1DAYプロレズリングトーナメント01 ~Aブロック~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

1DAYプロレズリングトーナメント01

対戦ファイター:有村のぞみ・須崎美羽

レズファイト好きにはたまらない新シリーズがリリースされました。

トーナメントで最強のレズファイターが決定。

第1回を飾るにふさわしいビックネームが勢ぞろいです。

まず第1試合に登場するのは、有村のぞみ。

有村「今から戦うのはFGIの後輩なんですけど、先輩として絶対に負けられないので、私の強さ、いっぱい見せつけようと思います」

と不敵に笑います。

インタビューから、後輩に花を持たせる気が全くないのが伝わってきますね。

コスチュームもエロく、レズファイトらしいです。

対するは、後輩キャラの須崎美羽。

須崎「先輩がすごい強いって言うのは分かってるんですけど、私が頑張って皆にいいところを見せたいと思います。頑張ります」

と、フレッシュなインタビュー。

明らかにかませ犬感がありますが、大人しそうな彼女がどんなレズファイトを見せてくれるのがも気になるところ。

ゴングが鳴り、リング中央で相まみえる両者。

有村「どうしたの?その程度?」

須崎「アンタだってそんなもん?」

有村「口だけは達者なようね」

さっそく、先輩後輩関係なく、舌戦も始まります。

生意気な後輩の口を黙らせるべく、まずは有村がヘッドロックで須崎を固めます。

顔が胸に押し付けられ、男だったら嬉しすぎる技ですね。

しかし、レズファイトでこの体勢は危険が伴います。

須崎は自由の利く手を使い、有村の胸と股間を同時責め。

有村「アッアッ、、」

須崎「だんだん力弱まってきたんじゃない?」

気持ちいいポイントに当たる度、体をピクッピクッと反応させてしまう有村がエロいです。

崩れ落ちた有村に須崎の追撃。

電気あんまで有村の股間を集中的に刺激していきます。

有村「うあっ、、アッアッアッ、、、」

須崎「こんなんだったら私の勝ちは余裕かしら?」

有村「負けてたまるもんですか、、、アッ、、、」

有村は、先輩のプライドを見せつつも、感じた声を出してしまいます。

調子に乗って有村の体を起こす須崎。

しかし、有村はすかさず手を須崎の股間に伸ばし、愛撫をし返します。

今度は須崎が喘ぎ声を出す番。

有村「ウフフ、どうしたの?湿ってきてるわよ?」

須崎「うっ、、あっ、、、そんなことないわよ、、、」

有村「ここが随分弱点のようね?」

須崎「うあああ、、」

有村のテクで、体が棒立ちになってしまい、快楽に浸ってしまう須崎。

露出はそこまで多くない須崎のコスチュームですが、色なのか、素材なのか、こちらも中々エロいですね。

有村のテクの上手さで、ついに膝から崩れてしまった須崎。

四つん這いの格好になってしまい、有村はこのチャンスを逃しません。

バック突きの状態で腰を押し当て、激しく犯しにかかります。

須崎「うあああ、、負けない、、」

有村「感じ過ぎて腰動いちゃってるわよ?」

須崎「ああああ、、そんなことない、、、」

有村「ほらぁ、早くイキなさいよ」

須崎「アッアッアッ、、、」

須崎の顔はもともとM寄りなので、責められている方が似合いますねw

有村「弱点の場所、いっぱいイジめてあげるわ」

須崎「あああ、ダメッ、、、」

須崎を仰向けにさせると、胸と股間をエロく責めていく有村。

さすがの強さを見せつけ、須崎はこのままイカされてしまいそうな勢いです。

しかし、須崎も簡単に終わるわけにはいきません。

強引に有村の体を押し倒すと、

須崎「今度は私の番よ。よくもやってくれたわね」

と、愛撫をし返します。

体を押さえつけられ身動きの取れない有村は、

エロ過ぎるリアクションでよがりまくります。

ですが、反抗的な後輩には先輩からのお仕置きがつきもの。

有村が再び形勢逆転し、でんきあんまで責め立てます。

有村「どんどん力抜けてきてるじゃない」

須崎「アンアンアンアン、、、」

リングには須崎の泣きそうな喘ぎ声が響きます。

さらに、スリーパーで絡め取ると、窒息攻撃と股間愛撫で追撃。

有村「苦しくなって興奮してるんじゃないの?」

須崎「そんなことない、、、あああ、、、」

有村「ほら、イキなさい」

須崎「アッアッアッアッ、、、!!」

絶頂ではありませんが、有村のテクで須崎は体をビクビクさせてしまいます。

有村「こんなんじゃ相手にならないわよ」

