セクシー女子プロレス04 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

セクシー女子プロレス04

対戦ファイター:山本蓮加・明望萌衣

【サイドA】

逆エビ固めで捕らえられた山本は、明望のホールドから逃れることができません。

明望の股間愛撫は激しさを増す一方。

明望「これが気持ちいいの?」

山本「うああ、、やめて、、、」

明望「気持ちよかったら気持ちいいって言っていいんだよ?」

山本「気持ちよくない、、、」

明望「じゃあ、もっと激しくしても大丈夫なんだよねぇ?」

山本「ああああ!!」

無防備の股間を愛撫されまくり、山本はもう限界。

山本「アッアッアッアッ!!ダメ!!イク!」

明望「ダメ?何がダメなの?言ってみて?」

山本「あああ!ダメ!イッちゃう!!」

明望「大きな声で言ってみて?何?どうするの?何しちゃうの?」

山本「あああ!!ダメ!!あああ!!イク!!」

体をビクンとさせたかと思うと、リングに突っ伏しビクビク体を痙攣させる山本。

イキっぷりがエロいですね。

試合の流れはこれにより明望に大きく傾いていきます。

明望「イッちゃったんだ?アハハ!気持ちいいことしようよ。私と」

山本「アッアッアッアッーー!!」

貝合わせで追撃。

イッたばかりの山本は、ガードもできずただ身を委ねてしまっています。

さらに首を絞めながら腰を振りまくる明望。

山本は最後の抵抗として、「気持ちよくない」と強がりますが、

アヘ顔や喘ぎ声から虚勢であることは明らか。

明望は山本の反応を楽しむように犯していきます。

山本「ああああ、だめ、、、」

明望「ダメなの?どうなの?答えてみなさいよ」

山本「うああ、、ダメダメダメ、、、イッちゃう、、からぁ、、」

明望「またイッちゃうの?ついでにギブアップも言ってみなよ!ほらぁ!」

山本「ダメェ、、イッちゃうから、、、」

明望「ほらほら!!」

山本「ギブアップ!ギブアップするから、、、」

明望「じゃあ、ついでにイッちゃいな!!」

山本「イク!イッちゃう!ダメーー!!!!」

明望のテクの前に、絶頂ギブアップという屈辱の負け方をした山本。

体の痙攣が止まりません。

明望「イッちゃったの~アハハ!すっごいピクピクしてるじゃんかよ」

山本は何も言えず体を震わせるのみ。

そして、このシリーズの本題。

負けた方は水着を剥がされるルールのため、明望は嫌がる山本を気にもせず

水着を脱がしていきます。

全裸になった山本のプロポーションの美しさよ、、、

何とか大事な部分を隠そうとする仕草もエロい。

明望「敗者が全裸になってるところ見られて恥ずかしい?」

山本の水着を手によりドヤ顔で言葉責めを続ける明望。

しかし、このまま終わらせたのでは味気がありません。

明望「脱ぐだけじゃ終わらないから。真ん中でオナニーしてみな」

山本「いやよ、そんなこと、、、」

明望「できないの?負けたくせに。できるでしょ?」

凄む明望に強く逆らえない山本は、自分の股間に手を当て始めます。

明望「生意気な口聞いてごめんなさいって言いながらイジるんだよ」

山本「、、生意気な口聞いて、、、ごめんなさい、、」

明望「何?聞こえな~い」

山本「生意気な口聞いてごめんなさい!ううう、、、」

屈辱的な自慰行為。

山本ほどのルックスがあると、被虐っぷりも映えますね。

あまりにエロ過ぎる山本のオナニーショー。

明望「どう?人前でM字開脚でオナニーしてるの?負けた人が!」

山本「あああ!だめぇ、、」

明望の言葉責めを一身に浴びながら、山本の手がどんどんと速度を上げていきます。

山本「アッアッ、、、だめぇだめぇ、、」

明望「何がダメなの?ちゃんと言ってくれないとわかんないんだよ」

山本「アッ、、イッちゃう、、、」

明望「もうイクの?負けたやつのくせに。負けたのにイッちゃいます、ごめんなさいって言いながらちゃんとイクんだよ」

山本「負けたのに、、んっ、イッちゃう、、」

明望「もっと大きい声出せよ!」

山本「負けたのにイっちゃいます!ごめんなさい!!」

明望「ほら、イキなよ!負けた人!」

山本「あああ!だめぇ!!イクイクッ!!!」

揺れまくる巨乳、容赦のない言葉責め、そしてイキっぷり。

最高レベルのシーンでした。

体をピクピクさせて余韻に浸る山本。

明望「どう?リングの中央で負けたやつがオナニーするの?ウフフ」

明望のドSな笑顔で罵られたいM男は多そうですね。

山本「次は絶対、、負けないから、、」

明望「敗者がうっせえよ!」

山本に水着を投げつけ、去っていく明望。

最後まで強気な態度の山本でしたが、気持ちよさからかそこから動くことができず、

アヘ顔と熱い吐息を漏らすだけ。

色白巨乳美女ファイターのあまりにもエロ過ぎる敗北でした。

【サイドB】

もう1つの展開はこちら。

逆エビ固めで捕らえられていた山本ですが、力を振り絞りジリジリとロープに向かいます。

そして、手を伸ばしロープエスケープに成功。

すんでのところでイクのを防ぎました。

ならばと山本を立たせて次の技を掛けようと頭を掴む明望。

しかし、これはあまりにも軽率な行動でした。

油断していた明望に対し、股間キックで反撃。

これまでの仕返しとばかりに、明望の股間を蹴り上げる山本。

