MIXED PROWRESTLING FETISH 01 ~葉月桃 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

MIXED PROWRESTLING FETISH 01

対戦ファイター:葉月桃

第2試合に登場するのは、抜群のルックスとスレンダーなスタイルが美しい葉月桃。

普段はM寄りらしいですが、ここではどのような戦いを見せてくれるのか。

葉月「女を舐めんじゃないわよ」

とキリッとした目で、男ファイターと対峙します。

プロレス経験はまだ浅い葉月に対し、まずは下から崩していこうと試みる男ファイター。

組み合いながら股間キックやローキックを食らわせ、意識を下に集中させます。

そして、一瞬のスキをつき、葉月の体を拘束しスリーパー。

早速胸も愛撫し、やりたい放題に責めていきます。

葉月「離しなさいよ」

と、体をくねらせて抵抗する葉月ですが、男ファイターのホールドから中々抜け出せません。

グラウンドに持ち込まれ、さらに厳しい体勢になる葉月。

男ファイターは嫌がる葉月を気にもせず、体をいやらしく愛撫していきます。

葉月のよがる声はめちゃくちゃセクシーですね。

続けて、男ファイターは葉月の脚を取りアキレス腱固め。

さらに、手を伸ばし葉月の股間を愛撫しまくります。

葉月は脚の痛みと、股間の刺激、両方を食らってしまい、顔を歪めてしまいます。

勢いに乗る男ファイターは、葉月の体を脚で拘束し、首絞めや胸揉みを開始。

お尻を突き出す格好で悶絶する葉月。

後ろからでも彼女のプロポーションの良さが伝わりますね。

しかし、ここで葉月の反撃。

首を絞め返し、男ファイターの動きを止めます。

葉月「舐めんじゃないわよ!」

クールな顔立ちなので、強気な口調がいっそう映えますね。

葉月は男ファイターの腕を取ると、腕十字で痛めつけていきます。

技の痛みもさることながら、手に胸が当たる感触も楽しめますね。

M男だけではなく、すべての男にとって嬉しい攻撃でしょう。

グッタリしている男ファイターを起こし、スリーパーで追撃。

如何にパワーのある男と言えど、窒息攻撃は容易には防げません。

口がだらしなく開き、顔色が悪くなっていきます。

しかし、このまま落とされるわけにはいかないと、手を伸ばし葉月の股間を愛撫。

葉月「あっ、やめなさいよ、、アッアッ、やめて、、」

必死に腕に力を込めていた葉月ですが、下からのデリケートな刺激には耐えられません。

遂に力が緩んでしまい、形勢逆転されてしまいます。

上になった男ファイターは、いやがる葉月を正常位の体勢で攻撃していきます。

男「気持ちいいって言え」

葉月「気持ちよくなんてないわよ、、、」

感じた声は出てしまいますが、心までは折れずに抗う姿がいいですね。

生意気な葉月をさらに追い詰めるべく、正常位で責めまくる男ファイター。

しかし、葉月は太ももで男ファイターの顔を捕らえ、逆に体勢を入れ替えます。

ポジションが有利になった葉月は、首を太ももで絞めたまま男ファイターの股間を愛撫。

葉月「ほら、仕返しよ。何こんなおっ立てちゃってるの?」

男「ぐあああ、、」

葉月「私が触る前からこんな大きくしてたの~?」

エロい言葉責めで男ファイターを精神的にも揺さぶっていきます。

これはM男にはたまりませんね。

続けて、電気あんま。

反則と抗議する男ファイターを尻目に、脚をリズミカルに動かしていきます。

時折見せる笑顔がS性を感じさせますね。

葉月「まだやる気?」

余裕の表情で男ファイターに近づく葉月でしたが、男ファイターの体力はまだ残っています。

男「やるに決まってるだろ!」

と、葉月の股間を攻撃し、動きを封じます。

葉月の体を拘束した男ファイターは、なりふり構わず犯しにかかります。

胸を揉み、股間を愛撫し、バトルファックのように責めていきます。

徹底したエロ技に、葉月はアヘ顔を晒して喘ぎ声をあげてしまいます。

葉月の甘い声がリングに響きます。

さらに、男ファイターは葉月の体を関節技で固めます。

身動きの取れない状態で体を弄ばれ、声がどんどんと弱弱しくなっていきます。

葉月「ダメッ、、やめて、、アウッ、、」

男「私の負けですって、言ってみろ、オラ!」

葉月「言わないわよ、、、そんな簡単に認めないわ」

しばらく喘いでいた葉月でしたが、何とか首のクラッチを外し、脱出に成功します。

今度は葉月のターン。

男ファイターを逆エビ固めで捕らえると、エロい手つきで股間を擦っていきます。

男「や、やめろ、、、」

葉月「ホントは気持ちいいんじゃないの?」

男「うあっ、、あああ、、、」

葉月「どんどん固くなってる。直接触ってないのに」

その先を想像してしまうような言葉責めがヤバいですね。

男ファイターは葉月のテクと言葉責めに、体をビクビクさせてしまっています。

さらに、ムチムチの太ももで挟んでの首絞め。

男「つ、強い、、、」

葉月の猛攻に劣勢になっていく男ファイター。

弱いと思っていた相手に翻弄される展開がたまらないですね。

