BellyPunchBoxingSPECIAL 01~サイドB結末~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

BellyPunchBoxingSPECIAL 01

対戦ファイター:星乃華・新村あかり

最後の意地を見せ、何とかマウントを奪い返した新村。

激しいラッシュで星乃を責めまくります。

思わず声をあげてしまう星乃に対し、

新村「いい声で鳴くじゃないのよ」

と挑発します。

しかし、

星乃「調子に乗ってんじゃないわよ!」

星乃が体を起こし反撃、新村の好きにはさせません。

無防備な股間に強烈な一撃を食らわし、再び新村の動きが止まります。

星乃「こっちに来なさいよ」

無理やり新村の体を起こすと、胸同士を擦り合わせて愛撫。

やめなさい、と口では抵抗する新村ですが、

腕はだらんと下がり、気持ちよさが分かるアヘ顔を晒してしまいます。

相手が弱った瞬間を逃さない星乃。

乳首責めで愛撫をしつつ、強烈なパンチをボディに見舞います。

新村は気持ちよさと痛みで、エロ過ぎる喘ぎ声を出してしまいます。

本当にリアクションの上手さは随一ですね。

新村をロープに磔にすると、ボディを中心にタコ殴り。

パンチを打たれるたびに揺れまくる新村の巨乳が実に素晴らしい。。。

ぐったりとなった新村を無理やりリングに転がし、マウントを取る星乃。

口に無理やりグローブを押し付け、言葉を封じます。

星乃は腰をいやらしく新村に擦り付け愛撫。

新村は喘ぎ声を出そうにも口が塞がれ、思うように言葉にできません。

星乃「ほら、大好きなグローブにまみれなさいよ」

新村「いやぁぁ、、、」

白目になっても星乃の責めが緩むことなく、ますます激しくなる一方。

星乃らしいドSな責めが新村を襲います。

貝合わせとパンチの合体技に新村はもうヘロヘロです。

新村「いやぁ、、、」

星乃「嫌じゃないでしょ?されたいんでしょ?」

新村「い、いや、、」

星乃「じゃやめる?すっごいもの欲しそうな顔してる」

新村「あああ、、、いやぁ、、、」

星乃「してくださいでしょ?早く言いなさいよ」

もう痛いのか、気持ちいいのか、分からないほどぐちゃぐちゃにされている新村。

股間を何発も殴られ、遂に体をビクンとさせて痙攣してしまいます。

失神系とか白目が好きな方ならこういうシーンは萌えるんじゃないでしょうか。

星乃「してくださいでしょ?イッたばっかで、言いなさいよ」

新村「へぁぁ、、いやぁ、、、」

新村の美しい顔が、どんどんといやらしく惨めになっていきます。

こんな極上のリアクションしてくれるなら、責める方はさぞかしテンションが上がるでしょう。

星乃はまるで男になったかのように正常位で新村を責め立てます。

押し付けられたグローブをエロく舐めまくる新村。

もうすっかり星乃の責めの虜になってしまっているようですね。

新村「あああ、、そこは、、そこはだめぇ、、、」

星乃「何でリング上でエビになってるのよ」

新村「あああ、だめぇ、、、やめて、やめてぇ、、あああ、、」

星乃の言葉責めのように、背中を反らせビクビクしてしまっている新村。

星乃のピストンはさらに激しさを増していきます。

新村「アッアッアッアッ、、イッ、、、!!!」

星乃「おマ〇コ感じちゃったんだぁ?」

新村「はぁ、、あう、、」

絶頂を迎えた新村は体をピクつかせてしまっています。

これほどまでのイキっぷり、アヘ顔を晒せる女優さんはマジで貴重ですね。

星乃「ほら、顔見せなさい」

新村はすっかりメス顔になってしまい、ファイターの顔ではなくなっています。

メス、変態!と罵られる新村は、遂に「ごめんなさい」と弱弱しい言葉を口に出してしまいます。

しかし、相手の心を折ってからのドS責めが星乃の真骨頂。

まだまだ試合は終わりません。

グロッキーの新村を立たせ、ロープに磔の上、ボコボコにしていきます。

新村はもはやギブアップすらも許してもらえません。

さらに、星乃はマウスピースを拾ってきて口に無理やり詰め込みます。

星乃「欲しいよね?欲しいよねって言ってるの!」

さらに、星乃はあえてグローブにマウスピースを置き、

星乃「ほら、自分で咥えなさい。ほら、ワンちゃん、ワンって言ってみなさいよ!ワンって言いながら咥えるのよ!」

と調教に入ります。

心の折れている新村は

新村「ワン、、、ワン、、、」

と抗えずに従います。

星乃「よくできました」

新村「ワン、、ワン、、、」

ここまでの落ちっぷりは本当に見事ですね。

尚も星乃の調教は終わらず、

膝で新村の股間を刺激したり、顔を殴ったりとやりたい放題。

