MIXプロレス・カップル対決 6 ~バックヤードでの対決~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

MIXプロレス・カップル対決 6

対戦ファイター:新村あかり

MIXプロレス・カップル対決シリーズの第6弾。

5弾目から趣向が変わり、試合に負けた女性ファイターの元に彼氏がやってくるという設定。

女性ファイターの転落がより際立った作品になっています。

試合に負けた新村が控室でうなだれていると、彼氏の男ファイターが登場。

さっきの試合は何だ、といちゃもんをつけ始めます。

負けたばかりの新村は、男ファイターのアドバイスにも耳を貸そうとしません。

負けん気の強い2人の口論はエスカレート。

どちらも主張を変えるつもりはなく、レスラー同士らしくプロレスで決着をつけることになります。

新村のツヤ感のあるコスチュームはエロさが際立っていいですね。

突如始まったバックヤードでの痴話喧嘩。

しかし、お互いがレスラーなので決して負けるわけにはいきません。

まずはプロレスらしく組み合いますが、男ファイターのパワーに新村は押され気味。

新村を押さえつけ、上から覆いかぶさる男ファイター。

ただ拘束しただけではなく、腰を浮かせては落とし、新村のボディを攻めまくります。

身動きの取れない新村は顔をしかめながら必死に耐えます。

さらに、クロスアームスリーパー。

首をギリギリと絞められ、うめき声を上げてしまう新村。

この体勢だと谷間が強調されるので、非常にセクシーなシーンになりますね。

しかし、このまま好きにさせたくない新村は、パンチを男ファイターに浴びせます。

いいパンチをボディにもらってしまった男ファイターは、耐え切れずにダウン。

新村の反撃開始。

まずはムチムチの太ももで男ファイターの首を締め上げていきます。

女のくせに、と悔しがる男ファイターですが、ガッチリ極まった絞めに苦悶の声をあげてしまいます。

さらに体勢を変えて、股間に押し付けるような格好で挟んでいく新村。

新村「ほらぁ、負けてるわよアンタ」

男ファイターは呼吸が上手くできず、声にならない声で苦しみます。

ドMならしばらくはこの拘束を味わっていたいところ。

しかし、男ファイターも負けられません。

強引に新村の拘束から抜け出すと、逆エビ固めに捕らえます。

股を広げられ、思わず悲鳴を上げてしまう新村。

相変わらずリアクションが極上です。

さらに、男ファイターは大股開きになった新村の股間をぴしゃぴしゃと叩き挑発。

己の優位性を植え付けるかのように新村を攻め立てます。

屈辱的な行為に悔しがる新村ですが、股間を責められ甘い声を出してしまいます。

しかし、ここで新村の再反撃。

エロ攻撃を仕掛けられた新村はお返しとばかりに電気あんまを繰り出します。

新村「アンタがそうやるんだったら、私もやってやるわよ」

男「うあああ!!」

新村「ここでしょ、弱いのは?分かってんのよ、男の弱いとこは」

さらに、新村は股間を鷲掴み。

愛撫という可愛いものではなく、思いっきり握り、今にも潰してしまいそうな勢い。

さすがの男ファイターも叫ぶことしかできません。

このままではまずいと感じたか、男ファイターは首を絞めてエスケープ。

強引に新村のペースを切ります。

ダウンした新村にすかさず四の字固め。

体を反らせながら痛みに耐える新村。

男「ほら、ギブアップだろ?」

新村「ギブアップなんて、、するわけないでしょ、、」

エロいボディをくねらせながら耐える姿が実にセクシーです。

脚が破壊されそうな新村でしたが、

男ファイターの膝を殴打し、脱出に成功します。

男ファイターは痛みで次への行動が遅れてしまいます。

そこに新村のボストンクラブ。

どっしりをお尻を落とし、腰を痛めつけます。

さらに、お尻をバウンドさせ刺激まで与えていきます。

新村の巨尻に押しつぶされる感覚は、誰もが味わってみたいものですね。

続けてキャメルクラッチ。

徹底した腰攻めに男ファイターの悲鳴が控室に響きます。

新村「ほらぁ、どうなの?」

スリーパーに移行した新村は、失神させる勢いで男ファイターの首を締め上げます。

何とかしたい男ファイターは必死にもがき、新村のバランスを崩しにかかります。

ならばとグラウンドに持ち込み、ボディシザーズ。

ムチムチの太ももで男ファイターのボディを挟んでいきます。

悲鳴を上げる男ファイターですが、エルボーを食らわし、何とか新村のターンを終わらせます。

男ファイターは新村の体を捕らえ、STF。

首と腰の同時責めに今度は新村が悲鳴を上げる番です。

男ファイターの激しい攻めに失神寸前まで追い込まれてしまう新村。

新村「く、、そぉ、、あああ、、、」

