バトルファッカーON THE RING 03 ~リングでの決着~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

バトルファッカーON THE RING 03

対戦ファイター:神楽りん

舞台をリングに移し、再び相まみえる両者。

男ファイターは生意気な神楽にリベンジをするべく、果敢に攻めていきます。

神楽はそれを余裕の笑みで受けます。

男ファイターは持ち前のパワーで神楽の体をベアハッグ。

神楽は苦しそうな声をあげ、リングにダウンしてしまいます。

しかし、これは神楽の誘いでした。

一気に攻め立てようとする男ファイターの体を巻き込み、脚でホールド。

シザーズで腹を極め動きを封じます。

このしてやったりのドヤ顔がSっぽくていいですね。

そして、マウントを奪い返すと首四の字。

さっそく男ファイターの乳首を愛撫し、今回は序盤からエロ攻撃を解禁です。

神楽「首絞められながら感じちゃうの?」

男ファイターは苦しさと気持ちよさの交じった声をあげてしまいます。

さらに体勢を変え、締め付けを強くしていく神楽。

男ファイターも何とかしようと神楽の体を触りに行きますが、

容赦なく脚に力を込め苦しめます。

神楽の勢いは止まらず、今度は手と足を拘束しての関節技。

ギリギリと男ファイターの体を痛めつけ、プロレスでも圧倒していきます。

寝技の上手い巨乳美女とか最高ですね。

しかし、男ファイターもこのままでは終われません。

何とか手を伸ばし、神楽のお尻を触り始めます。

神楽「あんっ!ちょっと、、!」

思いがけない反撃に神楽は思わず技の拘束を解いてしまいます。

神楽の体を抑え込み、69の体勢で愛撫を開始する男ファイター。

神楽「やだ、、そんなとこ弄らないで、、、」

神楽の口から可愛い悲鳴が漏れます。

しかし、神楽もヤラレっぱなしになることなく、抵抗を見せます。

リング上では早くもバトルファックらしい展開が繰り広げられます。

お互い責め合う状態ではらちが明かないと感じたか、

神楽は体勢を起こし、顔面騎乗。

いやらしく腰を振り、体にフェザータッチ。

ドMにとってはご褒美のような責めを発揮します。

さらに、神楽は位置を男ファイターの股間にスライド。

直接股間同士を擦り合わせ、一気に刺激を与えていきます。

神楽「あんっ、すっごく擦れる」

男「うああああ、、、」

痴女スイッチが入った神楽は、妖艶さが格段に跳ね上がりますね。

テクニシャンの神楽は、抵抗をしようとする男ファイターの手を掴み、

バック騎乗位の体勢で一方的に犯しにかかります。

腰を振られるたびに、情けない喘ぎ声をあげてしまう男ファイター。

神楽のエロテクに手にも脚も出ません。

男ファイターの体をホールドし、楽しそうに責めまくる神楽。

無防備の状態で責められる展開が続き、完全に神楽のペース。

神楽「ほら、ビクビクしてんじゃん。男のくせに好き勝手されちゃってるねぇ」

さらに、乳首舐め。

エロ過ぎる舌使いで男ファイターをねっとりと責めていきます。

こんな密着状態で愛撫されたら、どんな男でも簡単には逃げ出せないでしょう。

神楽の責めの虜になりかかっている男ファイターに、容赦のない追撃。

口塞いであげる、と巨乳で圧迫。

自分の武器を知り尽くした攻撃に、男ファイターの喘ぎ声が止まりません。

このままでは一方的に責められて終わってしまうと感じたか、

男ファイターは力を振り絞って神楽のコスチュームを脱がせにかかります。

露わになった神楽の巨乳に襲い掛かる男ファイター。

直接刺激を与えて、流れを取り戻そうと画策しますが、

神楽も負けじと股間を愛撫し抵抗を見せます。

胸を晒されただけでは崩れない神楽は、69の体勢でフェラ。

男ファイターのコスチュームを脱がすと、エロいフェラで男ファイターに刺激を与えていきます。

男ファイターも抵抗しますが、エロテクの実力差は明らか。

リングには男ファイターの喘ぎ声だけが響きます。

ぐったりとした男ファイターを後ろから抱えた神楽は、

脚で無理やり開脚させ、手コキ攻撃を繰り出します。

男「あっあっ、、気持ちいい、、」

神楽「気持ちいい~?」

神楽のテクにの前では嘘はつけず、男ファイターは早くも気持ちいい、と口に出してしまいます。

豊満な巨乳を押し付けながらのベロチュー。

これはだいぶヤバいですね。

まだまだ中盤とは言え、神楽の手にかかればこのまま絶頂に誘うことも可能でしょう。

男「アッアッアッ!気持ちいい、、」

