彼女とプライベートでエロプロレス02 ~涼花くるみ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

彼女とプライベートでエロプロレス02

対戦ファイター:涼花くるみ

第2試合は、スレンダー小悪魔美女の涼花くるみ。

涼花「私と前からプロレスしたいってたのホントだったんだぁ」

彼氏の性癖に戸惑いながらも付き合ってくれるいい子ですね。

会話のやり取りをしながらコスチュームに着替えた涼花。

胸はそこまでありませんが、セクシーコスチュームがエロさをアップさせてくれています。

コスチュームを着てテンションが上がってきたのか、

涼花「頑張るぞーおー!」

とノリノリです。

試合開始。

まずは手四つで組み合いますが、この体格差では、涼花は圧倒的不利。

ロックアップに移行しますが、パワーの差は何ともできません。

しかし、小悪魔・涼花は正直にパワー勝負に付き合う気はありませんでした。

男ファイターの一瞬の隙をつき、ローブローをかまします。

完全に予想していない攻撃を食らい、男ファイターはダウンしてしまいます。

すかさず男ファイターの首を太ももで絞め上げる涼花。

このドSなドヤ顔がたまりません。

男ファイターの苦しむ顔を凝視して、実に楽しそうな笑みを浮かべます。

さらに、涼花は体勢を変え、締め上げを強めていきます。

太ももで絞められ、お尻で踏みつぶされ、男ファイターの口から苦しそうな声が漏れます。

涼花「何?興奮してんの?」

涼花の言葉責めは中々いいですね。

彼女だからこそ、男ファイターの弱いところも知り尽くしているのでしょう。

男ファイターの股間を愛撫し、刺激を与えていきます。

涼花「何何なに~?興奮しちゃってんの?」

男「き、気持ちいい、、やめろ、、、」

涼花「アハハ、気持ちいいんだぁ?負けちゃうよ」

序盤からのエロ攻撃に男ファイターはタジタジです。

ここで男ファイターも反撃。

パワーで強引に技から抜け出すと、そっちがその気ならとエロ攻撃で応戦。

逆エビ固めをかけながら涼花の股間を愛撫していきます。

涼花「うああああ、、」

と気持ちよさそうな声を出す涼花ですが、ヤラレてばかりではありません。

よがりながらも手を男ファイターの股間に伸ばして愛撫を仕返し。

責める側だと思っていた男ファイターは、まさかの刺激に動きが鈍ってしまいます。

涼花のテクにより、あっという間に形勢逆転。

男ファイターの体を押さえつけ、小悪魔の笑顔で乳首を愛撫。

ペロリと舌を出しながら責める姿がめちゃくちゃエロいです。

個人的には巨乳派ですが、マゾの巨乳より、サドの貧乳の方がそそりますw

さらに、男ファイターの乳首を舐めて刺激を加えます。

顔が小さいので、チロチロと舌で愛撫する様子が実に可愛い。

幼さと妖艶を兼ね備えたルックスで男ファイターを追い詰めていく涼花。

涼花「負けないんじゃなかったのぉ?」

挑発的な言葉責めで男ファイターの股間を愛撫し、優位に立ちます。

責める時の表情の豊かさは本当に重要ですね。

男ファイターのコスチュームを脱がせ、フェラを開始。

涼花「大きくなってるよ?何で?」

男「ああああ!やめろ、、」

極上の責めで、男ファイターの喘ぎ声は大きくなる一方。

見事な痴女っぷりを発揮しています。

さらに、涼花は男ファイターをうつ伏せにして押さえつけます。

そして、まるで牛の乳を搾るかのように手でしごいていきます。

男「あああああ!!」

涼花「どうしたの?どうしたの?どうしたのぉ~?」

男「アッアッアッ!!」

涼花「全然強くないじゃん」

彼女にここまで言われてしまうと、男のプライドは丸つぶれですね。

責めの手を緩めない涼花は、69の体勢にしてフェラを再開。

男ファイターも必死に反撃を試みますが、リングに響くのは男ファイターの声ばかり。

涼花「負けちゃう?ねぇ、負けちゃう?」

男ファイターは質問に喘ぐことでしか返せません。

さらに激しさを増す涼花のフェラ。

男「あああ!ヤバいヤバいヤバい、、、」

一方的な責めに男ファイターは早くも限界を迎えてしまいそうな勢いです。

このままフェラで勝負をつけることもできそうですが、昂っているのは涼花も同じ。

男ファイターの上に跨り、

涼花「入れちゃおうっかなぁ」

と騎乗位で挿入。

この相手をバカにしているかのような、生意気な騎乗位たまりません。

気持ちよさそうな顔で男ファイターを犯していく涼花。

無理やり唇を奪われ、女性上位で責められていく展開はM男にとってはご褒美。

男ファイターも何とか反撃しようと、下から腰を突き上げますが、

涼花はそれさえも許さず、ボディブローで相手を黙らせます。

このドSな責めっぷりは、普段Mでない男でも調教されてしまいそうですね。

