MIXED PROWRESTLING FETISH 01 ~川崎亜里沙 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

MIXED PROWRESTLING FETISH 01

対戦ファイター:川崎亜里沙

SSSが同時期にFETISHシリーズのプロレス編もリリースしたので、今回はこちらを。

ボクシング編同様、戦いの中で起こるエロをテーマにしており、

特に密着度の高いプロレスだと、その設定は生かされますね。

こちらも1作目ということもあり、豪華な2選手が登場です。

第1試合は、もはや説明不要の実力者ファイター・川崎亜里沙。

AVに関しては現在お休み中との事ですが、こういったソフトエロは出続けてほしい女優さんです。

まずはセオリー通り、手四つからスタート。

川崎「あんたみたいな細っちい男に負けるはずないでしょ」

と、男ファイターに真っ向からぶつかっていきます。

先手を取ったのは男ファイター。

組み合いを嫌ったのか、いきなり股間キックで攻撃。

連続で股間を蹴り上げられ、川崎は体勢を崩してしまいます。

川崎の頭を掴み、ヘッドロックで捕らえる男ファイター。

ギリギリと強い力で絞めつけられ、川崎は悲鳴を上げてしまいます。

男ファイターは川崎をリングに転がすと、腕と脚を取って関節を極めます。

男「おら、ギブアップか?」

川崎「ノー、、ノー!!」

早速極上のリアクションを見せてくれます。

いつ見ても彼女は苦しむ様子が上手いですね。

さらに、男ファイターは後ろに回りスリーパー。

そして、密着していることをいいことに川崎の胸を揉み始めます。

川崎の悲鳴が、苦しみから気持ちよさに変わっていきます。

男ファイターの手が下に伸びていき、今度は股間を愛撫。

しかし、川崎は男ファイターの好きにはさせず、エルボーで反撃。

男ファイターもこれにはたまらず拘束を解いてしまいます。

男ファイターの脚を取り、素早い動きで四の字固めを極める川崎。

このあたりの技のかけ方は流石です。

川崎「負けるわけないでしょ」

と男ファイターの脚を破壊していきます。

男ファイターを上から押さえつけた川崎は、お返しとばかりに股間を愛撫し始めます。

川崎「首絞められて気持ちいいんでしょ?ほらぁ」

男「ぐ、、あ、、」

川崎「もっと絞めて?アハハ!」

川崎のドSな笑顔と言葉責めはいつ見ても極上ですね。

しかし、男ファイターもこのまま好きにはさせません。

必死に手を伸ばし、行きついた先は川崎の股間。

まさかの刺激に川崎の口からも喘ぎ声が漏れてしまいます。

男ファイターの首を絞める力が緩んでいき、あっという間に形勢を逆転されてしまいます。

川崎のリングに押し倒した男ファイターは、逆エビ固めで反撃。

そして、股間を愛撫しまくり、痛みと快楽を与えていきます。

川崎「うあああ!!いやぁぁ、、!!」

川崎のエロい悲鳴がリングに響きます。

男「いつでもお前なんかカウント3取れるんだぞ」

と、川崎を抑え込みながら愛撫をする男ファイター。

男ファイター自ら、1、2とカウントをコールしますが、

川崎はレスラーの本能か、カウント3の前で男ファイターを跳ね飛ばします。

再び川崎のターン。

首四の字で男ファイターを締め上げると、無防備の乳首を愛撫。

川崎「ほら、こういうのが気持ちいいんでしょ?アハハ!」

責められている時は今にもイッてしまいそうに、

責めている時はめちゃくちゃ楽しそうに、コロコロと表情を変える川崎は最高ですね。

男ファイターを開放した川崎は、裸締めで拘束。

