秘密の男女混合試合リターンズ vol.01 ~乙アリス&水谷あおい 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

秘密の男女混合試合リターンズ vol.01

対戦ファイター:乙アリス・水谷あおい

プライドを傷つけられた男ファイターは、汚名を払拭するため、2人同時に相手にすると言い出します。

その提案をバカにした表情で聞く美女2人。

確かに男ファイターが尊厳を取り戻すには、ハンデのある状態で勝つことが必須でしょう。

無謀とも言える男ファイターの提案を受ける乙と水谷。

男ファイターは力を振り絞って向かっていきますが、この状況はあまりにも不利。

水谷と乙は、空いている方の手を使い男ファイターにボディブローを食わらせます。

両手が塞がっているためロクなガードもできない男ファイター。

無理なマッチアップであることを悟っても時すでに遅し。

乙の強烈な蹴りが男ファイターみぞおちに突き刺さります。

ダウンした男ファイターにすかさず技を極める2人。

乙はムチムチの太ももで挟みこみ、水谷は電気あんまで攻撃。

苦しさ・痛み・気持ちよさと異なる刺激が男ファイターの体を襲っていきます。

しかし、乙も水谷も既に1回勝っているだけに、まともなプロレスをするつもりはありません。

水谷「これもういらないんじゃない?」

乙「アハハ!そうね」

水谷は男ファイターのコスチュームを脱がせ、全裸にさせます。

こんな屈辱的なことをされても、動きは乙が封じているため、男ファイターは抵抗できません。

ここからは一方的な逆レイプ。

水谷は手コキ、乙は乳首責めで男ファイターを犯していきます。

気持ちよさで思わず喘いでしまう男ファイター。

乙「あれ?勃起してるんだけど?どういうこと?」

水谷「首絞められて勃起しちゃったの?」

美女2人に責められて、立たない男はいるはずがありません。

極上テクに晒されてしまう男ファイター。

水谷はフェラを開始し、さらに刺激を与えていきます。

強気だった男ファイターの口から、喘ぎ声が漏れまくり。

しかし、スイッチの入った美女たちはもう止まりません。

水谷「どうしてほしいの?」

乙「ほら、教えて?どうしてほしいのか教えて?」

男「や、やめて、、、」

乙「やめてください?」

男「やめて、、ください、、」

水谷「こうやって激しくされたい?」

乙「最後まで当たり前のように勝つと思ってた女たちに犯されてる気持ちは、どんな気持ち?」

男「うああああ、、、」

美女たちの極上テク・言葉責めに晒され、男ファイターは無抵抗に搾り取られます。

このドSな笑顔、、、たまらん、、、

さらに、乙はムチムチの太ももで挟んだまま69の体勢でフェラ。

水谷は顔面騎乗で無理やりクンニをさせます。

生意気な男が、何もできずに快楽に溺れていく様は実にそそります。

もはや男ファイターは無抵抗で犯されるだけ。

乙「どう?気持ちいい?」

水谷「気持ちいいでしょう?」

男「んんんんーーー」

水谷「気持ちいいってww」

続いて水谷はディープキスでトロケさせ、乙は極上のフェラで愛撫。

2人の口から出るエロい音がリングに響きます。

M男でなくとも、この状況は天国ですね。

すっかり動きがなくなった男ファイターを、乙はパイズリで責め立てます。

乙「アンタは負けて、さらに性欲で負けてんの。私たちに勝つんじゃなかったの?」

男「あああ、、こんなバカな、、、」

乙「ほら、勝ってみせてよ」

しかし、男ファイターは快楽に溺れるだけで、反撃する気力すら失われています。

美女2人によるWフェラ。

男ファイターは手も足も自由になっていますが、何もできません。

男「あああ、気持ちいい、、、」

水谷「気持ちいいの?素直ねぇ」

この2人に一度に責められるとか、本当に羨ましい限りです。

楽しそうに男ファイターを責め続ける2人。

水谷「もうやられたい放題ねぇ」

乙「アハハ、ホントはこうされたかったんでしょ?」

男「そ、そうです、、、」

乙「いいじゃない、素直で」

水谷「お望み通り、めちゃめちゃにしてあげる」

お互いがフェラをし、

「どっちが気持ちいい?」「私?」「私でしょ?」「え~私よ」

と、セリフだけ見れば、まるでラブコメのような展開になっています。

しかし、現実は一方的に犯されるだけのおもちゃ。

もう男ファイターに理性は残っておらず、ただイカされるのを待つだけです。

乙と水谷に調教されてしまった男ファイターは、自ら舌を出すようになってしまいます。

最初の生意気な態度はもう見る影もありません。

S女2人に犯されているのですから、これは抗うことなどできませんね。

乙「アンタは一生女に負け続けるの。勝てることなんてないのよ。勝とうと思うことがバカなの」

男「う、、あ、、あ、、」

乙「気持ちいいです、もっとお願いしますって。」

男「き、気持ちいいです、、もっとお願いします、、、」

乙「聞こえないわよ。もっとお願いして」

男「気持ちいいです!もっとお願いします!」

乙に詰め寄られ、情けなくも「入れさせてください」と懇願する男ファイター。

2人は情けないお願いに、バカにしたように笑います。

乙「欲しくなっちゃった?おマ〇コ下さい?」

男「お、おマ〇コください、、、」

乙「僕は女の人のおマ〇コに負けました。もう女の人に逆らうことなんて一切しませんって、ほら言ってみなさいよ」

男「女の人のおマ〇コに負けました。もう女の人に逆らうことなんて一切逆らいません、、、」

完全に落ちてしまった男ファイター。

女性の責めの前に完全敗北です。

まず、男ファイターのお願いを叶えたのは水谷。

男「い、入れてください!入れてください!」

水谷「じゃ~アナタのお望み通り、、、入れてあげる!」

騎乗位のまま水谷に犯される男ファイター。

水谷のリズミカルな腰振りに、男ファイターは情けない声でよがりまくります。

すっかり水谷の虜になった男ファイターは、自ら腰を振りまくります。

感じた表情でよがる水谷。

そして、乙は胸を使って男ファイターの顔を圧迫。

男ファイターにとっては幸せでしょうね。

昂ってきた2人は、男ファイターの真上でエロ過ぎるキスを交わします。

美女同士のキスはめちゃくちゃ絵になりますね。

女性タッグならではのサービスショット。

この組みあわせは最高です!