一気にトドメを刺しにかかる有村は、バック騎乗位の体勢になり、

手で須崎の股間を愛撫しまくります。

女同士なので挿入こそありませんが、下にいるのが男ならあっという間にイカされてしまうでしょうね。

しかし、ほぼ体力がなくなったと思っていた須崎がここで息を吹き返します。

須崎「負けないから!」

と、手を必死に伸ばし有村の動きを封じます。

そして、胸と股間を愛撫し、逆に須崎が流れを引き戻します。

須崎の抵抗に有村も感じてしまいます。

有村「ああああ!!」

須崎「ほら、イキなさいよ」

後輩からの命令口調がいいですね。

須崎の執拗なまでの愛撫に、さすがの有村も体をビクンとさせて軽くイッてしまいます。

須崎「ほら、イッたんでしょ?よくもやってくれたわね」

有村の体力が回復する前に勝負をつけたい須崎は、バック突きで激しく責めていきます。

有村「アッアッアッ!」

須崎「ほら、自分で腰振ってるじゃん」

有村「ち、違うわよ、、、」

須崎「ほら、イキなさいよ!」

有村「アンアンアン、アッアッアッ、、、」

有村のエロ過ぎる喘ぎ声が響きますが、

必死にイクのを耐えています。

後輩相手に負けられないという気迫が感じられますね。

有村の脅威のタフネスに責めあぐねてしまう須崎。

すると、有村は須崎の体を押し倒し、反撃開始。

首四の字で絞めながら、須崎の胸を揉みまくります。

さらに、有村の手は下半身にも伸びていきます。

加えて、コスチュームをはだけさせての直接の乳首責め。

身動きの取れない状態での愛撫に、須崎が長く耐えられるわけがありません。

有村「ほら、イキなさい」

須崎「ああああ、、アッ!アッ!!」

あまりの気持ちよさに、腰をビクビクさせてしまう須崎。

下半身がエロく痙攣しています。

もう遊びは終わり、と須崎のコスチュームに手をかける有村。

ピチピチのコスチュームが脱がされ、抵抗虚しく須崎の可愛いボディが露わになります。

全裸になった須崎をさらに辱めるべく、グラウンド卍固めで捕らえる有村。

有村「ウフフ、身動き取れないわねぇ」

須崎は、秘部を隠すこともできなければ、守ることもできず、

一方的に責められてしまう一方。

須崎「あああ、、ああああ!!」

有村「腰止まらないわねぇ。ずっと動いてるわよ。まだ終わらないわよ?イキまくりなさい」

須崎「ああああ、、イ、、ク、、、!」

完全に流れを掴んだ有村の猛攻に、須崎はただイカされることしかできません。

有村「何度もイッちゃってるわね?もう限界なんじゃない」

須崎の股を広げ、貝合わせで攻撃。

直接刺激を股間に食らってしまい、須崎はただよがるのみ。

有村「イキまくりなさい!」

須崎「あああああ!!!」

有村「イッてもやめないわよ」

完全に有村のおもちゃになってしまった須崎は、もう強気の発言はできません。

有村の腰さばきから、レベルの違いは明白ですね。

何度もイカされてしまった須崎。

有村はトドメを刺すべくまんぐり返しでホールド。

有村「恥ずかしいわねぇ」

手マンをダイレクトに食らい、須崎は泣きそうな声でよがるのみ。

有村「頭が真っ白になるくらい、責めてあげるわ」

須崎「あああ、やめて、、、イク、、、!!」

有村「自分でイクって言っちゃったわね?ギブアップかしら?」

須崎に跨り、腰を落としていく有村。

もう須崎にはこのテクに抗う力は残っていません。

須崎「ああああ!!もうギブアップ、、もうやめてください、、」

有村「聞こえないわ」

須崎「あああ!ギブアップ、、、!!」

最後は情けない格好で敗北宣言。

最初は威勢がよかった須崎でしたが、終わってみれば有村の圧勝でした。

イカされまくった須崎はぐったり。

マゾの雰囲気があるだけに、敗北シーンは中々そそるものがあります。

有村「もっと練習してから私に臨みなさい。私の方が強いのよ。分かった?」

須崎「はいぃ、、、」

須崎の体を踏みつけ勝ち誇る有村。

美女でS女の有村が、見事に初戦を制しました。

どう見ても責める側には見えなかった須崎ですが、

命令口調で責める様子には、少し光るものがありましたね。

とは言え、有村を責めまくるには役不足。

一足先に決勝進出を決めた有村の次なる相手は、間違いなくS女なので、

タチ対タチなら、どのような戦いを見せてくれるのか非常に楽しみになりました。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】