神楽「首絞められながらしごかれるの気持ちいいの?」

男「アッアッアッ!」

神楽「いつからそんなドMになったの?変態だね」

神楽の責めに、体をビクビクさせて感じまくってしまう男ファイター。

体からどんどん力が抜けていっていくのが分かりますね。

神楽に徹底して股間をしごかれまくった男ファイター。

さらに極上のフェラでしゃぶられまくり、既にビンビンの状態です。

男ファイターの股間が限界に近づいていることを感じた神楽は、騎乗位でインサート。

神楽「ああ~入っちゃった」

男「アッアッアッアッ!!」

神楽「あ~気持ちいい~犯されて気持ちいい?」

男「気持ちいい、、、」

激しく上から腰を落とし、男ファイターを犯していく神楽。

神楽「ほら、チ〇ポ、おマ〇コでしごかれちゃってるよ」

神楽のエロい言葉責めも加わり、ほぼドミネーション状態になっていますが、

ここで男ファイターが息を吹き返します。

神楽を無理やり押し倒すと、コスチュームを脱がせ、正常位で犯しにかかる男ファイター。

これまでのお返しとばかりに激しく腰を振りまくり。

神楽「アッアッ、、何調子乗ってるのよ、、あああ!!」

責めていた神楽もノーダメージだったわけではなく、

男ファイターの責めに感じた声を出してしまいます。

神楽「アッアッアッ、、気持ちいい、、気持ちいい、、、」

男ファイターの責めにだんだんととろけた声が出てしまう神楽。

男ファイターはここぞとばかりに、さらに速度を高めていきます。

神楽「イっちゃう、、アッアッアッ、、ダメダメ、、ちょっとやめてよ、、イッちゃう、、、あああ!!」

男ファイターの責めに軽くイッてしまった神楽。

それでも男ファイターは腰を動きを止めません。

神楽「待って、、イッたばかりなのに、、、」

男「ギブアップか?」

神楽「ノー、、ああああ!!!」

何とかギブアップだけはしまいと抵抗を見せる神楽ですが、

このままいけば、敗北は時間の問題。

リングには神楽のエロい喘ぎ声が響きまくっています。

しかし、ダメージだけ言えば男ファイターの方が遥かに蓄積されており、攻勢も長くは続きません。

男ファイターの責め疲れを見抜いた神楽は、体を起こし自ら腰を振りまくります。

神楽「仕返ししてあげる」

男「うああああ!!!」

リングに倒れこんでしまった男ファイターに神楽が襲い掛かります。

バック騎乗位の体勢になると、もう遊びの時間は終わりと言いたげの激しい責め。

男ファイターも下から突き上げますが、神楽の動きを止めるまでには至りません。

もはや動きが鈍くなっている男ファイターは、神楽のオナニーマシーン。

神楽「すっごいね。女に犯されちゃってるよ?男のくせに」

男「ああああ!!気持ちいい、、、」

神楽「ギブしなよ」

神楽のアヘ顔と言葉責めがとにかくセクシーですね。

男「あああ、気持ちいい」

神楽「気持ちいい?じゃ、もう一回するね」

男「あああああ!!!」

神楽「ほら、ギブしちゃいなよ!」

強情な男ファイターに騎乗位でトドメを刺しにかかる神楽。

既にマグロ状態になっている男ファイターは、神楽のキスを存分に味わったまま、

情けない喘ぎ声を出すのみです。

神楽は男ファイターの首を絞めて激しいピストン攻撃。

男「アッアッアッ!!イク、、、」

神楽「いいよ、イって、ほら!イキなよ!」

男「ああああ!イク!!イクイクーー!!!あああああ!!」

イっても尚も腰を振り続ける神楽。

これには男ファイターも心が完全に折れてしまいます。

男「アッアッアッ!!ギブギブギブ!!」

大絶叫のあと、激しく体を痙攣させる男ファイター。

神楽のテクの前に完膚なきまでに叩きのめされてしまいました。

神楽「ほら、やっぱ私の勝ちじゃん、認めなさいよ」

男「うあ、あ、、」

神楽「ごめんなさいは?」

男「ごめ、、ごめんなさい、、、」

神楽「ウフフ、許してあげる」

エロボディを見せつけ、男ファイターの顔を踏みつける神楽。

小悪魔の笑顔が相手を屈服させた喜びに満ち溢れてますね。

神楽「また今度可愛がってあげるね」

神楽は男ファイターにそう言い放ち、リングから去っていきます。

年下の女子相手に圧倒的な敗北を喫し、イカされてしまう屈辱展開がよく出ていました。

受けのリアクションもエロいので、恐らくM作品でも行けるでしょうが、

小生意気な巨乳ファイターのS勝ちは、とにかく設定だけで興奮できます。

良い内容でした!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】