ならばと男ファイターは涼花の首を掴み、強引に流れを断ち切ろうとします。

涼花「うぐ、、あっ、、」

これには、さすがの涼花も責めを止めるしかありません、、、

と思いきや、こちらも首を絞め返し。

加えて腰もいやらしく動かしていきます。

もはや首を絞めるだけでは、彼女の痴女性を止めることはできません。

涼花「あれぇ?腰動いちゃってるよ?」

とサディスティックな笑顔で、男ファイターへの責めを続行します。

ほとんど限界間近の男ファイターですが、ここで最後の力を振り絞り正常位に移行。

必死に腰を動かし逆転を狙います。

涼花「うふふ、ギブアップしないよ?」

責められているにも関わらず、この余裕の表情。

彼女のS性は相当高いですね。

しかし、生意気な涼花の鼻を明かしてやろうと男ファイターも怒涛の責めを見せます。

先ほどよりも激しく腰を振りまくり、刺激を何度も与えていきます。

余裕だった涼花ですが、徐々によがり声が大きくなっていきます。

そして、涼花の細い首を絞めながらピストン攻撃。

男「ギブアップしろ」

涼花「し、しない!しない!ううううう、、、」

あれほど強気だった涼花の顔が歪んでいきます。

男ファイターは、涼花のコスチュームに手を掛け脱がしていきます。

涼花の上半身が露わになり、表情も弱弱しくなっています。

色白でキレイな体をしていますが、リング上だと一層映えますね。

体を起こした涼花は、体位を駅弁に変え反撃開始。

涼花「絶対ギブアップしないから」

と、激しく腰を振り返します。

この責め合いは涼花が制し、男ファイターは思わず崩れ落ちてしまいます。

再び騎乗位の体勢で男ファイターを責めていく涼花。

涼花「ねぇ、ギブアップは?」

と男ファイターの顔をビンタ。

男ファイターも負けじとビンタを返し、お互いの意地がぶつかります。

涼花「ほらほらほらほら!」

責める時の表情のエロさは一級品。

男ファイターを激しく犯していく涼花ですが、男ファイターも必死に抵抗します。

涼花のエロ攻撃を耐え切った男ファイター。

今度は男ファイターのターンです。

体勢を正常位に押し戻すと、完全に主導権は男ファイターに移ります。

涼花は首を振り必死に感じてないアピールをしますが、表情がとろけていき、

それがハッタリだというのがよく分かります。

完全に動きを拘束されてしまった涼花。

こうなってしまうと、体格で劣る涼花にとっては大ピンチです。

涼花「やだぁ、、負けない、、アッ!ダメダメダメ!!ああああ!!ダメ!!アッ!!」

涼花の抵抗虚しく、犯されまくる展開。

序盤の有利は完全に覆されてしまいました。

男ファイターの責めに遂に屈してしまった涼花。

涼花「ギブアップ、、、イッちゃった、、イッちゃったからぁ、、、」

負けを宣告する涼花ですが、

男「何がギブアップだ」

と、男ファイターはまだまだ許しません。

体を押さえつけ、さらに涼花に徹底的な敗北を植え付けていきます。

男「私はあなたの奴隷ですって言え!」

涼花「私はぁ、、あなたの、、奴隷ですぅぅ、、、」

体が敏感になっているせいか、呂律の回らない声でよがりまくる涼花。

涼花「あああ、、イッちゃうーー」

と連続でイカされてしまいます。

男ファイターは、涼花をうつ伏せにさせるとトドメのバック突き。

スリーパーまで加わり、涼花は気持ちよさと苦しさの両方の快感を味わってしまいます。

涼花「ギブアップ、、ギブアップですぅぅ」

生意気な小悪魔美女が、男にとことん責められマゾに落ちる姿はそそるものがありますね。

最後は情けない姿を晒し、絶頂敗北。

もはや言葉にならない喘ぎ声を出しまくり、男ファイターに中出しされてしまう結末。

この乱れっぷりは中々文字では表現できませんが、

とにかくエロ過ぎる負けっぷりとだけは強く書いておきます。

試合後は、涼花もスッキリとした表情で、勝利者の彼氏の顔を眺めます。

涼花「負けちゃったぁ」

とろけた表情で、甘えた声を出す姿がめっちゃ可愛い。

さらに、涼花は男ファイターにご奉仕フェラ。

涼花「キレイになったぁ」

と、よく躾けられた奴隷のような立ち振る舞いを見せます。

最後は男ファイターに可愛がられて終了。

最初のドSな責めっぷりから、敗北してイカされ、すっかり調教された姿を見せるなど、

とにかくコロコロと表情を変える様子が素晴らしいです。

Sかと思えばM、クールかと思えば甘えん坊、など

この人の演技力の幅広さには圧倒されますね。

どちらかと言うとひなた澪に注目していた作品でしたが、

中々どうして素晴らしくエロい姿を晒してくれた涼花くるみもお見事ですね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】