男ファイターもこのまま負けるわけにはいきません。

69の体勢をいいことに、葉月の股間を愛撫。

エロい悲鳴を上げてしまう葉月ですが、負けじと男ファイターの股間を責めていきます。

お互いが相手の弱点を責めていくバトルファック展開。

リングには2人の喘ぎ声が響きます。

ここまで昂ってしまうと、本格的にエロい気持ちになってしまいそうです。

先に音を上げてしまったのは葉月。

男ファイターの股間攻撃から何とか抜け出しましたが、ここぞとばかりに追撃。

体を掴まれると、男が女性にするのは珍しいフェイスバスターを食らってしまいます。

リングに顔を打ちつけられてしまった葉月の動きが止まります。

弱った葉月に怒涛のラッシュを仕掛ける男ファイター。

相手が女であることもお構いなしに、激しい攻撃を繰り出します。

猛攻の締めは、低空ドロップキック。

しかし、この攻めは不用意でした。

葉月は男ファイターの脚を掴み、動きを封じると、股間を思いっきり踏みつけていきます。

思わず悲鳴を上げてしまう男ファイター。

葉月「ほら、踏みつぶしてあげるわ」

男「うあああ、やめろ、、潰れる、、、」

男ファイターの動きが鈍ったことを確認すると、すかさずマウントを取ります。

そして、エロい腰使いで男ファイターの股間を犯していきます。

あまりの気持ちよさに、男ファイターも腰が動いてしまっています。

男「うああ、やめろ、、」

葉月「自分から動いちゃってるじゃない。このド変態」

葉月の罵りも受ける相手からすれば、極上のご褒美ですね。

男ファイターも必死に応戦。

下から腰を突き上げ、葉月を責めていきます。

葉月「いやぁ、、やめて、、、」

男「気持ちいいですって言ってみろよ」

葉月「言うわけないでしょ、、、」

お互いの意地がぶつかるエロい攻防が続きます。

再び69の体勢になった両者ですが、俄然優位に立ったのは葉月。

葉月「ほら、苦しいのと気持ちいいの、どっちなの?言いなさいよ」

葉月のエロい手さばきに、男ファイターは全く責めることができず快楽に溺れ始めます。

男「き、気持ちいい、、、」

男ファイターの口から遂に気持ちいいという言葉が飛び出し、葉月はさらに攻撃の手を激しくしていきます。

この勝負はあくまでプロレスなので、イカせることが目的ではありません。

しかし、葉月のテクの虜になってしまった男ファイターは、愛撫の手が止まると、

物欲しそうな声を出してしまいます。

葉月「あら、やめてほしくなかったかしら?」

完全に上から目線になった葉月は、キャメルクラッチで体を痛めつけていきます。

さらに、サーフボードストレッチ。

男ファイターの背中を踏みつけ、何度もリングに打ちつけていきます。

ここまでボコボコにされたら、女性に対するトラウマが植え付けられてしまいそうですね。

葉月「ほら、何してるの?立ち上がりなさいよ」

フラフラと立ち上がった男ファイターに待っていたのは、卍固め。

さらに、股間を愛撫されまくり、痛みと快楽、どちらもギブアップしてしまいそうな勢いです。

葉月「ほら、どうなの?」

男「あああ!!」

葉月「外したら?もう」

男「アッアッアッ、、強い、、負ける、、」

葉月「素直になりなさい、ほら!」

男「お、女に負ける、、、」

男ファイターは、この現実が信じられない、という表情で悶絶します。

葉月「女に負けちゃうの?ほら、アハハハ!」

男「あああ!!ギブ、、ギブ!!」

葉月「もっとよ」

男「ギブアップ!ギブアップです!ギブアップギブアップギブアップーー!!!!」

何度も敗北宣言を言う羽目になってしまった男ファイター。

クールな目でその様子を見る葉月が最高にエロい!

葉月「私の勝利よ」

男を見下しながら踏みつける葉月。

スタイルがいいので、絵になりますね。

葉月「今回の勝負は私が頂いたわ。女を舐めてると、こういう目にあうのよ」

葉月はまだ攻め足りないのか、大の字で倒れる男ファイターにパンチを食らわせます。

この容赦のなさもSの気質あり。

M女とは思えないほどの責めっぷりですね。

さらに、男ファイターに跨り首絞め。

男「た、助けて、、助けて、、、」

葉月「フフ、助けるわけないでしょ」

男「ぐ、が、が、、、」

葉月「ウフフ、いい顔」

男ファイターが落ちる姿を楽しそうに眺める葉月。

葉月「ほら、どうなっちゃうの?」

男「あああ、、ぐっ、、」

遂に男ファイターの体からパタリと力が抜け、痙攣をし始めてしまいます。

リングには満足そうな葉月の高笑いが響きます。

最後も女の強さを誇示するような踏みつけでフィニッシュ。

葉月「ウフフ、これでホントに私の勝ち」

ここまで徹底的にいたぶられたら、男ファイターはもう二度と彼女に挑もうとは思えないでしょうね。

責める時の言葉責めもいいですし、ギブアップあとのドS責めもいい!

今後も色んな作品に出演してくれそうですが、

今回の戦いを見る限りでは、勝ち作品をもっと増やしても満足度は高いのでは、と感じました。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】