女子プロレスリング Vol.02

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

女子プロレスリング Vol.02

対戦ファイター:琴見あやめ・桐山杏菜

女子プロレスリングシリーズの第2弾。

真剣な試合の中から生み出されるエロスが魅力的なシリーズです。

可愛い系VSキレイ系のタイプの違う2人によるプロレスは中々見応えがありました。

インタビューは会場に向かう車内。

琴見「勝ちに行くんで!絶対に勝ちます!」

とやる気十分。

屈託のない笑顔が可愛いですね。

対する桐山。

桐山「絶対に勝ちます!」

とこちらも対抗意識を見せます。

奇しくも得意技が首四の字固めで被ってしまいましたが、

桐山「大丈夫です。私の方が強いんで」

とまだ見ぬ相手にバチバチですね。

試合前に両者のセクシーな自撮り着替えシーンがあるので、こちらも必見。

コスチュームに着替え、リングで相まみえる両者。

桐山は年上らしくセクシーに胸元が大きく開いたコスチューム。

桐山「私と同じ技が被ってるなんて生意気なんだよ。今日はめちゃくちゃにしてやるから覚悟しといてよ」

と不敵な笑顔を浮かべます。

対する琴見は体のラインがハッキリわかるピタピタコスチューム。

こちらもセクシーですね。

琴見「ちょっと年上だからって上から言ってんじゃないわよ。今日は私が勝つんだから」

年上対年下の対決、果たしてどちらに軍配が上がるのか。

試合開始。

両者はリング中央で組み合います。

パワーは琴見の方が上のようで、桐山はあっという間にリングに倒されてしまいます。

桐山に馬乗りになり腕で首を絞めていく琴見。

琴見「あれ?年下にヤラレてるけどぉ?」

桐山「あっ、、あう、、」

琴見「どう、苦しい?」

桐山「アン、、アッ、、、負けるもんか、、、」

いきなりめちゃくちゃセクシーな喘ぎ声を出す桐山。

この時点で彼女がMだということが分かりますね。

琴見に攻められ、気持ちよさそうなリアクションをする桐山。

もうこの時点でエロいです。

顔が整っているのでよがる姿だけで興奮してしまいます。

主導権を握った琴見は、腕十字に移行。

琴見「ほら、こっからどう逃げる?」

ギリギリと桐山の腕を極めていきますが、

桐山「こんなの、、まだまだ、、」

と言葉は強気ですね。

強情な桐山にさらなるダメージを与えようと立たせる琴見。

琴見「ほら、起きなさいよ」

しかし、桐山は琴見の脚を取りテイクダウンに成功します。

桐山の反撃。

まずは電気あんまで琴見の股間を攻めます。

琴見「はぁぁ!あああん!!」

こちらもめちゃくちゃエロい声で喘ぎます。

彼女のリアクションを見ると、どうやらこちらもMの要素が強そうです。

胸のラインがくっきりと分かり、エロさが倍増。

喘ぎながらも必死に耐えています。

続けて、桐山のボディシザーズ。

脚で琴見の柔らかそうな腹を挟み、ギリギリと締め上げていきます。

桐山「どう?私の脚で挟まれた感じは?」

琴見「こんなのすぐに外して、、、ああああ!!」

桐山「いつまでも生意気なこと言ってられると思わないでね」

琴見のリアクションも極上です。

そして、試合前に言っていた得意技の首四の字固めが炸裂。

桐山「自分の得意技でやられるのはどう?苦しい?」

琴見「まだまだ、、はぁぁん、、、」

桐山の大人っぽい微笑みはS性を感じさせますね。

桐山「もうギブアップ?」

喘ぎまくる琴見ですが、まだまだギブアップは言いません。

延々と締め上げられますが、必死に耐える時間が続きます。

しかし、いつまでもヤラレッぱなしではないと

体を反転させ何とか首四の字固めからエスケープに成功します。

今度は琴見のターン。

うつ伏せにさせた桐山に即座に襲い掛かると、キャメルクラッチで攻撃。

胸元が空いてるので、桐山の谷間がよく分かります。

このコスチューム最高ですw

続けて逆エビ固め。

琴見「これはどう?苦しい?」

桐山「あああ、、苦しくなんか、、、はぁはぁ、、」

痛みに耐えている桐山の表情が実に艶っぽいですね。

