インフィールドMIXボクシング 01 ~志恩まこ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

インフィールドMIXボクシング 01

対戦ファイター:志恩まこ

第2試合は、切れ長の目がいかにもSっぽい美女・志恩まこと対決。

志恩「私の方が強いんだからね」

と生意気な表情で男ファイターに襲い掛かります。

その言葉通り、序盤から飛ばしていく志恩。

力強いパンチが男ファイターにヒットします。

志恩「効いてきてるでしょ?アンタみたいなザコ、相手にならないのよ」

笑顔で攻めるタイプの女性は、S性が高めなので見ていて気持ちがいいですね。

女性に圧倒されてしまうシチュエーションの雰囲気がめちゃくちゃ出ます。

しかし、男ファイターもやられっぱなしではありません。

志恩の挑発に怒り心頭の男ファイターは、パンチで応戦し、流れを引き寄せます。

男ファイターのパワーに劣勢となった志恩は、ロープを背にしてしまい

パンチを浴びてしまいます。

志恩「あぅ、、ぐっ、、もっと、、来なさいよ、、全然、、へなちょこパンチじゃない」

必死に耐える志恩ですが、減らず口は健在。

しかし、男ファイターの強烈なストレートでダウンを奪われてしまいます。

リング上で悶絶する志恩。

キレイな顔を歪めて苦しむ様子が中々セクシーです。

コスチュームのせいで貧乳に見えてしまいますが、Eカップの持ち主なので、

時折覗く谷間がエロさを垣間見せます。

ダメージを負ってしまった志恩は、ロープの力を借りてよろよろと立ち上がります。

強気だった女性の、弱弱しい姿は非常に見応えがありますね。

ですが、最初にダウンしてしまった屈辱はすぐに返しに行きます。

先ほどよりも激しいラッシュを浴びせていき、男ファイターは防戦一方。

まだ体力は残っていますが、志恩の勢いに押されリングに倒れてしまいます。

志恩「あ~情けない顔ねぇ。ほら、立ってみなさいよ、アンタ」

ダウンした男ファイターに容赦なくパンチを追撃していく志恩。

ここのルールでは反則にならないため、これでもかとダメージを与えていくドSっぷり。

声質も生意気なので、言葉責めがそそりますね。

カウント6で立ち上がった男ファイターに、志恩のプレッシャーが迫ります。

志恩「まだまだ楽しませてよ」

キレイなワンツーを軸に男ファイターを追い詰めていく志恩。

パンチを打つときに、しっかり片方の拳で顎をガードしているので、

彼女のファイト系のポテンシャルは相当高いのではないでしょうか。

ダウンした男ファイターを踏みつける姿もエロい。

こんな冷ややかな目を向けられたらドMは我慢できないでしょうね。

志恩「体力なさすぎでしょ。オラ、立ちなさいよ。クソザコさん?」

年下美女になじられたいという人には、最高の逸材です。

男ファイターもこのままでは終われません。

散々なじられたお返しをしようと、攻撃に転じます。

志恩「出してみなさいよ、へなちょこパンチを」

と挑発する志恩ですが、そのパンチを食らい顔を歪め始めます。

志恩「うっ、、ぐ、、中々効くわね、、、」

さすがの志恩も男の腕力で殴られ続けられたらダメージが蓄積していきます。

そして、体勢を崩したところに狙いすましたアッパーカットが炸裂。

志恩の顎が天井に向いてしまいます。

志恩「ぐあっ、、はぁはぁ、、、」

肩で息をして苦しむ志恩。

ダメージを食らっている時でも、強気な表情を崩さない負けん気の強さを持っているので、

思わず負ける姿も見てみたいと思ってしまうような魅力がありますね。

志恩「まだできるわよ」

と笑顔で余裕ぶりをアピールする志恩ですが、ダメージは決して軽いわけではありません。

男ファイターはここぞとばかりにパンチを食らわせ、主導権を握りにかかります。

志恩はロープに追い詰められる苦しい展開に。

しかし、志恩も負けじと応戦。

不利な体勢からパンチを浴びせ、流れを徐々に取り戻していきます。

お互いが殴り殴られ、激しい攻防戦が繰り広げられます。

時間が経つにつれ、回転数が上がってきたのは志恩。

勢いを殺せない男ファイターは、逆にコーナーまで追い詰められてしまいます。

志恩「ほらぁ、どうしちゃったの?」

強気な口調も戻り、男ファイターは遂にダウンを喫してしまいます。

志恩「弱かったわねぇ~まだまだ、ほら、かかってきなさいよ」

男ファイターは脚に力が入らないのか、カウントが進んでも中々立ち上がることができません。

志恩「どうしたの?立ち上がんないの?弱かったねぇ、キミ」

顔を近づけ挑発する志恩。

相手をキミ呼ばわりする言葉責め、最高です。

これをアドリブで言ったのだとすれば、M男の心理をよく理解してくれていますね。

何とか立ち上がった男ファイター。

年下にここまでコケにされて、黙っているわけにはいきません。

力を振り絞り、反撃開始。

ボディの連打から、顔面へのストレートを浴びせ、再び志恩をマットに沈めます。

整った顔を苦悶の表情で歪めてしまう志恩。

ダウンした時のリアクションもエロいですが、

立ち上がる時の負けん気の強い顔が、Sっぽさがにじみ出ててそそります。

再び打ち合いとなる両者。

志恩は基本に忠実に、ワンツーで男ファイターに襲い掛かります。

志恩「さっきまでの威勢はどうしたの?反撃してみなさいよ!」

対する男ファイターは強烈なパンチで、志恩の動きを鈍らせます。

