BellyPunchBoxingSPECIAL 01~サイドA結末~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

BellyPunchBoxingSPECIAL 01

対戦ファイター:星乃華・新村あかり

思った以上に内容がボリューミーになっているため、それぞれの結末を分けてご紹介。

責められっぱなしだった新村は、これまでのお返しとばかりに星乃を責め立てていきます。

新村「擦ってあげる。私も」

星乃「あああああ!!」

責めていた星乃も、新村のリアクションに感じてしまっていたのでしょう。

立場が逆転すると、だんだん弱弱しい顔と声になっていきます。

さらに、まんぐり返しで恥ずかしい格好にさせ、股間を責めまくる新村。

新村「ねぇ~好きなんでしょ?ここ」

星乃「ふぁぁぁ!!」

やはり彼女は責めっぷりも極上です。

新村の激しい責めに星乃は喘ぎ声が止まりません。

殴られ、嬲られ、星乃の体にも限界が近づいています。

新村のテクで股間をピンポイントに責められ、

星乃は遂に、体をビクンとさせて絶頂を迎えてしまいます。

強気な女性がイってしまう瞬間はいつ見てもいいですね。

一度イカせただけでは当然新村は満足しません。

新村「まだまだよ、ほらぁ」

星乃「アッアッアッ、、、」

休ませることなく追撃のパンチと愛撫を繰り出します。

さらに股間を擦りあわせて貝合わせ。

新村「何?ちょっと濡れてきてんじゃないの?」

星乃「濡れてないわよ、、ああああ、、、」

股間を刺激され、胸を殴られ、星乃の理性がどんどんと崩壊していきます。

新村「何感じちゃってんの?アハハハ、いい顔。もっとやってあげるからね」

新村の高笑いがリングに響きます。

殴られまくっている星乃の顔がアヘ顔になっていき、

新村のパンチの虜になっていきます。

新村「ほら、ここがいいんでしょ?気持ちいいんでしょ?」

星乃「あううん、、、」

新村「あ~やらしい、何その顔。アンタもメスの顔になってるわよ」

星乃「アッアッアッ、、、ああああ」

星乃の心を折るべく激しさを増す新村の責め。

新村「ほらほらほら、イケイケイケイケーー!!」

星乃「アッ!!!」

股間を責められ続け、さらにイッてしまった星乃。

体をビクビクさせ、痙攣が止まりません。

しかし、まだまだ試合は終わりません。

無理やり星乃を立たせた新村は容赦なくパンチを浴びせていきます。

ロープに磔にされ、ボコボコにされる星乃。

最初の強気な顔はもうどこにもありません。

さらに、股間にもパンチ。

女の弱点をとことんまで責め尽くすドS責め。

痛みと気持ちよさで、星乃の脚はもうガクガクです。

新村「リングの上なのに感じちゃって」

新村の極上の言葉責めを浴びせられながらのラッシュ。

ドMならここで絶頂してしまいそうですね。

強烈な新村の責めに、星乃の口から涎が垂れてしまいます。

もはや星乃に逆転できる力は残っておらず、

ただのサンドバックと化しています。

すると、新村は序盤に落ちたマウスピースを拾い、無理やり星乃の口に押し込みます。

新村「アンタのでしょ?ほら、犬みたいに咥えなさいよ」

星乃「アッアッ、、、」

新村「あ~骨みたい。アハハ、骨咥えてるの?可愛いわね」

体も心もボロボロにされた星野は、もう目が虚ろです。

新村「可愛い~すっごい可愛いその顔。アハハハ!」

星乃はマウスピースを口に入れられたことで、呻き声しか出せません。

そこに容赦ないボディブロー。

強烈な一撃で口からマウスピースがこぼれ落ちそうになりますが、

新村は吐き出すことを許しません。

痛めつけた後は股間や乳首を愛撫。

新村「ああ~擦れちゃってるわね、グローブで。何も言えないの?気持ちいいね」

星乃「アッアッアッ、、、」

飴と鞭を使い分けるドS責めに、星乃の表情はとろけていく一方です。

新村「あ~いい顔。気持ちいいの?ねぇ?」

星乃「うあああ、、」

新村「ほら、乳首でイッてみなさいよ」

星乃「アッアッアッ!!!」

無防備で乳首を弄られまくり、体をビクビクさせてしまう星乃。

彼女のイキっぷりもたまりませんね。

口から何回かこぼれ落ちそうになるマウスピース。

その度にドスのきいた声で、無理やり押し込む新村のドSっぷり。

声のバリエーションも豊富なので、本当に何者でもできる演技力に脱帽です。

もはや自立できないほど弱った星乃をリング中央まで抱きかかえていく新村。

そして、リング上で胸を擦り合わせます。

マウスピースで口が開いたままの星乃は、口からダラダラ涎がたれまくり。

新村は、それを潤滑油のように胸同士で濡らしまくります。

新村の挑発するような妖艶な言葉責め、それを受けて喘ぎまくる星乃の対比がエロ過ぎます。

気力が尽いた様子の星乃を見て、新村はようやくフィニッシュの体勢。

マウスピースを星乃の口にしっかりと押し込むと、、、

新村「アンタの一番好きなのやってあげるから」

強烈なボディブロー!!

拳が星乃の腹にめりこみ、内臓をえぐります。

当然今の星乃にこれを耐え切る体力は残っておらず、マウスピースを吐き出しダウン。

星乃「あ、、あが、、、」

口をパクパクさせ、焦点の定まらない目で悶える星乃。

ダウンコールがカウントされます。

新村「アハハハ!あ~ら、もう目が虚ろ」

星乃「アッアッアッ、、、」

カウントがコールされる間にも、脚で股間を刺激する新村。

しかし、星乃が立ち上がれるわけがありません。

そして、遂に10カウントでゴング。

新村「アハハハ!あれれ?起き上がれなくなっちゃった~」

星乃「あ、、あ、、、」

新村「イキすぎてピクピクしちゃったのかしら~アハハハ!!ごめんね、私のか・ち」

星乃は無様な姿を晒し、新村の前に敗れ去ってしまいました。

勝者の新村は星乃の腹を踏みつけ、高笑い。

リングには勝利者の笑い声だけが響きます。

新村のエロ過ぎる責めっぷりと、Sキャラの星乃の無様な負けっぷりは実に見事でした。

この結末だけでも十分傑作と言えますが、

サイドBでは、もう1つの結末が描かれています。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】