セクシー女子プロレス04 ~序盤から決着前まで~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

セクシー女子プロレス04

対戦ファイター:山本蓮加・明望萌衣

セクシー女子プロレスの第4弾は、

共に巨乳対決という最高のマッチメーク。

この対決が決まった時点で購入を決定した作品です。

黒と白の対比のコスチュームもいいですね。

まずはリング中央で組み合います。

明望「新人のくせに調子乗ってんじゃないわよ」

山本「そっちこそ。先輩ぶるの止めたら?」

お互いつば競り合いをしながら、口でも一歩も引きません。

拮抗したパワー勝負は、段々と密着していき

お互いの巨乳が物理的にぶつかります。

巨乳同士のせめぎ合いは序盤から興奮の展開を見せてくれます。

まず先手を取ったのは山本。

明望の腰に手を回しベアハッグ。

明望「うあ、、、」

山本「どうですか?」

明望「やめなさいよ、、あああ!!」

悲鳴を上げて苦しむ明望、腰をどんどん反らせていきます。

耐え切れなくなった明望はダウン。

山本は追撃で、早くもエロ攻撃を開始します。

膝を明望の股間に押し付け、グリグリを愛撫。

山本「ほら、どこがいいの?」

明望「うああああ!!!やめなさいよ、、」

明望のセクシーな声がリングに響きます。

荒々しく膝をグリグリ押し付けていく山本。

その度に明望の爆乳が揺れまくります。

山本はその様子を妖艶な表情で眺めています。

クールな顔立ちなので、責める姿はいかにもドS。

さらに、体勢を69に変え直接手で愛撫していく山本。

明望は太ももで顔を押さえつけられ動くことができません。

明望「アッアッアッアッ!」

山本「気持ちいいんじゃないのぉ?」

この体勢は明望と言えど、振りほどくのは困難です。

ならばと、明望は体勢を生かしたままマウントを取り返します。

明望「ほら、同じことしてあげるわよ。」

山本「うああああ、、、」

今度は山本がセクシーな声を上げる番。

いやらしい手つきで山本の股間を愛撫していく明望。

明望「恥ずかしいよねぇ?アハハハ!」

山本「アッアッアッ、、、気持ちよくなんかない、、、」

明望の楽しそうに責める姿もたまりません。

こういうタイプのSキャラは、個人的にストライクですね。

続いてキャメルクラッチ。

もちろん、一度スイッチの入った明望はエロ攻撃も忘れません。

山本の胸を揉みながら、腰を反らせていきます。

明望「もしかして、意外とおっぱいが大きい?」

山本「触んないでよ、、、」

明望「こうやって触られて実は興奮してるんでしょ?」

山本「してるわけないでしょ、、あああ、、、」

このルックスでGカップとか、反則過ぎますね、、、

明望の猛攻は止まらず、今度は立ち上がらせてのコブラツイスト。

体を拘束する技なので、胸も股間も触りたい放題。

山本のエロい声がリングに響きます。

クール美女の喘ぐ姿にこの時点で興奮がヤバイですね。

今度はボウアンドアロー。

明望「ほら、もっと皆におっぱい見えるようにしてあげなさいよ」

山本「くあああ!!!」

明望「恥ずかしいところも丸見え~どう?恥ずかしいところ見られてる気持ち~?」

山本「絶対やり返してやるんだから、、、」

明望を睨みつける強気な表情が実にイイ!

