女子→男子 プロレス技攻撃集 Vol.01 ~冴島エレナ 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

女子→男子 プロレス技攻撃集 Vol.01

対戦ファイター:冴島エレナ

二試合目は姫カットが似合う冴島エレナ。

立ち姿がスラッとして絵になりますね。

男ファイターは早くも臨戦態勢で冴島に挑みます。

パワーでは不利かと思われましたが、あっさりと男ファイターを投げ飛ばす冴島。

男ファイターはマットに打ちつけられます。

冴島はすかさずマウントを取り男ファイターの首を押さえつけます。

冴島「アンタ、男のくせにこんなのも跳ねのけられないの?弱いわねぇ。な~んだ、大したことないじゃない」

男「ぐ、あああ、、、」

冴島「もうギブアップ?みっともない」

早速言葉責めを開始する冴島。

胸はそこまで大きくありませんが、谷間がセクシーです。

続いて腕十字。

冴島「どう?まだ懲りてないのかしら?ウフフ、弱いねぇ、男のくせに」

男のプライドをズタズタにするような言葉責めを吐く冴島。

クールな言い回しが実にそそります。

もがく男ファイターをさらに苦しめるべく太ももで挟みます。

関節を極められ、首を絞められ、男ファイターは早くも大ピンチ。

冴島「苦しい?でももしかしてこういうのが好きなんじゃないの?」

冴島は男ファイターのM性をさっそく見抜きます。

ダウンした男ファイターにキャメルクラッチ。

腰を思いっきり反らされくぐもった声を出してしまう男ファイター。

そして、そのままスリーパーに移行。

男ファイターは必死にもがきますが、ガッチリ極まった腕を振り払うことができません。

あっという間に心を折られてしまった男ファイターは、弱弱しい声でギブアップを口にします。

冴島「降参?ダメに決まってるでしょ。まだこれからじゃない」

男ファイターはタップを繰り返しますが、冴島はまったくやめる気配がありません。

冴島「ダメ、離さない。あなたのそういう姿が私は見たいの。もっと抵抗して、抗ってみなさいよ。楽しみましょ」

ほくそ笑む冴島のSっぷりがたまりません。

戦意喪失している男ファイターを無理やり起こす冴島。

男ファイターはフラフラの状態で立ち上がるしかありません。

冴島は男ファイターの腕を掴んだ状態で、背中を踏みつけます。

もうやめてくれ、という男ファイターの制止も聞かず小悪魔の笑顔で痛めつけていきます。

右足、左足と交互に踏んづける脚を変える冴島。

冴島「私が満足するまでダメって言ったじゃない」

まるで女王様のような攻めに男ファイターは悲鳴を上げることしかできません。

コブラツイスト。

痛がる男ファイターの顔色を伺いながら力を込める冴島。

男「ギブ、、、ギブ、、、」

冴島「ギブはないわ」

とドSに責め続けていきます。

冴島「もっと続けるわよ。だって楽しくなってきたもん」

もはや冴島が満足するまでこの試合は終わりません。

それを感じた男ファイターは絶望。

男「止めてください、、、」

冴島「ダメ」

敬語で懇願しても言葉で一蹴されてしまう虚しさ。

男ファイターの痛がる様を至近距離で楽しみまくる冴島のSっぷりがいい。

こんな風に攻められたいという男の願望がありますね。

背中に当たる胸の感触も羨ましいです。

ようやくコブラツイストから解放された男ファイターですが、次の地獄が待っています。

ムチムチの太ももによる首絞め。

いいお尻してます。

冴島「これからもっと苦しいことするからね」

男「やめ、、やめ、、、があああ。。。」

冴島「面白い声で鳴くのね。ゾクゾクするわ」

男を痛めつけることに快感を覚え始めた冴島の言葉責めもだんだん拍車がかかってきます。

体勢を変えて首四の字。

冴島「折れちゃいそう?よく我慢するわね。もうイッちゃった方が楽なんじゃないの。意識があると苦しいんじゃない?」

太ももで失神するのはM男にとってはご褒美でしょうね。

時にクールに、時に小悪魔のような表情で男を追い詰めていく姿がたまりません。

男ファイターの状態をしっかりと見据え、言葉責めを浴びせ続けます。

男ファイターは必死に逃げ出そうとしますが、STFで捕らえられてしまいます。

冴島「何?何て言ったの?」

男「ギ、ギブ、、、ギブ、、、」

冴島「ギブ?」

男「はい、、はい、、もうできません、、、」

泣き言をいう男ファイターですが、スイッチの入った冴島には逆効果です。

延々と技を掛け、男ファイターを弱らせていく冴島。

弱弱しくなっていく男ファイターとは逆に、イキイキと攻めていく対比がそそります。

冴島「面白いね。喜んでるんでしょ?これが気持ちいいの?」

男ファイターにはもう何も言い返すことができません。

彼にできることは耐えることとお願いすることのみ。

体に押し付けられてできる冴島の谷間がエロい。

胸元が大きく開いたコスチュームなので、ちょいちょいセクシーショットが見られるのもポイント。

決してエロボディではありませんが、彼女が登場するときのコスチュームはどれもエロい。

冴島「じゃあ、とっておきの技を掛けてあげる」

トドメは脚四の字固め。

基本の技ではありますが、散々痛めつけられた男ファイターにとっては非常に効果的。

男「お、折れる、、、脚が、、、」

冴島「折れるかもね」

そう言いながら笑い飛ばす冴島。

もう限界の男ファイターに対し、腰を上げてさらに負荷をかけるSっぷり。

男ファイターは何度もマットを叩きタップをしますが、冴島は中々離そうとしません。

男の痛がる姿を見て負荷をかけたり、笑顔を見せるのはS女でないと中々できません。

男ファイターは「折れた」と泣き言を言い、ようやく解放。

自分よりもパワーのない女性相手に無様な敗北を晒してしまう結果になりました。

前屈みで男ファイターの脚を見る冴島。

冴島「ホントに折れちゃったの?ふ~ん」

男ファイターの脚を破壊したにも関わらず、他人事のように振舞う姿もいいですね。

冴島「面白くないわね。もっといいおもちゃいないかしら?まぁ、頑張って一人で帰ってね。さよなら」

一人で立てない男ファイターは、「待って」と言いますが、冴島は気にせず去っていきます。

ファイト系では負けが多い冴島ですが、勝ちパターンだとこうなるのか、といういい例でした。

出てくれているうちにバトルファックも見てみたかったですね。

きっとドSにM男を犯してくれたと思います!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】