明望は股間を抑えながらリングにダウンしてしまいます。

このチャンスに責め立てる山本は、自慢の巨乳を明望に押し当てます。

山本「ほぉら、どうなの?気持ちいいの?」

明望「アッ、、う、、、」

山本「気持ちいいでしょ?」

明望「気持ちよくない、、、」

強情な明望に山本のキス攻撃。

ピチャピチャといやらしい音がリングに響きます。

美女同士のキスはいつまででも見れてしまいますね。

さらに、山本のエロ行為は股間にまで及び、無防備な部分を愛撫していきます。

明望「はぁ、、うう、あああ!!」

山本「どうなの?ほら、気持ちいい?ギブアップする?」

明望「アッアッアッアッ!!」

そして、明望の爆乳を揉みながら膝で股間を刺激する2点責め。

これには明望も喘ぐことしかできません。

責める時は強気な態度の明望は、責められる時は少女のような可愛い声でよがります。

このギャップもたまりません。

この体勢になってしまえば完全に山本の形。

明望「あああ!ダメ!それ以上、、、」

山本「何がダメなの?ギブアップする?ほらほらぁ、何がダメ?」

明望「ダメ、、イク!!」

山本「イクの?どうしたの?イッちゃうの?」

明望「ダメーーイクッ!!!」

山本のテクで遂にイッてしまった明望。

爆乳を痙攣させながら、だらしない表情を見せます。

しかし、山本のドSは留まることを知りません。

明望を少しも休ませることなく、股間愛撫を続行。

明望「アッアッアッアッ!」

山本「ほら、ギブアップしないと終わらないよ~ほら~どうするの~?」

明望「アッ!!ダメ!!イッたばっかり、、、」

ギブアップするまで終わらない山本のイカセ地獄。

諦めたくない明望は、その言葉だけは言うまいと必死に耐えています。

ですが、それは苦しむ時間が伸びただけ。

山本はここで勝負をつけるべく、さらに激しく手を動かしていきます。

明望「アッアッ!!ダメ!!イク!!」

山本「ほらぁ、ギブアップは~?」

連続イキした明望を気にもせず、そのまま手を動かしていくSっぷりがヤバいです、、、

もはや試合にもなっていない一方的な展開。

ギブアップを言うまで止まらない山本と、

イキ狂っていく明望のコントラストが素晴らしいです。

ただ、明望の我慢がいつまでも続くわけがありません。

明望「アッアッアッアッ、、、」

山本「ほらほらぁ、言いなさい、負けですって、ギブアップですって、ほらぁ」

明望「ああああ!ダメェ!もうダメェ!!!」

山本「どうするの?終わらないわよ、いいの?」

明望「もうダメもうダメ、、ギブアップ、、、」

山本「ギブアップ?ギブアップなの?」

明望「ギブアップーー!!!あああああ!!!!」

体をピクピクさせながら、大絶頂を迎えてしまった明望。

彼女のイキっぷりもとにかくエロい。

爆乳がピクッピクッと揺れる様子は、巨乳フェチでなくともそそられる光景です。

そして、恒例の水着剥ぎ。

明望のムチムチの体が露わになります。

世の男性は、彼女のような体型の女性が好きですよね。

明望「やめて、返して、、、」

何とか取り返そうとする明望ですが、山本はおちょくるように水着をひらひらとさせ、

リングに放り投げます。

そして、明望の体を捕まえると、乳首を擦り合わせます。

巨乳同士のこういうシーンは最高ですね。

まだ余韻の残る明望は、喘ぎ声を出してしまいます。

明望をリングに倒れさせた山本は、

山本「みんなの前でオナニーしてあげて」

と自慰を要求。

嫌がる明望ですが、敗者に抵抗する資格はありません。

オナニーをする明望は、気持ちよさそうな声をあげながら手を動かします。

山本「ほら、手伝ってあげるから」

と胸を揉みまくる山本。

明望「はぁぁうん!!」

山本「ほら、皆にちゃんとイクとこ見せて。気持ちいいんでしょ、ほら」

さらに、首絞めもプラス。

明望「ああああ、、、」

山本「ほら、痛いのも気持ちいいんだから、あ~すごい、手止まらないねぇ?」

明望「はぁぁ、、気持ちいい、、」

山本「気持ちいいねぇ~」

明望「気持ちいいです、、、」

山本のテクにすっかりドMになってしまった明望。

後輩に敗北する先輩という転落シチュエーション、最高過ぎますね。

明望「あああ、、イク、、」

山本「イクの?ほら!」

明望「ああーーーイク!!」

山本「あ~すごい、ビクビクしちゃって。気持ちよかった?」

敵に愛撫されながら、自分の手でイッてしまった明望。

失神状態で完全KOされてしまいました。

クールな山本の見下し顔、たまりませんね。

山本「ウフフ、また気持ちよくなりに来てもいいのよ?」

妖艶な言葉責めでトドメの一言を放ち、完全勝利。

こんな風にイカされたいM男がどれだけいることか。。。

明望は何も言えず、ただ体をピクつかせブラックアウト。

 

タイプの違う2人の巨乳ファイターによる対決。

キャスティングだけで十分に元が取れる試合でしたが、

内容はさらに素晴らしいものでした。

どちらの責めも受けも最高で、スタイルよし、ルックスよしとくれば

傑作になることは間違いありませんね。

この2人による男とのバトルファックものとか出てほしいくらいです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】