ここまでガッチリ極まっていれば、このまま失神KO勝ちも狙えます。

川崎「感じちゃってるんでしょ、これで」

耳元で囁かれる言葉責めを聞きながら失神は、ドMならある意味本望でしょう。

しかし、試合はまだ始まったばかり。

このまま終わるわけにはいかない男ファイターは、

手を伸ばして再び川崎の股間を愛撫。

川崎「うああ!いや、、どこ触ってるのよ、、、」

快楽で力が入らなくなってしまった川崎は、ここで決めきれず男ファイターを逃してしまいます。

川崎にDDTを食わらせた男ファイターは、そのまま後ろを取ってバック突きのように腰を動かします。

これは川崎の精神的にも来そうですね。

スリーパーで首を絞められ、お尻を突かれながら、よがってしまう川崎。

男「男には敵いませんって言え。私の負けですって、言えほら。」

川崎「い、いや、、、」

劣勢でも心が折れない様子がいいですね。

男ファイターは、川崎の腕を取り腕十字。

さらに、股間を愛撫するおまけつき。

男「ほぉら、気持ちいいだろ?」

川崎「うああああ、、、」

川崎のリアクションはピンチの時でも映えますね。

しかし、川崎もこのまま男ファイターの好きにはさせません。

強引に技から抜け出すと、体勢の整っていない男ファイターを恥ずかし固めでホールド。

そして、男ファイターの股間に自分の胸を押し当て、いやらしくスライドさせていきます。

川崎のFカップを擦り付けられて、興奮しない男はいないでしょう。

さらに、川崎は男ファイターの脚を無理やり開脚させ、股間を擦っていきます。

川崎「あ~楽しい!こういうことされて嬉しいんでしょう?アハハハ!」

男「やめろ、やめろ、、、」

川崎「やめてほしいの?続けてほしいの?どっち?嬉しそうじゃない」

笑顔だけでなく、この蔑むような目もたまらん。

ドMなら、続けてください、と早くも屈服してしまいそうです。

快楽の次は痛みを男ファイターに与えていく川崎。

キャメルクラッチで、男ファイターの腰を破壊していきます。

川崎「イッちゃうの?」

男「うあああ!!」

川崎「どうイッちゃうんだろうねぇ」

この場合のイクは絶頂というわけではないでしょうが、彼女が言うとエロく聞こえますね。

男ファイターが苦しむ姿を見て、楽しそうに笑う姿がSであることを物語ります。

続けて、脚を取って逆エビ固め。

もちろん、股間を愛撫することも忘れていません。

お尻もムチムチでたまりません。

顔よし、スタイルよし、S性よし、と天は彼女にいくつもの恩恵を与えていますね。

川崎のプロレス技とエロテクにより、満身創痍になっていく男ファイター。

川崎「私に勝てると思ったのが大間違いなんだよ」

余裕ぶりを見せつけ、男ファイターの頭を掴んで立たせようとする川崎。

しかし、ここで男ファイターのローブローが炸裂。

川崎は悲鳴を上げてダウンしてしまいます。

一転、ピンチに陥った川崎。

男ファイターは川崎の体を高々と持ち上げると、、、

パワーボムでリングに叩きつけます。

激しく背中から落としていきましたが、川崎の受けの技術があるからこそ、リアリティが増しますね。

そして、そのまま正常位のような体勢で腰を振る男ファイター。

さらに、まんぐり返しの体勢で股間を愛撫。

ガードができない川崎は、悲鳴を上げることしかできません。

川崎「うああ!!やめて、、、」

川崎の弱弱しい顔が、めちゃくちゃそそりますね。

股間を愛撫されまくり、フラフラになった川崎。

男ファイターは、川崎に休む時間も与えず、無理やり立たせます。

そして、川崎の体を抱えると、、、

今度はブレーンバスター!