明望は、山本を仰向けにさせると、

明望「アンタもおっぱいが自慢みたいね?随分おっきなおっぱいしてるじゃない。私のおっぱいで潰してあげようか?」

と、爆乳で押しつぶしていきます。

お互いに潰れる胸のボリュームと、山本の喘ぎ声。

何度も言いますが、このマッチメークは本当に素晴らしいと思いますね。

しばらく明望に責められていた山本。

しかし、さすがに怒りがわいてきたのか、強引に明望を押しのけます。

体勢が整わない明望に対し、すかさず貝合わせで反撃。

さらに胸も揉みまくります。

山本「気持ちいいの?ほら?」

明望「触んないでよ、、、うああ、、」

これだけのボリュームは女性でも中々いませんので、目の前にあったら揉みたくなってしまいますよね。

さらに、お返しのキャメルクラッチ。

当然のように揉みまくられ、明望はエロい声を出してしまいます。

山本の小さい手から、明望の爆乳がこぼれてしまっています。

谷間だけでも十分興奮できる大きさ。

キャメルクラッチを解くと、今度は逆エビ固め。

あまりの痛さに明望は絶叫。

山本「ほら、どうなの、ギブアップする?おっぱい潰れて可哀そう~」

明望「うああああ!!」

さらに、股間をエロ過ぎる手つきで愛撫され、明望は泣きそうな表情で喘いでしまいます。

山本のドS攻撃はまだ終わりません。

明望をロープまで持っていくと、無理やり跨らせての股間愛撫。

山本「ほら、どうなの?気持ちいいんじゃない?」

明望「ふぁぁぁ!!いやぁ、、、」

脚でロープに振動を与え、よがる様子を眺める山本。

明望「うああああ!!」

山本「え~何?イッちゃうの?恥ずかしい、イッちゃうなんて」

明望「い、嫌だ、、違う、、アッアッアッ、、、」

イキそうになるのを必死に耐える明望。

気持ちよさそうによがる姿を見ると、M要素も十分にありますね。

絶頂寸前になりフラフラの明望。

山本は今度はコーナーに追い詰めると、容赦なく明望の腹をパンチしていきます。

さらに、コスチュームをはだけさせ爆乳を直接揉みまくり。

明望のHカップが早速露わになります。

敗者が水着を剝がされるルールではありますが、試合中にはだけさせられるのは

見ている側からすれば、嬉しい演出です。

山本は膝を明望の股間に押し当て、グリグリと刺激を与えていきます。

明望「アッアッアッアッーー!!」

山本「気持ちいいの?」

明望はイカないまでも、限界が徐々に近づきつつあります。

強気な表情からアヘ顔に変わっていく様子が素晴らしいです。

フィニッシュホールドにもなり得る、山本のグラウンドコブラ。

明望はガードすることもできず、無防備な股間を擦られまくります。

山本「あ~気持ちよさそう。どう?ギブアップ?ギブアップする?」

明望「ノーー、、あああ!!!」

明望の抜群のリアクションを見ていると、このままイッてしまいそうな勢いです。

明望の粘りは凄まじく、この技ではイカせられなかった山本。

ならば次の手を打とうと明望を立たせようとしますが、ここで明望の反撃。

明望「さっきからずっと、調子に乗ってんじゃないわよ!」

明望は山本の股間を思いっきり掴み、動きを封じます。

明望が手を動かす度、体をピクッピクッと反応させてしまう山本。

そして、コスチュームをはだけさせ、こちらもトップレス状態に。

山本のGカップも圧巻ですね。

セクシーな声をあげてダウンしてしまった山本。

ここから明望の逆襲が始まります。

脚を使い、山本の体を拘束すると、露わになった胸を直接愛撫。

山本の柔らかそうな胸が明望の手によって、エロく形を変えていきます。

続いてスリーパーからの胸揉み。

山本のスタイル・アヘ顔・リアクション、どれをとっても最高。

色白ボディにこの胸と顔はエロ過ぎます、、、

素晴らしい素材がファイト系に参戦してくれたものです。

さらに、明望のエロい手は股間にも伸びていきます。

明望「すご~い。ピクピクしてるからおっぱいも揺れてるよ~恥ずかしくないの?」

山本「こ、この、、あああん!」

悔しいのに感じてしまう感情がめちゃくちゃ伝わってきて、このシーンだけでも興奮できます。

山本が絞められるといい顔をすることに気づいた明望は、

ムチムチの太ももを首に絡ませて窒息攻撃。

明望「もっと苦しませてあげるからねぇ~」

山本「くぅ、、」

明望「苦しい?」

山本「苦しくなんかないから、、、」

あくまでも騎乗に振舞う山本の姿勢が実にS寄りでそそられますね。

しかし、相手がSであればあるほど燃えるのが明望。

強がる様子を楽しむかのようにエロ攻撃を激しくしていきます。

胸も股間も愛撫をしまくりで、今度は山本がギリギリの状況に追い詰められていきます。

明望のホールドで無理やり開脚させられてしまう屈辱。

無防備の股間をじわじわと愛撫され、山本は体を預けるように快楽の虜になっていきます。

明望「股広げられながら触られてるの。これでもまだギブアップしないの?」

山本「う、、あ、、あ、、、」

明望の巧みな言葉責め、それを受ける山本の極上リアクションが続きます。

再びキャメルクラッチで捕らえられる山本。

明望「皆に見せてあげなよ、そのおっぱい」

山本「アンタ、、覚えてなさいよ、、、」

試合は劣勢ですが、山本の闘志はまだ消えていません。

どっちも強気なキャラクターが、この試合の価値を高めていると言っていいでしょう。

さらに、明望の逆エビ固め。

悔しそうな顔で相手を睨む山本と、明望の高笑い。

ここから試合はどうなっていくのか。

どちらの巨乳も屈辱を味わうif展開はここから分岐します。

 

このマッチメークであれば、どちらの負けシーンも見たいと思っていたので

このシリーズで対決してくれて本当にありがたいですね。

試合自体はそこまでボリュームはありませんが、ここまででもエロが詰まった最高の試合です。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】