませんね。

最後は男ファイターの顔を踏みつけ。

下からのアングルだと巨乳が際立ちます。

春花「どう?屈辱的でしょ?」

最終的な勝者は、春花みなみ。

トータルして男勝ち作品になるのではないかとヒヤヒヤしてましたが、

やはり最後に勝つのは女性ファイターがいいですね。

女3人、男1人という特殊ルールで行われた作品でしたが、

今度どのようにしていくのか興味深いタイトルです。

レズトーナメントもバトルファックトーナメントも、1dayシリーズだと

コストもメンバーも大変だと思いますが、2作目、3作目とキャストを変えて見たい作品です。

1本で3試合のエロファイトが見られるのは最高ですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】