プロレズリング Special Vol.6 ~前半~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリング Special Vol.6

対戦ファイター:なつめ愛莉(T:160cm B:85cm W:58cm H:84cm)
        神納花(T:162cm B:84cm W:62cm H:92cm)

小悪魔美女と妖艶な美女による豪華なレズファイト。

彼女たちの因縁は、以前に行われたタイトルマッチまでさかのぼります。

王者のなつめに挑んだ神納でしたが、惜しいところまで追い詰めるも結果は返り討ち。

年下に顔面騎乗をされてしまう屈辱を味わってしまいます。

今回は、ノンタイトルマッチのエロ対決。

どちらもタチであるだけに白熱した試合になることは間違いありません。

リング中央で組み合う両者。

なつめ「またヤラレに来たんですかぁ?花さん」

神納「今日はリベンジしに来たのよ」

なつめ「リベンジですかぁ?」

神納「そう、今日はタイトルマッチじゃないからね。割と色々できること多いらしいじゃない?」

なつめ「じゃあ、私が色々またイジメちゃいましょうかねぇ」

なつめの小悪魔っぷりも、神納のエロい言い回しも、初っ端からそそります。

言うが早いが、先に手を出したのは神納。

なつめの胸や股間を巧みな手触りで擦っていきます。

一見地味に見えますが、相手の弱いところを的確に突いたテクで、

なつめは早くも甘い吐息を漏らしてしまいます。

脚に力が入らなくなりダウンしてしまうなつめ。

神納は追い打ちをかけるように、逆エビ固めからの股間愛撫。

なつめ「ズルいんじゃないですか?年上なのにこんなことして」

神納「何よ?ルール違反じゃないわ」

なつめ「はぁん!」

神納「さぁ、愛莉ちゃんの気持ちいいところはどこかしら?」

神納のテクになつめは早くもよがってしまいます。

さらに、神納の電気あんま。

なつめ「あああん!やめて、、、」

神納「あ~感じちゃうわね、感じちゃうわね。腰が動いてきちゃうわよ。ほらほらほらほら」

なつめ「あん!ダメ、、そんなとこ、、、」

神納「いいのよ、一杯気持ちよくなって」

必死に耐えるなつめですが、神納のエロい責めに声を抑えることができません。

相変わらず受けのリアクションもエロいですね。

しかし、チャンピオンのなつめもこのままネコになるつもりはありません。

神納の脚を取り、お返しの脚での股間愛撫。

これにはさすがの神納もエロい声を出してしまいます。

なつめ「あれぇ?花さんのココも感じてるんじゃないですか?」

神納「んっ、まだまだ甘いわね、、、」

なつめ「え~声出てますけど?」

神納「アッアッ、、、」

神納の大人のリアクションも最高ですね。

なつめの反撃開始。

神納の脚を広げたまま抑え込み、股間を刺激していきます。

いくら神納と言えどノーガードで愛撫をされ続けたら、たまったものではありません。

さらに、マウントを取って胸を揉みまくり。

なつめ「感じてるんですか?おっぱい揉まれて」

神納「ま、まだ、、これからよ」

なつめ「じゃあ、これからもっと感じさせてあげますね」

神納「ンッ!ああ!!」

なつめもタチなだけに、言葉責めが抜群に上手いです。

なつめは貝合わせで神納を責め立てようとしますが、

この展開は神納にとってもありがたい流れ。

体勢を入れ替え、激しく腰をなつめにぶつけていきます。

なつめ「アッアッアッ!」

神納「形勢逆転ねぇ」

なつめ「あああ!だめぇ、、」

再び流れは神納に回ってきました。

神納は、なつめに覆いかぶさりフォールした状態でエロ責めを続けます。

体の動きを拘束され、一方的に責められるなつめ。

神納の長い舌を生かした責めと、それに感じてしまうなつめのリアクションがエロ過ぎてヤバい。

さらに、なつめを無理やり開脚させて股間を集中的に責める神納。

なつめ「あああ!!」

神納「ほら、チャンピオンがどうしたの?」

神納に挑発されても、なつめは喘ぐことしかできません。

なつめ「いやぁ、、いやぁ、、やめて、、」

神納のエロ過ぎる責めは止まらず、なつめを一方的にいたぶります。

いつ見ても、この人の責め方はエロ過ぎますね。

