レズ女子プロレスコロシアム5 ひなた澪とNIMOがイカセ合う【運命の三本目】

9月 30, 2019

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

レズ女子プロレスコロシアム5

対戦ファイター:ひなた澪 VS NIMO

 

1対1のイーブンで迎えた三本目。

後輩相手に2度も負けるわけにはいかないひなた選手。

世代交代を果たしたいNIMO選手。

どちらも勝ちたい理由があります!

ゴングが鳴ると、いきなりNIMO選手を抱きかかえキスをするひなた選手。

ひなた「あたしとのキス病みつきになっちゃうでしょう?」

NIMO「ん!んんんーーはぁ、はぁ、、」

キスに絶対的な自信がありそうなひなた選手、いきなりエンジン全開です。

強引にマットに倒すと、早速NIMO選手のコスチュームを脱がせます。

太ももで首を押さえつけつつ手マンを繰り出すひなた選手。

NIMO「さっきあんなにイキまくってたのに」

ひなた「あなたもでしょ」

このままではイカされてしまうNIMO選手。

自由の効く右手でひなた選手の乳首を責めます。

お互いが胸を刺激する構図に。

ひなた「わたしは全然余裕よ。、、、アッ!」

NIMO「そんなこと言ってる割に、、うう、どんどん股熱くなってるけど」

お互いの意地がぶつかります!

何とか押さえつけから脱出したNIMO選手。

ひなた選手のコスチュームを脱がせ、乳首同士をこすりつけます。

セクシーな声で喘ぐひなた選手。

これをされてよがらない人はいないでしょうねw

さらに責め立てるNIMO選手。

NIMO「ほら、感じてるの?もうイキそうになってるじゃない」

ひなた「ああああ!!!あん!!!」

NIMO「イッちゃったのぉ?」

イッてしまったひなた選手はコスチュームを全て脱がされ全裸に。

防御力は0です!

このチャンスを逃さないNIMO選手は手マンで追撃。

NIMO「あ~すっごい格好。気持ちいいんでしょここが」

ひなた「はぁぁん!!」

NIMO「ほらイッちゃいなさいよ。やめて下さいって言いなさいよ」

ひなた「ああああ!!!」

再びイカされてしまったひなた選手ですが、リカバリーが早くNIMO選手に襲いかかります。

お返しにコスチュームを脱がせ、まんぐり返し!

NIMO「あああ、やめて!」

ひなた「なぁに?聞こえな~い」

NIMO「はぅうう、ダメ、、、」

ひなた「何がダメなの?ねぇ?」

NIMO「ダメ!!イッちゃう!!!」

ひなた選手も負けじとイカセ返し。

まだまだ試合はわかりません。

ひなた「どんどんイッちゃいなさい」

NIMO「やめっ、、、ああううん!!!」

ひなた「もっとやってって?いいよ」

NIMO「ああああ!!!!」

NIMO「良くもやってくれたわね!」

今度はNIMO選手のターン。

ひなた「あああ!」

NIMO「やっぱり舐められるのが好きなんじゃない?」

お互いがテクニシャンなだけにイカせるペースも早くなってきました。

スリーパーで体力を奪う作戦に出たNIMO選手ですが、裸であることを忘れていました。

一瞬の隙をつき、NIMO選手の乳首に食いつくひなた選手。

NIMO選手はたまらず喘ぎ声を出してしまい、技を解いてしまいます。

舌技に自信のあるひなた選手は舌を使い、NIMO選手を責めます。

ひなた「感じてる?」

NIMO「感じてるわけ、、ああん!」

何とか力で振り切ったNIMO選手は貝合せを決行。

NIMO「やっぱこれ好きでしょ?」

ひなた「あんたも感じてるじゃない」

ノーガードの打ち合い。

しかし、この貝合せを制したのはNIMO選手。

ひなた「あああ、ダメダメ!!」

NIMO「イッちゃいなさい!」

ひなた「あああん!!」

そして、これが試合の流れを大きく変えることになりました。

今度はまんぐり返し。

NIMO「ギブアップしなさい」

首を振って拒否するひなた選手。

しかし、再びイカされてしまいます!

