MIXプロレス・カップル対決 4 ~控室での対決~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

MIXプロレス・カップル対決 4

対戦ファイター:まみや羽花

毎月ペースでリリースされていることで、一気に注目シリーズに躍り出たMIXプロレス・カップルシリーズ。

第4弾には巨乳と童顔が眩しいまみや羽花が登場です。

例のごとく、試合に負けた男ファイターがうなだれているところにやってきた彼女役のまみや。

さっきの試合はなんだ、と男ファイターに悪態をつきます。

対する男ファイターもまみやの生意気な態度にイライラ。

口論は白熱し、プロレスで決着をつけようとお互いに譲りません。

バックヤードで始まった痴話ケンカ。

しかし、お互いレスラーなだけに敗北は味わいたくないところ。

まずは組み合って力比べとなりますが、やはり純粋なパワーなら男ファイターの方が上。

まみやは段々と押し切られてしまいます。

まみやを転がせた男ファイターはすかさず脚を取り、サブミッションを極めます。

可愛い悲鳴を上げ苦しむまみや。

巨乳なだけに、谷間がエロ過ぎますね。

しかし、まみやは男ファイターの技を強引に振りほどくと、絞め技で応戦。

まみや「散々やってくれたわね」

と腕に力を込め、男ファイターの首を絞めていきます。

男「調子に乗るなよ」

男ファイターも簡単に主導権を渡しません。

お返しに、まみやを逆エビ固めで痛めつけていきます。

ならばと、まみやは三角締め。

関節技と絞め技の応戦で、お互いに一進一退の攻防を繰り広げます。

どちらも簡単にペースを握らせません。

まみやのムチムチの太ももに挟まれながらの窒息は、M男にとってはご褒美でしょうね。

しかし、地力で勝る男ファイターが徐々に主導権を握り始めます。

まみやの三角締めを耐えきると、キャメルクラッチで攻勢に出ます。

体を思いっきり反らされ、苦悶の表情を浮かべるまみや。

さらに、男ファイターはまみやの巨乳を揉むエロ技も加えていきます。

口から喘ぎ声が漏れ、このアヘ顔。

感じてる声と顔がとにかくエロいです。

続けて、首と脚を掴んでのサブミッション。

男「おら、ギブアップか?」

まみや「うあああ、、、」

体をギリギリと締め上げられていくまみやの声が弱弱しくなっていきます。

そして、お返しの三角締め。

同じ技を返されるのは、男でも女でも屈辱的。

男「ほら、ギブアップだろ?」

まみや「ギブアップしない、、、」

男「私の負けですって言えよ!」

まみや「負けてない、、、」

劣勢ではありますが、まみやは決して心が折れていません。

攻められっぱなしだったまみやですが、空いていた左手で男ファイターのボディを攻撃。

なんとかエスケープに成功します。

反撃のサブミッションを極め、男ファイターの体を痛めつけていきます。

まみや「ヤラレっぱなしじゃないんだよ」

男「くそ、、いつの間にこんな成長にして、、、バカな、、」

続けて、スリーパー。

息を止められてしまう苦しさもそうですが、背中に当たっているであろう胸の感触も気持ちよさそう。

この場合男はどっちの感情が強くなるんでしょうかw

意識が遠のいていくのを何とかこらえ、エルボーで脱出した男ファイター。

思った以上のまみやの強さにもうなりふり構っていられません。

コブラツイストで痛めつけたかと思いきや、胸を揉みエロ攻撃も加えていきます。

近くにこんな見事なものがあれば揉みたくなるのは、男の性でしょうね。

腰砕けになってしまったまみやに、ドラゴンスリーパーで追撃。

まみや「うあ、、あ、、あ、、」

まみやの口から苦しそうな声が漏れていきます。

首と背中を曲げられ、段々と生気を失っていくまみや。

まみやはトロンとした表情が、めちゃくちゃエロいですね。

本来はMっ気もあるのではないかと思うような表情を見せてくれます。

何とか男ファイターの猛攻を凌ぎ切ったまみや。

男ファイターのマウントを取ると、

まみや「早くギブアップしなさいよ」

と首を絞めていきます。

さすがの男ファイターもこれにはたまらず、呻き声を上げてしまいます。

