プロレズリングファイト GREAT01 ~それぞれのif展開~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリングファイト GREAT01

対戦ファイター:水谷あおい・乙アリス

【Aサイド】

下から必死に抵抗していた乙ですが、

やはり体勢の不利をひっくり返すことはできませんでした。

手を押さえつけられ万事休す。

水谷の激しい腰振りが乙を襲います。

乙「アッアッアッアッ!動かさないで!!イク、、イクイク、、イッちゃう!」

水谷「イキなさいよ、ほらぁ!」

乙「イカない、、イカない、、、アッアッアッアッーー!!!」

抵抗虚しく絶頂を迎えてしまった乙。

呆然としながら体をピクつかせます。

水谷「これじゃダメなのぉ?」

完全に堕ちていない様子を見た水谷は、責めを続行。

乳首をいやらしい舌使いで責め、手マン攻撃を繰り出していきます。

乙「やめて、やめてぇ!!」

水谷「動かしちゃうとどうなっちゃうの?」

乙の反応を楽しむように、奥まで指を突っ込み、いじくりまわす水谷。

これには乙も我慢できず、再びの絶頂。

先ほどよりも激しく体を反らせてしまいます。

さらには、69の体勢でクンニと手マンの同時責め。

まだ戦えると、戦う姿勢を崩さない乙に引導を渡すエロ過ぎる責めを見せます。

乙「私は、、、まだ、、できるんだから、、、」

水谷「我慢してみたらぁ?アハハ」

乙「ああああ!!離して、離してぇ!!」

乙のエロ過ぎる喘ぎ声がリングに響き渡ります。

もはや気持ちとは裏腹に体は正直になっており、

水谷の責めで何度もイク体に調教され始めています。

トドメは恥ずかしい体勢でフォールしたままの手マン。

乙「ふぁあああああ!!!こんな格好でイキたくない、、こんな格好で、、、」

水谷「あなたはこんな格好でイッちゃうんでしょ?」

乙「イカないーーー、、、ああああああ!!!!」

イキたくない体勢での屈辱的な絶頂。

タチファイターの乙にとっては、悪夢でしょうね。

完全に心が折れてしまった乙は、ついに

乙「ギブ、ギブ、、ギブアップ!!やめて、やめて、、ギブ!ギブ!ギブアップーー!!!」

水谷の尻に敷かれた状態で敗北宣言。

試合前は遊んであげる、と豪語していた強い女性が、

まだファイト系のキャリアの少ない水谷に完全なる敗北を喫してしまいました。

体をピクピクさせ、リングに横たわる乙。

水谷「ねぇ、今ギブって言った?」

水谷のドヤ顔、最高過ぎます!

こんな笑顔で見下されたい、、、

乙は、だらしなく舌をだらんと出して、失神状態。

M女だと思っていた相手にイキ狂わされてしまったのですから、

こんな状態になってしまうのも無理はありません。

こちらもリアクション最高過ぎますね。

現実を受け止めきれない乙に、水谷の容赦ない一言。

水谷「私の下、通ってみなさい。四つん這いで」

敗者の心をとことんまで折るドSっぷり。

命令口調も様になってます。

完全に水谷に逆らえなくなってしまった乙。

よだれを垂らし、泣き顔になりながら、ゆっくりと体を動かします。

水谷「何してるの、早くしなさい」

水谷女王様は、容赦ありませんね。

水谷の笑い声を上から聞きながら、屈辱の股くぐり。

お尻をピシャピシャ叩かれながら

水谷「ほら、早く通りなさいよ」

乙「ごめんなさい、、、」

と勝者と敗者のやり取りが続きます。

ようやく通り抜けた乙は、プライドが崩れ落ちるように体から倒れこみます。

そして、頭を踏みつけられる屈辱。

水谷「私の勝ちね。アハハハ!」

乙はもう何も言うことはできません。

散々イカされ、股くぐりまでさせられてしまった乙。

一方、勝者の水谷はこの笑顔です。

もっとやさしい責めを想像していたのですが、

蓋を開けてみれば、見事なまでのドSっぷり。

可愛い顔して、中身はヒールや女王様、女幹部のようなダーティさを秘めていました。

このルックスで責めが上手いとか最高かよ。

 