新村も何か訴えていますが、マウスピースをしているので言葉になっていません。

星乃「私は犬です、リング上で喘いでごめんなさいって言いなさい!」

新村「んんんん、、、」

星乃「何言ってるのか分かんないわよ!」

口から何度も出そうになるマウスピース。

しかし、その度に口に押し込まれ、「食べなさい」と強要される始末。

星乃のSっ気、新村のMっ気が見事にハマってますね。

星乃「さっきまでの威勢はどこに行ったの?メス犬!」

新村「あああああ、、、」

彼女の負け作品が好みの人であれば、ここまでのヤラレっぷりできっと満足するでしょう。

マウスピースを落とさないように命令する星乃。

そして、新村のボディに容赦ないラッシュを浴びせていきます。

巨乳をぶるんぶるんさせながら、必死に耐える新村ですが、

逆転を狙っているわけではなく、ただ終わるのを待っているだけ。

勝負はもうついています。

マウスピースをはめた口からこぼれてくる涎。

星乃「何人のグローブに涎つけてんのよ!」

新村「ごめんなさい、、、」

顔や胸に塗りたくられる屈辱。

さらに、星乃は新村をリング中央に戻すと棒立ちの相手にパンチを浴びせていきます。

すぐにでも倒れたい新村ですが、星乃のS性がそれを許してくれません。

再び強烈なパンチでロープ際まで追い詰められてしまいます。

ガードする力もなく、ひたすらパンチを受け続けるだけの新村。

星乃の殺戮ショーは一向に終わりが見えません。

星乃「ここやってなかったわね」

と、今度は股間へのパンチ。

パンチを受ける度に新村のエロ過ぎる声がリングに響きます。

新村「ごめんなさい、ごめんなさい!」

何度も謝罪する新村ですが、星乃はさらに責めまくり。

股間を愛撫されるたびに、新村の腰がいらやしく動きます。

もはや新村に許された言葉は、「ワン」のみ。

殴られ続けているのに、犬の様にしか喘げない地獄の責めに表情はどんどんと虚ろになっていきます。

星乃を見る目は、もう恐怖に怯えてしまっています。

星乃「ワン、でしょ?何で犬が二足歩行なの?」

リングに放り投げ、四つん這いになることを強要する星乃。

新村は逆らうことはできず、何とも無様な格好でリング中央に進んでいきます。

星乃「首を振って嬉しそうにワンワンでしょ?」

新村「ワンワン、、、」

星乃「お利口さんねぇ。よくできたわ」

星乃「メス犬なんだから媚びることも必要なのよ」

そう言うと、頭をリングに押し付け腰を突き出す格好にさせる星乃。

もはや土下座のような格好になっています。

星乃「分かってるじゃない、さすがメス犬。じゃ、よくできたご褒美あげようか?大好きなご褒美。ワンでしょ?」

新村「わ、わん、、、」

何をされるか本能的に分かっている新村は恐怖におののきます。

星乃は新村を仰向けにさせ、ワンと言うことを強制します。

まるで犬の服従のポーズのような格好になる新村。

そこに星乃のパンチの嵐。

新村はガードすることもできず、食らい続けます。

星乃「これは一回目のご褒美。二回目のご褒美はどんなのがいいの?」

新村「うあああ、、、」

今度は胸と股間を愛撫し、時にはパンチを食らわせます。

新村はすっかり子犬のように体を震わせ、責め苦が終わるのをじっと耐えるのみ。

そして、星乃のトドメのパンチラッシュ。

最後に股間に強烈な一撃を浴び、ビクビクビクと体を痙攣させてしまう新村。

ここでようやくダウン判定がされ、カウントがコールされます。

星乃は新村の腹を踏みつけ、カウントがコールされるのを聞いています。

押さえつける必要なく、もう立てないほど疲弊している新村は、

白目を剥いたままで10カウント負け。

新村にとってあまりにもショッキングな敗北です。

しかし、星乃は失神状態の新村をすぐに覚醒させ、自分の靴を舐めさせます。

どこまでもドSな星乃。

男相手でも女相手でもこの容赦のなさが最高ですね。

最後はグローブを舐めさせ、フィニッシュ。

新村はすっかり星乃の犬になってしまい、忠誠を誓うかのようなしおらしさを見せています。

どちらの敗北も見られるとは言え、新村の負けっぷりはすさまじいですね。

責めてもよし、受けてもよしのオールラウンダー。

実力は超一流なので、チャンピオンの素質もあると思いますが、

これだけの負けのエロさを見せつけられたら敗北シーンを見たいファンが急増しそうですね。

 

あまりトップレスの試合はそそらないのですが、

今作はマッチメークが素晴らしすぎたので、抵抗なく見られました。

トップレスボクシングものの傑作と言っていいでしょうね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】