百合プロレスVol.03

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

百合プロレスVol.03

対戦ファイター:七緒ゆづき(T:155cm B:88cm W:58cm H:85cm)
        窪塚みいな(T:162cm B:85cm W:60cm H:85cm)

百合プロレスシリーズの第3弾。

一進一退、最後までどちらが勝つか分からない熱戦が繰り広げられます。

ショートカットが似合う窪塚みいな。

男も女もどちらもイケるタチ系ファイターです。

自分がイカされた経験があるか、と問われると、常に自分がヤル側と自信たっぷり。

窪塚「試合が終わったら、きっと、絶対惚れてるでしょう、ということでw」

自分のテクでメロメロにさせると言わんばかりの宣言です。

対するは、少し大人しめにインタビューに答える七緒ゆづき。

しかし、空手経験があるので普通のプロレスなら分があるか。

七緒「普段Sの人をイジメるのもいいですね。中々経験ないんですけど、新しい扉を開けそうで楽しみです」

とこちらもS発言。

格闘しつつ弱ったところをイジメたいと目論見を話します。

それぞれ違ったタイプのS対決、早くも期待が高まります。

試合開始。

まずはリング中央で力比べ。

七緒は上目遣いで窪塚を見て

七緒「こんなもんなの?全然力ないじゃん」

と挑発します。

この笑顔はS顔ですね。

こんな感じで挑発されたら、と想像するだけで興奮します。

空手経験者の七緒は得意の打撃で窪塚を攻めていきます。

これには窪塚はたまらずダウンしてしまいます。

すかさず逆エビ固め。

七緒「ほらほら、どうしたの?」

窪塚「うっ、、ぐぅ、、」

1つの技に時間をかけずにキャメルクラッチに移行する七緒。

エロありルールなので、さっそく窪塚の胸を揉み始めます。

七緒「何か言ってみなさいよ」

窪塚「うるさいわね、、、」

七緒「うるさい?じゃ、仕返ししてみなさいよ。ほらほら、全然何もできないじゃん。気持ちいいんでしょ?」

窪塚「気持ちよくなんて、、ないわ、、」

一気に責めたい七緒は

七緒「ほら、さっさと立って。だらけてんじゃないよ」

とインタビューの時とは打って変わったサディストな言葉で窪塚を立たせようとします。

しかし、窪塚はこの機を逃さずローブロー。

七緒は股間を押さえてダウンしてしまいます。

今度は窪塚のターン。

腕十字でホールドし、股を無理やり広げさせます。

窪塚「ほら、ここがガラ空きよ」

と股間を愛撫。

さらに、七緒の腕を封じてマウントを取ると、膝で股間を刺激していきます。

窪塚「どう?気持ちいいんじゃないの?」

七緒「気持ちよくなんてないよ、、、アッ!」

強気だった七緒の口から可愛らしい喘ぎ声が漏れ始めます。

しかし、七緒も好きにはさせません。

強引に体勢を入れ替えると、窪塚の胸を揉みまくり。

もちろん、膝で股間を刺激し返すのも忘れません。

窪塚も再びマウントを奪い返します。

窪塚「ほらほらほら、気持ちいいんでしょ?」

ともに一進一退の攻防。

どちらも主導権を中々握れません。

今度は七緒が窪塚の後ろを取り、再びキャメルクラッチ。

そのままキスをしようと迫りますが、窪塚は必死に顔を背けます。

ですが、マウントを取られ遂にキス責めを食らってしまう窪塚。

七緒「その口塞いでやるよ」

美女二人による喘ぎ声がリングに響きます。

体勢を入れ替えられ、今度は窪塚によるキス責め。

七緒「あっ、、うん、、」

窪塚「結構可愛い声で鳴くわね。ほらぁ、気持ちいいんでしょ?」

七緒「うるさいな!アンタだってさっき声出てたじゃん、アン!」

どちらの攻めも受けも極上です。

グラウンドの攻防は続き、七緒が窪塚を攻める番。

七緒が随所に見せるこの表情たまりませんね。

相手のよがる顔を満足そうに眺めるSっ気が最高です。

七緒「可愛いねぇ。乳首立ってるよ?」

窪塚「あっ!あう、、!」

七緒「気持ちいいんだよねぇ、本当は?感じてるんでしょ?」

窪塚「はぁう、、」

両方S同士の主導権の握り合い、素晴らしすぎます。

窪塚のエロ過ぎるキス責め。