抵抗力が弱まったひなた選手を今度は後ろから責めます。

NIMO「すごい感じてたんでしょ?イッちゃいなさい。私にはやめて下さいって言いなさいよ」

ひなた「ああああああ!!!」

NIMO「ま、やめてあげないけど♡」

ガードができない体勢での責めにただイカされてしまいます。

何度もイカされますが先輩の意地か、まだまだギブアップは口にしません。

イッたばかりのひなた選手を無理やり立たせると

NIMO「ほら、舌出しなさい」

と命令口調。

これまでペースを握ってきたキスでも劣勢に立たされるひなた選手。

自分の武器が、強みが、プライドが後輩によって1つずつ剥がされていきます。

後手でホールドされているためロクな抵抗もできず、NIMO選手のテクニックの前に耐えるだけ。

NIMO「もうイッちゃうの?」

ひなた「はぁぁぁん、ダメダメぇ。イッちゃう!!!!」

ひなた選手はもうヘロヘロです。

NIMO「まだまだこんなもんじゃないわよ」

そう言うと太ももを股間に当て、激しく揺らすNIMO選手。

NIMO「どう?こうやって脚でこすられるの?」

ひなた「あああ、やめて!!!」

再び絶頂するひなた選手。

NIMO「イッちゃったんだ?」

ひなた「はぁ、はぁ、、、」

NIMO「私の足にこすられてイッちゃったの?」

NIMO選手の責めに完全に翻弄されているひなた選手。

NIMO「よつん這いになりなさい」

こんな屈辱的な格好も受け入れるしかない状況に。

後輩のテクに負ける先輩。。。

最高のシチュエーションです!

ひなた「アッ、アッ!!」

NIMO「ギブアップしてもいいのよ、それともまだイキたいの?」

ひなた「もうダメ!やめて、やめてぇ!!」

NIMO「やめてくださいNIMO様でしょ、ほらぁ?」

ひなた「NIMO様やめてください!!あああああ!!!」

NIMO「可愛い~♡NIMO様だってww」

完全に心が折れてしまったひなた選手。

後はNIMO選手が満足するまでイカされるのみです。

ひなた「NIMO様、、やめてください」

NIMO「どーしよっかなぁ」

ひなた「ああああん!」

NIMO「じゃあ、ギブアップって大きな声で言って」

ひなた「はぁぁん、い、言いたくない、、、」

NIMO「言いたくない?ほら、ちゃんと言うのよ!」

ひなた「もうダメもうダメ!」

NIMO「ほら、じゃあ可愛いお口でちゃんと言って?言いなさい!」

ひなた「もうダメェ!!」

NIMO「、、、ギブアップ?」

ひなた「ギブ!ギブ!ギブアップ!ギブアップぅーー!!」

耐えてきた先輩の意地もここで潰えてしまい、後輩に敗北宣言です!!

NIMO「やっぱり澪ちゃんはドMだったんだねぇ。ちゃんと可愛がってあげるからね、これからも」

アハハと高笑いするNIMO選手。

それを虚ろな目で聞くしかないひなた選手。

プロレスに続き、レズファイトでも完敗してしまった先輩レスラー。

肩で息をしながらピクピクと痙攣するしかできません。

実に惨めな姿です。

 

本当にいつ見ても最高なレズファイト作品。

お互いのヤラれっぷりもそうですが、NIMO選手の追い詰めていくSっぷりもたまりません。

可愛い後輩レスラーにあらゆる面で負けてしまうというシチュエーション。

下剋上マッチの最高峰ですね。

これはMIXファイトでのSっぷりも期待大!

BFシリーズかMIXプロレスシリーズでの参戦を求めます!!!

 

【ダウンロード版】

【DVD版】