なつめ「アッアッアッ、、、」

神納「あら、すっかり気持ちよくなってきてるんじゃない?愛莉ちゃん」

なつめ「な、なってない、、、」

劣勢でも決して弱い部分は見せない、これがチャンピオンの意地でしょうか。

状況を変えたいなつめは、立ち膝になり応戦。

お互いの股間を愛撫しあうバトルファック的な攻防を見せます。

なつめの感じてる顔がとにかくエロくて可愛い。

真っ向勝負ではなつめの分が悪いと思われましたが、

なつめは神納の感じるポイントを発見し、「ここでしょ?」と一気に責め返します。

余裕を見せていた神納でしたが、首絞めと股間愛撫の2つの刺激に感じた声を出し始めます。

再び形勢逆転したなつめ。

神納を押し倒し、乳首を重点的に責めまくります。

神納もプロレススキルを駆使して、何とか脚でガードしますが、

なつめは包囲をかいくぐり、的確にポイントを突いていきます。

なつめのこの小悪魔の笑顔に、どれだけM男が堕とされていったか。。。

なつめのテクニックは、女性相手でも発揮され、神納はよがりまくり。

激しいクンニに神納は艶っぽい喘ぎ声を出しながら悶えてしまいます。

年下に体を弄ばれる年上の構図がめちゃくちゃそそります。

調子が出てきたなつめは、神納を恥ずかし固めでホールドし、クンニを続行。

なつめ「もっと感じさせてあげますね。私の舐めてるところ見て、もっと想像してください」

神納「あああああ!!!」

リングに響くなつめのエロい舐める音と、神納のよがり声。

責める方も、受ける方も超一流だとどのシーンを切り取っても興奮しまくりです。

このままではイカされてしまうと危険信号を感じたか、

神納は後転し、何とかなつめのホールドから逃れます。

一気に勝負を決めたかったなつめですが、ここは神納に逃げられてしまいます。

なつめ「逃げちゃダメですよ~イクまで」

神納「そんな簡単に私のことイカせられるわけないでしょ」

なつめ「でもぉ、イキそうでしたよね、今」

神納「まだまだ」

なつめ「この勝負も私が勝つわ」

お互い舌戦でも一向に引きません。

すると、神納はなつめのコスチュームに手を掛け、脱がせにかかります。

抵抗するなつめですが、コスチュームがはだけ、露わになった乳首を舐められてしまいます。

神納の乳首責めになつめは抗えずダウン。

神納は、なつめの手を押さえ、無防備な胸を責め立てます。

顔をそむけ、必死に我慢するなつめですが、この体勢のまま責められるのはキツイ。

体をピクッピクッとさせながら喘ぎまくります。

神納「もうイキそうなんじゃない?」

なつめ「イカない、、うあああ!!」

神納「いいのよ、素直にイッても」

激しさを増す神納の愛撫攻撃。

如何になつめがタチでも、ノーガードで耐えるのは至難の業。

なつめ「あああ!ダメェ、、、アッアッアッ!」

神納の怒涛の責めに、体をビクンとさせたかと思うと、小刻みに痙攣するなつめ。

あまりのテクに先にイッてしまいます。

神納「あらぁ?イっちゃったんじゃない?」

なつめ「イ、、イッてないわ、、」

頑なにイッたとは口にしないなつめ。

しかし、グッタリしたままのなつめに、神納のエロい責めが続きます。

神納のキスを受け入れるしかできないなつめ。

美女同士のキスシーンは、めちゃくちゃそそりますね。

体をピクピクさせるなつめと、ドヤ顔で責めていく神納のコントラストが最高。

なつめの口からイッたと言わせたい神納は、さらになつめを追い詰めていきます。

神納のエロい舌使いに、喘ぎ声が止まらないなつめ。

グロッキーになってしまい、相手の責めを受け続けるなつめの表情がエロ過ぎます。

神納は、胸責めから股間にポイントを移行。

クンニ攻撃でなつめをどんどんと責め立てます。

なつめ「アッ!あう、、、ダメェ、、、」

口を押さえ、何とか声を押し殺そうとしますが、

喘ぎ声が収まる気配はありません。

エロテクでは、神納の方に一日の長があるか??

貝合わせでもう一度絶頂を狙う神納。

このまま神納がエロファイトで絶対的な強さを誇るなつめを制するのか。

それとも、なつめがチャンピオンの力を神納に見せつけるのか。

勝負は後半戦に持ち越します。

 

続く。

 

【DVD版】

【Blu-ray版】

【ダウンロード版】