しかし、男ファイターも応戦。

下からまみやの首を絞め返し、お互いが首を絞める格好に。

この攻防は男ファイターに軍配が上がり、まみやの腕が男ファイターの首から離れてしまいます。

再び主導権は男ファイター。

まみやの脚を掴み電気あんまで一気に攻め立てます。

まみや「アッアッアッアッ!」

揺れまくるまみやの巨乳。

絶景過ぎるアングルです。

さらに、膝を立てて股間を攻撃。

男「おら、ギブアップって言えよ、オラ!」

まみや「い、イヤ、、、アッアッアッ、、」

エロい声が控室に響き、このまま感じてしまう展開が予想されましたが、

まみやは力を振り絞り、男ファイターを蹴りで跳ねのけます。

まみや「こうしてやる。苦しいでしょ?」

クロスアームスリーパーで男ファイターの首を絞めていきます。

如何にパワーのある男ファイターとは言え、首を狙われては男女のハンデは関係ありません。

さらに、足をクロスさせ、腕を掴んでの反り技。

「脚が折れる」という男ファイターの情けない悲鳴が響きます。

苦しがる男ファイターを見て、ほくそ笑むまみやのSっぷりがそそりますね。

調子が出てきたまみやは、男ファイターの腕を使って自ら首を絞めるような体勢で攻めまくり。

まみや「自分の手で自分の首を絞める感覚はどう?」

男「うが、、、ぐがが、、、」

容赦のない徹底した絞め技に、男ファイターの動きはだんだんと鈍り始めます。

そして、脚を取り関節攻撃。

まみや「弱っちいわね」

このまま一気に勝負を決めるか?

しかし、男ファイターはまだ余力を残していました。

攻められながらも必死にパンチで応戦し、まみやのボディにヒット。

まみやはお腹を押さえてダウンしてしまいます。

この機を逃さず攻めに転じた男ファイター。

お返しにスリーパーでまみやの首を締め上げていきます。

声も表情も弱弱しくなっていくまみや。

だらしなく体を弛緩させ、ぐったりする姿がエロいですね。

さらに、グラウンドコブラ。

男「ほら、ギブアップだろ?」

まみや「やめろ、、、」

まみや「止めてくださいだろ!俺様に逆らうんじゃねぇぞ、女のくせしてよ!」

厳しい状況ですが、まみやは強気の姿勢を崩しません。

男ファイターの猛攻にさらされたまみやでしたが、ここで反撃。

エルボーを男ファイターに食わらせ、技を解かせます。

ここを決めきれなかった男ファイター。

明暗はここで分かれることになりました。

まみやは、男ファイターの手足を拘束すると、そのまま上に乗ります。

まさかの攻撃に男ファイターも驚きを隠せません。

まみや「体固いからキツイわよね」

このドヤ顔たまりませんね。

自分よりも幼く、Mっぽい女性にのしかかられ、見下される屈辱。

しかも、相手が巨乳となれば女に負けた感はさらに倍増されます。

S性にスイッチの入ったまみやは、さらに首絞め。

至近距離で意識が落ちていく様を見て、微笑む姿は小悪魔ですね。

このままでも落とすことはできそうでしたが、敢えて解放したまみや。

まみや「一番得意な絞め技してあげるわ」

男「ぐ、、あああ、、、」

まみや「これで最後決めてあげる」

ムチムチの太ももに挟まれながらの首絞め。

これは如何に男ファイターでも耐えられるものではありません。

男「この俺が、、女なんかに、、、ギ、ギブ、、、」

まみや「聞こえないわよ」

男「ギブ、、、ギブアップ、、、」

しかし、ここは控室。

ゴングが鳴ることはなく、男ファイターはまみやの太ももによって落とされてしまいます。

男ファイターに顔面騎乗して勝ち誇るまみや。

まみや「落ちちゃったのね。ほらやっぱり私の方が強いじゃない。決着つけたきゃ、リングの上で戦いましょ」

まみやはそう言い残して去っていきます。

残された男ファイターは、何も言い返せず床に転がるだけ。

負けたことが自分でも信じられない様子です。

果たしてリングでリベンジを果たすことができるのか?

いや~まみやの体、脱がなくてもエロ過ぎますね。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】