尚もエロく腰を振る水谷。

ここまでされると、男ファイターももう我慢ができません。

何かに憑りつかれたようにムクリと体を起こすと、、、

正常位で情けなく腰を振り始めます。

ファイターとしての姿はもはやなく、快楽に従順になったただのオス。

後ろから乙に首を絞められますが、狂ったように水谷の中を突いていきます。

乙「アハハ!動物みたい~」

男ファイターに馬乗りになり、お尻を叩く乙。

水谷も腰を振り続ける男ファイターを妖艶に挑発します。

3人の同時キス。

エロ過ぎる3Pですね。

ファイト系で複数人が出てくると、画面がちらついて集中できない作品も多いですが、

水谷も乙もタイミングや場所取りが非常に上手いので、エロシーンの邪魔がありません。

水谷の体位を変えて腰を突きまくる男ファイター。

乙も水谷を気持ちよくさせようと乳首を舐めてアシスト。

水谷のエロ過ぎる喘ぎ声がリングに響きます。

水谷「ふあぁぁ、、気持ちいい、、、」

乙「アハハ!ほら、もっと気持ちよくしなさいよ」

水谷「ウフフ、しっかり腰振りなさぁい」

水谷の少女のようなルックスから出てくる上から目線の言葉責めがたまりません。

再び騎乗位の体勢に戻した水谷は、さらに腰を振るペースを上げていきます。

水谷「また腰振ってほしいのぉ?」

男ファイターは喘ぎ声を出すだけで何も言えませんが、肯定していることは明らか。

水谷は一気にスパートをかけていきます。

水谷「アッアッアッアッ!イクゥーー!!!」

男ファイターをおもちゃにして、絶頂を迎えた水谷。

体をビクンと仰け反らせ、エロ過ぎるアヘ顔を晒します。

水谷は男ファイターと繋がったままで、ピクッピクッと余韻に浸ります。

満足そうな水谷を見て、

乙「いいなぁ、私も濡れてきちゃった」

と含みのある笑みを浮かべる乙。

水谷「まだまだ終わらないわよ」

この美少女から、どこから出てくるんだと思うほどの抜群の色気ボイスで

男ファイターにキスをしまくる水谷。

水谷のエロいキスで男ファイターはますますトロケた声を出してしまいます。

まだまだ元気の男ファイターのチ〇コにインサートする乙。

乙「ウフフ、私も味わっていい?」

1度に2人の美女とヤレる機会なんてそうそうあるもんじゃありません。

それをリング上でできるのですから、フェチにはたまらない展開ですね。

グロッキーの男ファイターは、乙の腰振りを受け止めるのみ。

男「あ、あ、、気持ちいい、、、」

絞り出したような声でよがる姿に、2人の美女はさらにエスカレート。

水谷が太ももで首を絞め、乙が騎乗位で犯しまくる。

水谷「ねぇ、こうやったらもっと気持ちよくなるんじゃない?」

乙「ウフフ、苦しいの大好きだもんねぇ~」

乙「おマ〇コ気持ちいい?2人の?」

男「き、気持ちいい、、、」

乙「試合がしたいんじゃなくて、SEXがしたかっただけなんじゃないの?」

男ファイターのよがりっぷりを見た限り、これを否定することはできないでしょう。

気持ちよさそうに腰を振り続けていた乙。

男ファイターはもう2人の性奴隷と化しています。

そして、乙も絶頂。

体をビクビクッとさせ、満足そうに余韻に浸ります。

全裸も悪くありませんが、ファイト系は若干コスチュームが乱れてるくらいがエロいと思うのは

自分だけじゃないと信じたいww

終わったばかりにも関わらず、尚も腰を振り続けるサディスト・乙アリス。

水谷もアシストするように下半身を愛撫していきます。

このままだと永遠に終わらないと感じた男ファイターは遂に心が折れます。

男「も、もう、、、」

乙「何?」

男「い、い、イク、、、」

水谷「イッちゃうの?イッちゃいなさぁい」

男「ああああ!!ギブ、、ギブ、、、イク、、イク、、あああ!!イクーー!!!」

遂に絶頂を迎えてしまった男ファイター。

女性ファイター相手に3戦全敗という屈辱的な結果に終わってしまいました。

乙「もう最悪。アナタ、一生私たちの性奴隷として仕えるのよ」

男「つ、仕えます、、、」

水谷「ウフフ、、、」

2人の美女に完全に落とされてしまった男ファイター。

最初から最後まで、とにかくエロ過ぎる展開に、興奮が止まりませんでした。

彼女たちはいいタッグパートナーになりそうですね。

2対1人とか、2対2の構成は、タイマンに比べ意識がブレてしまうので疎遠ではあったのですが、

彼女たちのような美女が出演するとなると、それも変わってきますね。

お互いのセリフを邪魔することもありませんし、言葉責めも秀逸、

役割も徹底されていたので、めちゃくちゃエロい試合になっていました。

乙アリス・水谷あおいのコンビはまず間違いありませんね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】