いかに川崎と言えど、投げ技を2度されたらダメージは深刻。

立ち上がろうにも体が言うことを聞きません。

男ファイターの猛攻は続きます。

川崎の体を起こし、コーナーに放り投げ、次の技の準備に入ります。

川崎の素晴らしいところは、表情を崩さず最後まで試合に入り込んでくれるところですね。

表現力のない女優さんだと、技を受けた後ピンピンしたりしますが、

川崎はダメージが残ってフラフラの状態や表情を巧みに表現しているのが最高です。

コーナーに上らされた川崎に待ち受けていたのは、男ファイターのアルゼンチンバックブリーカー。

川崎の腰がギリギリと悲鳴を上げます。

川崎「うあああ!!」

男「ほら、ギブアップだろ?男には敵いませんって言っておけ!」

川崎「ノーー、、、」

ここも何とか耐えた川崎ですが、男ファイターの責めは止まりません。

今度は川崎の股間に膝を立て、グリグリと刺激。

さらには胸揉みもプラスし、体に快楽を植え付けていきます。

川崎「あはぁぁぁ!うあぁぁぁ!いやぁ、、、」

男「負けですって言えよ、ほら!」

川崎「いやぁ、、、」

よがりながらも、必死に耐える姿に萌えますね。

男ファイターに容赦なくいたぶられてしまっている川崎。

男ファイターは川崎を立たせると、ビンタを何発も川崎に食らわせていきます。

グロッキー状態の表情も、ピンチ感がめちゃくちゃ出ていい感じです。

川崎は、男ファイターのビンタ攻撃の前に遂にダウンしてしまいます。

強い美女ファイターが、一方的に攻撃され倒れてしまうという展開に、

ヒロインピンチものが好きな人は、たまらないんじゃないでしょうか。

フラフラの状態でも諦めずに男ファイターに向かっていく川崎。

お互いがビンタを繰り出す流れになりますが、

川崎の攻撃にはまともに力がこもっていません。

逆に激しさを増していく男ファイター。

力強い攻撃が川崎の顔面を捉えます。

連続でダウンさせられてしまい大ピンチ。

試合は劣勢になっていきますが、それでも立ち上がろうとする姿に思わず応援したくなってしまいます。

実際に彼女の試合を見に行っている人たちは、そんな感情になっているのでしょうね。

殴り合いでは分が悪いと見た川崎は、戦い方を変えていきます。

男ファイターの腕を掴み、エルボーでダメージを与えていき、

前蹴りで体勢を崩しにかかります。

男ファイターを放り投げ、コーナーに追い詰めることに成功した川崎。

そして、これまでの借りを返すように、男ファイターをサンドバック状態に。

力のある蹴りが男ファイターの体を蝕んでいきます。

さらに、川崎は脚で男ファイターの体を押しつぶしていきます。

蹴られるのも辛いですが、このように力を込められるのもダメージが蓄積されてしまいます。

男ファイターは川崎の猛攻に耐え切れず、遂にリングにダウンしてしまいます。

川崎は男ファイターの脚を掴んで電気あんま攻撃。

川崎「ほらぁ、ねぇ、気持ちいいんでしょ?」

再びドSな表情が帰ってきました。

責める時のこの顔、とにかくそそります。

男ファイターも負けじと反撃。

自らの脚を川崎の股間に当て、電気あんまの応酬になります。

共に相手の股間に刺激を当てていく我慢比べの展開。

喘ぎ声は川崎の方が大きいため、若干流れが男ファイターに傾きます。

立ち上がった両者は、再びビンタをしあいます。

男ファイターにとっては、打撃では自分が有利と思っているため、

余裕の口ぶりで川崎に打撃を与えていきます。

しかし、今度の川崎は違いました。

体力が回復したこともあってか、パワーのあるビンタを男ファイターに浴びせていきます。

思いがけない威力に男ファイターの脳は揺さぶられ、ダウン。

男ファイターにとっては想定外だったことでしょう。

男ファイターの腹をグリグリと踏みつける川崎。

試合の途中での踏みつけは、女性の優位性を見せつけるようで、好みの演出です。

川崎の踏みつけは実に絵になりますね。

男ファイターのマウントを取った川崎は、首を腕で絞めながら股間を触り始めます。

川崎「嬉しいんでしょ?こういうのが好きなんだよねぇ?」

男ファイターは川崎の胸を揉み、抵抗しますが、

胸を揉まれるだけでは、今の川崎は止められません。

ならばと股間攻撃に切り替えた男ファイター。

これには川崎も流石に顔を歪めてしまいます。

川崎「あうっ、、いやぁ、、、」

しかし、ここを勝負ところと見た川崎は、腕の力を緩めません。

川崎「ギブアップするのはそっちよ。早くギブアップしなさいよ」

この我慢比べは川崎に軍配が上がり、男ファイターは苦しさのあまり愛撫の手が止まってしまいます。

川崎「さっき、私のこと舐めてたわね?」

男ファイターの頭を掴んで立ち上がらせると、男ファイターの体をクラッチ。

そして、男顔負けのパワーボムが炸裂!

如何に力のある男ファイターと言えど、川崎の攻撃を食らって無事に済むはずがありません。

背中に大ダメージを負ってしまった男ファイターは、呻き声をあげたまま動くことができません。

川崎はフォールにいかず、オリジナルホールドでトドメを刺しにいきます。

川崎「細っちいから女に負けるのよ!」

男「うあああ!!折れる!折れる!!」

川崎「ギブアップしなさい!早く!早く!!」

川崎のドSな言葉責めとガッチリ極まった技で、男ファイターの心は折れてしまいました。

男「あああ!ギブ!ギブアップー!!」

川崎「ちゃんとしゃべんなさいよ!大きい声で!!」

男「ギブアップーー!!許してくれー!!」

川崎「もう一回!」

男「ギブアップーー!!!」

見事な川崎の責めにより、情けない完全敗北を喫してしまった男ファイター。

やはり相手が悪かったですね。

ドヤ顔で男ファイターを踏みつける川崎。

川崎「分かった?女に勝とうなんて早すぎるのよ」

男「くそ、、くそぅ、、、」

エロありでのMIXファイトでは負けが多い印象でしたが、

脱ぎなしのソフトエロなら、彼女の強さがハッキリ出ますね。

元々キャットファイトで強いファイターは、

MIXファイトでも勝っていて欲しいと思う派なので、

今回の川崎の勝利は実にしっくり来て、満足できるものでした。

脱がなくても十分エロい、十分そそる試合ですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】