手数の志恩とパワーの男ファイターの攻防。

男ファイターの一撃で、志恩は一度膝をついてしまいますが、カウント1で立ち上がり試合を続行。

足の止まった志恩に、男ファイターは畳みかけるようにパンチを食らわせていきます。

ですが、志恩は脅威のタフネスを見せ、中々倒すことができません。

すると徐々にペースを取り戻してきた志恩のラッシュ。

華麗なワンツーからのアッパーカットで、男ファイターからダウンを奪います。

志恩「もう立ち上がれないんじゃないの?情けない顔ねぇ」

髪が長いと表情が見えにくいことがよくありますが、一人称アングルのため

志恩の見下し顔がはっきり見えていいですね。

これで俄然、志恩が有利かと思われましたが、男ファイターも粘ります。

生意気な志恩を黙らせるように強力なパンチを右、左と放ちます。

その度に志恩の顔が跳ね上げられ、徐々にコーナーまで追い詰められてしまいます。

ボディを殴られるたびに

志恩「はうっ、、あっ、、ぐっ、、」

とセクシーなうめき声を出す志恩。

エロに振り切らず、あくまで試合中の悲鳴というのがポイントが高いですね。

コスチュームから覗く谷間やすらっと伸びた脚。

そして、苦しみながらも闘志は消えていない表情など、そそるポイントが多い志恩。

何度もダウンしていますが、心が折れていない様子が伝わります。

一気に勝負をつけたい男ファイターは、立ち上がってきた志恩に容赦なくパンチを食らわせていきます。

しかし、これを必死に耐える志恩。

志恩「アンタのへなちょこパンチなんて、全然」

とここでも強気の姿勢を貫いています。

彼女のアスリート的な雰囲気は、真剣勝負的な作品にビタッとハマりますね。

そして、耐えた後は怒涛の反撃。

キレのよいパンチが次々に男ファイターにクリーンヒット。

志恩「アハハ、ほら、もう終わり?」

止まらないラッシュに、男ファイターは思わず崩れ落ちてしまいます。

志恩「今度こそ終わりね。どうした?へなちょこ野郎」

倒れた男ファイターに容赦なくパンチと言葉責めを浴びせていく志恩。

ロリ的な雰囲気もあるので、後輩に負ける先輩シチュエーションとかでも映えそうです。

男ファイターのダメージは深刻。

それでも一縷の望みを繋ぐように必死にパンチを志恩に当てていきます。

ボディに固め打ちし、下から崩していこうと攻めていきますが、、、

もはや力の乗っていない拳では志恩を倒すことはできません。

志恩「何か威力が弱くなってきてるんじゃない?ほら!これがパンチよ!」

志恩「もっと楽しませてくれると思ったけど、もう意識なくなっちゃうんじゃない?」

志恩「もうフラフラしてんの?まだまだよ」

サンドバック状態の男ファイターは、手を出すこともできず、ゆっくりと崩れ落ちます。

志恩「アンタにしてはよく頑張ってるんじゃない?次立ち上がってこれたら褒めてあげるよ?」

男のプライドをバカにするような言葉責めのチョイスが本当に上手い。

年下による上から目線ってどうしてこんなにいいんですかね。

最後の力を振り絞って、何とか立ち上がった男ファイター。

志恩は嬉しそうにトドメを刺しにかかります。

志恩「もう負けを認めたら?」

ラッシュをかける志恩ですが、ここで男ファイターのある変化に気づきます。

志恩「もしかして、気持ちいいの?これ。殴られて気持ちいいんじゃない?」

男ファイターのマゾ性を感じた志恩は、さらにドSの表情になり、パンチを浴びせていきます。

志恩「こうやって強くされるのがお好みなの?」

志恩「それとも、ゆっくりされるのが好き?」

志恩「アンタ、殴られてチ〇ポおっ立ててるんじゃないでしょうね?」

相手の反応を見ながら、責めや言葉を変えていく感じがたまらなくエロいですね。

志恩「これが好きなんでしょ?」

志恩「もしかして、こんなフラフラで、もうイキそうなんじゃないの?」

志恩「私のパンチが気持ちよすぎて、チ〇ポ立たせるとか、マジでキモイんだけど」

最後までM男を追い詰める言葉責めを発し続け、

トドメはアッパーカット!

強さとエロさ、両方を兼ね備えた見事な攻めです。

リングに大の字でダウンしてしまった男ファイター。

志恩「私のパンチで気持ちよくなるとか、マジヤバいから」

しかし、M男にとっては、それを望んでいる人も多いのが事実w

カウントは進みますが、男ファイターは今度は立ち上がれずKO負けとなってしまいました。

勝利者の志恩は、追い打ちでパンチを食らわせていきます。

志恩「こういうパンチがお好み?」

容赦なく体に打撃を与えていくと、どうやら男ファイターは気持ちよがっているよう。

志恩「え?パンチでイキそうなの?」

こんな魅力的な女性に責められてしまえば、そうなってしまうのも無理はありませんね。

完全敗北を喫してしまった男ファイターは、自分を見下す志恩を眺めることしかできません。

クールで強気な美女ファイターの見下し顔は最高ですね。

正直、見るまではあまり期待していなかったのですが、

男を責める時の生意気かつ楽しげな表情、

コスチュームに隠された魅惑的な体つき、

相手の心を揺さぶる言葉責めなど、中々光るものをいくつも持ち合わせている女性ファイターでした。

プロレスやバトルファックにも出演しているので、機会があったら見てみたいですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】