我慢こそしていますが、どこか気持ちよさそうなエロさがあります。

琴見「そろそろギブアップするんじゃない?」

桐山「こんなの、まだまだ、、、」

ならばとお返しの電気あんま。

先ほどの報復とばかりに脚を激しく動かしていきます。

桐山「アッアッアッアッ、、、ああああ!!!」

さすがに喘ぎ声が大きくなる桐山。

自分の体のエロさをよく分かっているポーズで喘ぎまくります。

まるで何かのシーンのように感じまくる桐山。

美乳が揺れまくりここだけ見ればプロレスには見えないほど。

声がどんどんエロくなっていく様子は必見です。

琴見の猛攻は止まりません。

脚を絡ませ四の字固め。

今度は体を仰け反らせ痛みに耐える桐山。

このシーンもエロ過ぎますね。

琴見「さっきまでの強気はどこに行ったの?」

桐山「アッアッアッアッ!」

目がだんだんとSっぽくなってきた琴見。

桐山が喘ぐ姿を見てスイッチが入ってきたようですね。

こうなると流れは完全に琴見。

琴見「あれ?年下にヤラレて感じちゃってる?」

桐山「そんなわけないでしょ、、、アン!」

ボディを脚で挟まれる桐山。

抵抗する力がなくなってきたようで、耐える時間が長くなってきました。

さらに体勢を変えられてのボディシザーズ。

桐山の細いウエストが琴見のムチムチの太ももによって破壊される寸前。

琴見の攻めに桐山はもう防戦一方です。

桐山「あっ!イッ、、痛い、、、アッアッ!」

桐山の口から弱音ともとれる言葉が出始め、状況はさらに劣勢に。

対して琴見はますます残虐性がアップしていきます。

ムチムチの太ももを首に絡ませての窒息技。

琴見「痛いでしょ?痛いなら痛いって言えば?」

桐山「あっ、、あはぁ、、アンアン、、、」

琴見「ギブアップまだぁ?」

桐山「ああああ、、、」

琴見の生意気な言い回しと、被虐っぷりが出てきた桐山。

関係性が浮き彫りになってきましたね。

そして、琴見も得意技の首四の字固めを解禁!

弱った桐山にとってこのタイミングでのフィニッシャーはキツイ。

琴見「アンタの得意技ヤラレてどう?」

桐山「あああああ!!!」

口の抵抗もできなくなってきた桐山に琴見の言葉責めが襲います。

琴見「もしかして濡れてきてるんじゃないの?」

桐山「アッアッ、、、」

琴見「だから外さない、とか?」

桐山「ああああ、、、、」

琴見「痛めつけられて喘いでるなんて変態ね」

桐山「アアッ、、ああ、、、」

桐山のマゾ性を見抜いた琴見は、技を極めながら挑発を繰り返します。

プロレスマゾになってしまった桐山はもはや喘ぎ声で返事をすることしかできません。

琴見「じゃあ、アナタにできない技を最後にしてあげる」

そう言うと、琴見は桐山の腕をクロスさせそのまま腰を反らせていきます。

腰を極められ、首を絞められ、もう桐山に耐えることはできません。

桐山「うあぁぁぁん!」

琴見「もっと喘いでいいんだよ?」

桐山「アッアッアッアッ!」

琴見「痛いだろ?早くギブアップしな」

桐山「ああああ!!」

ギリギリと締めつけられ桐山の体はもう限界でした。

桐山「ギブアップー!!」

絶叫しての敗北宣言。

ようやく琴見のSな攻めから解放されました。

ダウンした桐山の体を踏みつける琴見。

琴見「私の勝ちね」

桐山は肩で大きく息をするだけで何も言えない状態。

琴見「年下に負けた顔を見せてもらうわ」

とグイと桐山の髪を掴み無理やり顔を向かせるドSっぷり。

情けない桐山の顔を見て満足した琴見はそのままリングを去っていきます。

残された桐山が実に哀れ。

エロいコスチュームと美乳が相まって、このショットがめちゃくちゃそそります。

潰れた胸の谷間ってどうしてこんなにエロいんですかね?

 

年下にボロボロにされてしまった年上ファイターという構図がとにかく最高。

桐山のマゾっぷりはとにかく興奮します。

二人ともいい意味で素人っぽさが出ているので、その点も見応えがある試合でした。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】