【Bサイド】

もう1つの結末は、ここで運命が分かれます。

上からガンガンと乙を責め立てる水谷。

さすがの乙も激しい貝合わせにイク寸前まで追い詰められてしまいます。

しかし、ここでイッてしまうほど乙は甘くありませんでした。

水谷の首を絞め、マウントを取り返すことに成功します。

乙「全部思い通りになると思った?」

まるでここまでは手を抜いていたと言わんばかりに、エロく責め立てる乙。

巧みなキス責めに水谷は気持ちよさそうな声を出してしまいます。

さらに胸同士を擦りあわせての愛撫。

水谷「あうっ!あん!」

乙「おっぱい、物足りないの?」

キスや首絞め、股間愛撫まで加わり、水谷の口からは強気な言葉が出てこなくなってきます。

そして、電気あんま。

直接股間を刺激され、水谷の喘ぎ声はどんどん大きくなっていきます。

乙「気持ちいいの?散々やってくれたわね。たっくさん気持ちよくしてあげるから覚悟しなさい」

水谷「アッアッアッアッ!!」

水谷の悔しそうで、気持ちよさを我慢しているような顔がたまりませんね。

首を絞めたままの貝合わせ。

激しい腰振りに水谷の体がピクンと震えます。

乙「イッちゃった?イッちゃったの?」

水谷「イ、イってなんかない、、、」

乙「気持ちいいの?首絞めで?気持ちよくなっちゃう?」

水谷「ふあぁぁ!!!」

こうなってしまうと、乙の猛攻を止めるのは不可能。

乙は水谷の後ろを取ると、スリーパーを掛けたままで手マン攻撃を繰り出します。

もう水谷の口からは喘ぎ声しか出てきません。

イってもイっても乙の激しい手の動きが止まることはありません。

水谷「ああああああ!!」

乙「イッちゃったの?いっぱいイカせてあげる」

水谷「アッアッアッアッ、、、」

水谷の声は既に泣きが入っており、乙のテクニックの前に戦意が喪失されていっています。

乙「これで終わりじゃないから」

と貝合わせで追い打ちをかけます。

乙「擦られるのが気持ちいいんでしょ?」

水谷「気持ちよくなんか、、、ない、、、」

乙「気持ちよくない?」

よせばいいのに、まだ生意気な口を聞いてしまった水谷は、

乙によってさらにトラウマになるような地獄に叩き落されます。

乙「やっぱりこっちなの?首絞めが好きなの?」

トドメは首絞め貝合わせ。

リングに響く乙の言葉責めと、水谷のエロい喘ぎ声。

水谷のよがる姿で乙の動きはどんどん激しくなっていき、

乙のテクニックで水谷の体も昂っていきます。

水谷「ああああ!!ダメ、、いや、、いや、、、イッちゃう!!」

乙「好きな時にイッていいのよ」

水谷「イクーー!!!アッアッアッアッ!!」

乙のエロ攻撃の前に、水谷は大絶頂を迎えてしまいました。

乙「イッちゃったの?でもまだギブアップしない余裕あるんだ?」

負けを認めるまではこの試合は終わらないとばかりに責めを続行する乙。

乙「これ一生続くよ?ギブアップって言うまで一生続くよ?一生続けてほしいの?」

水谷「ああああ!!ギブギブギブ!!ああーーー!ギブーーー!!!」

相変わらず凄まじい乙のテクニック。

水谷の心を完全粉砕してしまいました。

エロ過ぎるイキっぷりを晒した水谷に詰め寄る乙。

乙「ギブアップって言っちゃったの?つまんないなぁ。もっと遊べるかと思ったのに」

水谷は体をピクピクさせるだけで、乙の顔をまともに見ることができません。

しかし、タチの乙はこのまま試合を終わらせるようなことはしません。

乙「終わりだと思った?終わらせないわよ。ほら、こっち向きなさい」

髪を掴み無理やり起こすと、乙は何と水谷に股間キスを命じます。

敗者の水谷に拒否権があるはずもなく屈辱の股間キス。

乙が押し付けるのではなく、自ら向かってキスをさせるドSな行為は、

さすが乙アリスというところでしょう。

乙の要求はまだ終わりません。

水谷の頭を踏みつけ、

乙「ねぇ、オナニーしてみせてよ」

と命じます。

水谷「で、できません、、、」

乙「え?見られて濡れるくせに何言ってるの?早くしなさい!」

乙が勝つと敗者をとことん追い詰めていきますね。

逆らうことのできない水谷は、乙に踏みつけられながら

自らの股間を弄り始めます。

これはめちゃくちゃ屈辱的。

乙「アハハ!恥ずかしい~リングの上でオナニーしてるの?」

水谷「アッ、、あああ!!」

ドMが同じことを乙に言われたら絶対逆らえないでしょうね。

言葉でなじられ、バカにされ、自慰行為をしなければいけない水谷。

感じるのは悔しいはずですが、自らの弱い部分は自分が一番知っているだけに

絶頂を迎えるのはそこまで時間はかかりません。

水谷「ああああ!!イクゥーーー!!!アッアッア、、、」

乙に踏みつけられたままイってしまった水谷。

体をビクンビクンさせながら、リングで悶えまくります。

それを楽しそうに見つめる乙のドSな目。

興奮する要素しかないシーンですね。

リング上でエロ過ぎるアヘ顔を晒し、完全敗北を喫してしまった水谷。

乙の怖さ、レズファイトの洗礼を味わってしまう展開でした。

水谷ファンでも、そうでなくても、興奮してしまう決着でした。

 

両方の敗北があるため、どちらも楽しめるのが嬉しいところですね。

最近はこのパターンが主流になってきているので、

MIXファイトやバトルファックにも、その流れが来てくれると

M男としては安心して買えるものがありますが、果たしてどうなるか。

 

乙のリアクションや責めの上手さはここで改めて書く必要はありませんが、

水谷のリアクションが素晴らしかったですね。

責めてもよし、受けてもよし。

表情の作り方が上手いので、思わず感情移入してしまいます。

このシリーズは1作目がこれほどのビッグマッチになってしまったので

2作目は大変でしょうねw

期待を超えてくる作品、そしてシリーズになってくれることを願います。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】