胸や股間をピンポイントで刺激し、その度に七緒がエロい反応をします。

ここまではほぼ互角の展開です。

流れを掴みたい窪塚はここで七緒を立ち上がらせ、コブラツイスト。

七緒「アンアン!あああ、、、」

窪塚「ほら、もっと可愛い顔見せて~」

格闘では自分の方が勝っていると言っていた七緒にとってプロレス技を掛けられるのは屈辱ですね。

さらにドラゴンスリーパー。

無防備になった股間を愛撫し、一気に流れを引き寄せにかかります。

しかし、そうはさせない七緒。

シザーズで挟まれた状態から手を伸ばし、窪塚の胸を愛撫。

無防備な体勢だっただけにガードが遅れてしまいます。

STFからのキス責め。

窪塚「あっ、、はぁ、、んんん」

七緒「気持ちいいのぉ?」

ロリっぽさのある七緒の余裕の責めがめちゃくちゃそそりますね。

七緒の責めはエスカレート。

コスチュームに手を滑らせ、直接胸を愛撫していきます。

ホントに良い顔で責めてくれますね。

コスチュームをはだけさせ、スリーパーで痛めつける七緒。

こんな風に責められたいと願うM男は多いでしょうね。

ですが、マゾではない窪塚はこの快楽を跳ねのけます。

そして、七緒のコスチュームに手を掛け脱がしにかかります。

七緒も必死に抵抗し、お互いが胸をさらけ出す展開に。

どちらも美乳ですね。

まずは窪塚がマウントで押さえつけ、乳首を舐めていきます。

色白ボディに小さめのキレイな乳首、そして、セクシーな喘ぎ声。

素晴らしい素材です。

窪塚の体、喘ぎ声も中々のもの。

決して大きくはないもののよい形に、ハスキーかかったよがり声。

強気な態度とのギャップが興奮を高めます。

ここでもマウントを奪い返す窪塚。

試合は中盤に差し掛かっていますが、いまだに情勢は一進一退。

どちらが抜け出すか予想がつきません。

七緒は窪塚の体を起こすと、股間を愛撫。

対する窪塚も七緒の口をキスで塞ぎます。

お互いのテクがぶつかります。

股間を愛撫しあう勝負は窪塚に軍配。

キスの刺激、股間の愛撫に耐え切れず思わず顔を歪めてしまいます。

七緒「んっんっ!」

窪塚「どうしたの?ほらぁ」

七緒の表情が若干とろけ始めますが、、、

このままでは危険と判断したか、七緒は窪塚を押し倒します。

マウントを取った状態で乳首を集中的に責め、さすがの窪塚も喘ぎ声を抑えることができません。

ですが、レズテクに自信のある窪塚がこのままマグロになるわけがなく。

下から七緒の股間を愛撫。

有利な位置にいるのは七緒のはずですが、巧みな指さばきに体をくねらせてしまいます。

窪塚「どうしたの?なんか力抜けてるわよ?」

七緒「ん、、あ、、、」

七緒も必死に股間を愛撫しますが、窪塚のテクに抗うことができません。

七緒「ああああ!!」

窪塚「あれ?どうしたの?」

七緒「んんん、、、」

窪塚「何?」

七緒「ダメ、、イク、、」

窪塚「イクの?ほら、イキなさいよ、ほら!」

七緒「アッ!!!!」

窪塚のテクで遂にイってしまった七緒。

力が抜け、対戦相手である窪塚に体を預けてしまいます。

窪塚「何?イッちゃったの?ほらほら、ビクビクしてるわよ」

七緒は体をピクピクさせて動けません。

さらに、窪塚の追撃。

四の字固めで極めると、空いた脚で股間をグリグリと刺激します。

七緒「うあ!!」

窪塚「ほらぁ、気持ちいいの?気持ちいいって言いなさいよ」

七緒「うるさい、、、はぁう、、」

一気に勝負をつけたい窪塚は貝合わせを繰り出します。

しかし、負けられない七緒はここで必死に反撃。

自ら腰を動かし、逆に窪塚をダウンさせます。

今度は七緒が責める番。

七緒「可愛いねぇ、気持ちいい?もっと声出してよ」

窪塚「はぁ、、、あああ!!」

イった後でもこのS性を出せるのが素晴らしいですね。

続いて逆エビ固めで窪塚の体を痛めつけます。

エロ勝負になっていただけに、ここでのプロレス技は窪塚にとって予想外。

七緒がインタビュー通りに自分の持ち味を徐々に発揮していきます。

プロレス技の首四の字固めで窪塚を捕らえると、無防備の胸と股間を愛撫。

ガードができない窪塚、これはたまりません。

七緒「ほらぁ、苦しいねぇ」

窪塚「アッアッアッ!」