いかにも落ちてしまいそうな演技がめちゃくちゃ上手いので、

失神系フェチの人からすればかつての後藤リサを彷彿とさせるかもしれませんね。

男ファイターの攻めはさらに激しさを増していきます。

新村を無理やり立たせると、コブラツイストで痛めつけていきます。

さらに、新村の豊満な胸を揉みまくりエロ攻撃をプラス。

新村「い、いやぁ、、やめて、、アッアッアッ、、、」

男ファイターのエロ技に喘ぎ声を出してしまう新村。

とろけたような声で悶える姿がエロ過ぎます。

男ファイターは新村を掴んだままグラウンドに持ち込み、エロ技に拍車をかけていきます。

スリーパーを掛けながらの股間愛撫に新村の喘ぎ声が止まりません。

ギブアップは言うまいと必死に耐えていますが、エロ過ぎる声を抑えることができません。

このままイカされそうな勢いでしたが、新村はエルボーで男ファイターのホールドを解き、

そのまま頭を掴んで放り投げます。

新村「よくもやってくれたわね!」

新村はスタンピングで男ファイターの体を痛めつけます。

再三のエロ攻撃は新村の怒りを買ってしまったようです。

新村は男ファイターを恥ずかし固めで押さえつけると、顔面騎乗で窒息攻撃。

さらに、むき出しのお尻をぴしゃぴしゃと叩きまくります。

屈辱的な体勢の男ファイターですが、この状態ではどうすることもできません。

さらに、四の字固めを掛けながら脚で股間を踏みつけ。

激しいストロークに男ファイターはよがりまくり。

美女に脚で痛めつけられる展開は最高ですね。

新村は男ファイターに馬乗りになると、ボディを殴りまくります。

股間の辺りに腰を落とすところは、さすが男との戦いを分かっています。

そして、顔面騎乗。

男「うああ、、強い、、、」

新村「アハハ!私のお尻には勝てないでしょう?」

新村のドSな攻撃、言葉責めはたまりませんね。

呼吸ができなくなりグロッキーになってしまった男ファイター。

新村は攻撃の手を緩めず、腕十字で追撃。

このまま腕を極め、ギブアップ勝ちもできそうですが、、、

もちろん、新村がこのまま終わらせるはずがありません。

長い脚を伸ばし、股間を愛撫。

男「うああ、やめてくれ、、、」

新村「やめないわよ!アンタが私にケンカ売ってきたんでしょ」

痛みと快楽の同時責めに男ファイターは遂に泣き言を言ってしまいます。

心が折れている男ファイターですが、新村はとことん相手を追い詰めます。

ムチムチの太ももでの首絞め。

息ができない男ファイターは、舌を出して苦しみます。

その舌を持って、さらに痛めつける新村のS性が最高です。

新村「もうダメじゃない、アンタ。アハハハ!」

フラフラの男ファイターに対し、新村はコブラツイストで痛めつけます。

もちろん、このままでは終わらず、胸と股間を愛撫。

新村「ほらぁ、どうなのよ?」

男「アッアッアッ、、、」

新村「何そのみっともない声?そのみっともない声なぁに?」

男「あああ、、やめろ、、、」

新村「恥ずかしいわね、レスラーとして。恥ずかしくないの?こんなことなって」

新村のエロ責めに腰砕けになってしまった男ファイター。

四つん這いでダウンしてしまうと、新村はさらに股間を愛撫しまくります。

新村「こうしてほしいの?こうして欲しいのかって聞いてるのよ。アハハハ!」

まるで逆レイプのように男ファイターを責める新村。

こうなってしまうとどんな男でも新村のテクの虜になってしまうでしょう。

床に大の字になり、すっかり快楽に蝕まれてしまった男ファイター。

新村は69の体勢で股間をさらに愛撫しまくります。

胸で先端を刺激したり、手で擦ったりとやりたい放題。

新村「男のレスラーなんてこんなもんよ」

男「うああ、、、」

新村「どうなのよ、ほらほらぁ!」

苦しさと気持ちよさで男ファイターの我慢は限界。

新村「こんなことで弱くなっちゃうなんて大したことないわね!」

男「あああ!ギブ、、、ギブアップ!」

新村「え~ギブアップ?」

何とか最後のプライドにかけて、絶頂だけは免れた男ファイター。

しかし、舐めてかかった女にギブアップ負けをしてしまうという屈辱を味わってしまいました。

新村は、男ファイターの顔を踏んづけ勝ち誇ります。

新村「大したことないじゃない。ほら、ちゃんと謝ってよ」

男「す、すみませんでした、、、」

新村「アハハ!二度と私にあんな口きかないで」

男ファイターを圧倒した新村ですが、まだ気持ちは収まっていないようで

リング上での決着を提案します。

リングで相手を制圧することで、自分の気が晴れると思ったのでしょう。

第2戦は舞台をリングに移し、真の決着編が始まります。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】