七緒「あ~脚広げて恥ずかしい~」

この体勢になってしまうとあとはイカされるのを待つしかありません。

七緒「イッちゃいなよ」

窪塚「アッアッ!あうううーー!!アッイク!」

七緒「いいよぉ~」

窪塚「ああああ!!!」

体を拘束された状態でイってしまった窪塚。

七緒が早々にポイントを奪い返す格好になりました。

七緒「可愛い~ウフフ、イッちゃったねぇ、ざまあみろ。気持ちよくなっちゃった?」

追撃したい七緒は窪塚の胸に狙いを定めて責め立てます。

受けのリアクションもいいですが、彼女は責めている時こそイキイキしてますね。

しかし、このまま好きにさせたくない窪塚は七緒を押し倒し、反撃。

キスや乳首舐めで七緒を感じさせていきます。

キスや手のテクは窪塚の方が上か。

イーブンに戻し調子を上げてきた七緒をあっという間に黙らせていきます。

七緒「んっんっんっ、、ああああ!!!」

窪塚のテクでどんどん息が荒くなっていく七緒。

七緒「あああ!ダメ!!」

体をビクビクさせて再び絶頂。

窪塚「またイッちゃったの?」

憂いを帯びた七緒の表情がエロ過ぎます。

しかし、七緒もすぐさま反撃。

七緒「気持ちよくしてあげるから」

七緒のテクも相当なもので、窪塚は体をくねらせ、よがり声を上げ始めます。

何度も言いますが、七緒の責める表情がとにかくエロい!

この至近距離でドヤ顔決められたら、並のM男はひとたまりもありません。

窪塚も必死に応戦し、股間を愛撫し返します。

先ほどの展開と同じような流れになっていますが、、、

七緒「あああああ!!!」

窪塚「あああああ!!!」

なんとここは両者絶頂を迎えるという鬼アツシーン。

ともに体をビクビクとさせながらイク姿はエロい、しか出てきません。

間違いなくレズファイト史上に残る名シーンでしょう。

お互い限界が近くなってきた終盤戦。

両者膝立ちの状態で股間をまさぐっていきます。

エロい声がリングに響き、それぞれがアヘ顔を晒してしまいます。

この勝負を制したのは窪塚。

七緒の手が止まる中、激しさを増す窪塚の愛撫に太刀打ちできません。

七緒「あっ!ああ。。。」

窪塚「何?もう一回イクの?」

七緒「うううう、、、ああ!あああん!」

窪塚「ん?イクの?」

七緒「んんんんーーー!!!」

絶頂し、崩れて落ちてしまう七緒。

窪塚「何、またイッちゃったの?」

この機を窪塚は逃しません。

グラウンドコブラに捕らえると、胸と股間の同時責め。

完全に動きを封じられた七緒はもうどうすることもできず喘ぐだけ。

七緒「ああああ!!」

窪塚「ほら、またイッちゃいなさいよ。気持ちいいんでしょ?」

七緒「あああ!イッちゃう!」

窪塚「イクの?イキなさいよ」

七緒「ああああ!!ギブ!ギブ!」

窪塚「え~何々、聞こえないんだけど?」

七緒「ギブー!!」

窪塚「ちゃんと言いなさぁい」

七緒「ギブアップーー!!!!」

窪塚のテクの前に遂に陥落してしまった七緒。

窪塚は徹底的に七緒を追い詰めるべく、コスチュームを手に掛けます。

嫌がる七緒から無理やりコスチュームを脱がせ、全裸にさせると、、、

トドメは貝合わせ。

激しい腰振りに七緒はもう喘ぐだけ。

七緒「ふぁぁぁぁ!!」

窪塚「うらうらうら~イキなさぁい」

七緒「あっあっあっ!ダメダメ、、、あ、、イッちゃう!!」

散々イカされてきた七緒にこれを耐えられる力は残っておらずあっという間に絶頂。

七緒はそのまま失神してしまいます。

その姿を見て、顔をパシパシと叩く窪塚ですが、七緒はビクビク体を痙攣させるだけで動きません。

窪塚「あれ?失神しちゃった?可愛い~あ~楽しかったわぁ、責めるの。私の勝ちね」

レズ経験豊富な窪塚の前に七緒は完全敗北を喫してしまいました。

七緒は体のピクピクが最後まで止まりません。

美女がイカされて痙攣する姿が好きな方はきっと興奮するはず。

どちらも責めも受けも上手く、

試合展開もほぼ互角で進むのが見応えがありましたね。

七緒ゆづきの男とのバトルファック、一度見てみたかったです!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】