格闘痴女サキュバス Game.08

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

格闘痴女サキュバス Game.08

対戦ファイター: 加納綾子

ファイト系作品において、抜群のS性を誇る女性ファイター・加納綾子。

当時彼女の妖艶に男を手玉に取る姿に興奮しまくりました。

時代が変わっても色あせない美しさとエロさが満載です。

男が目を覚ますと、目の前にはめちゃくちゃエロい格好のサキュバス。

夢であることをいいことに、男は「好きにしていいんだよな」といやらしい笑みを浮かべます。

しかし、近づいた瞬間加納に蹴られてしまいます。

動揺する男に対し、

加納「私に触りたかったら、私と戦って勝ちなさい。ただし、負けたら私のおもちゃになってもらうわ」

と勝負を持ち掛けます。

どうやら、この美女とあんなことやこんなことをするには、戦って勝つ必要があるようです。

そうと分かれば話は早いと勢いよく飛び出していく男。

自分の夢の中、負けるはずがないと高を括り、加納に攻め込んでいきます。

しかし、加納は男の攻撃を難なく交わし、簡単に体をホールドします。

ギリギリと男の体を痛めつける加納。

加納「私に勝つんでしょう?」

クールな表情で男の抵抗をさばいていきます。

キャメルクラッチ。

加納「私に勝って、私のこと好きにするんでしょう?こんなんじゃ勝てないわよ」

加納の攻撃に男の体は悲鳴を上げます。

多彩なプロレス技で男を攻め立てる加納。

逆エビ固めや首四の字を食らい、バタバタともがく男ですが、

しっかり極まった技を振りほどくことができません。

加納「私のおもちゃになることは確実みたいねぇ」

プロレススキルも高い加納の責めっぷりはいつ見ても最高ですね。

男「こんなはずじゃ、、、」

現実を受け入れられない男は、負けじと加納に再突進。

しかし、加納を捕まえることができず、逆に捕えられてしまいます。

マットに倒された男に、顔面騎乗。

女の尻に押しつぶされる屈辱。

加納「これで終わり?男なのに私に負けちゃうのかしら?」

脚を破壊していく加納。

男は必死に耐えますが、ダメージが蓄積しているのは明らか。

もがく男を余裕の表情で見下す姿はたまりませんね。

加納「まだ終わってないってば。男ってこんなもんなの?」

腕十字を仕掛ける加納。

女性にこの技を掛けられたら、どうしても当たるものに意識が集中してしまいそうです。

加納の猛攻は止まりません。

男を立ち上がらせ、キックの嵐。

ビシッ!ビシッ!と心地よい音が響きます。

ちゃんとやってる人でないと出せない音です。

フラフラの男はパワー勝負でも圧倒されます。

自分より華奢な女に力で押し負けるのは屈辱的です。

これで勝てなかったら何で勝てるのか、パニックになってしまいますね。

男の体を押さえつけ太ももで顔を挟む加納。

やはりこの人は男の上に跨るのが絵になります。

加納「口ほどにもないわねぇ」

最初の威勢はどこへやら、男はもうヘロヘロです。

それでも、お前になんて負けない、と強気な口調は健在。

ならばと加納は男の心を折るべくエロ技を始めます。

乳首や股間を刺激し、

加納「負けを認める?」

と追い詰めていきます。

男は、敏感な部分を責められ喘ぎ声が漏れ始めます。

さらに電気あんま。

大事なところを踏みつぶしてしまう勢いで激しく責めていきます。

加納「もう負けですって言ってごらん?」

強情な男に対し、さらに乳首責めを敢行。

加納の極上の責めに男の精神が破壊されていきます。

加納「認める?認める~?」

顔を近づけられての言葉責め、一級品のテクにより、男はついに

男「み、認める」

と堕ちてしまいます。

加納に責められたらどんな男でも陥落してしまいそうです。

落ちてしまった男はもうただのおもちゃ。

加納「男のくせに負けたわね。女の私に」

このセリフも最高ですね。

ここからは加納の極上の責め地獄が始まります。

タガが外れてしまった男は

男「気持ちいい、気持ちいいです、、、」

と恥も外聞もなくよがり狂います。

加納「こんなことされて興奮してるの?」

男「は、はい。触られて、乳首弄られて、こんなになってます」

加納「変態なのね」

男「は、はい、、僕は変態です」

完全にMにされてしまった男が実に哀れです。

マウントからの首絞め。

加納「気持ちいいだけなんてダメ」

このサディストっぷりが彼女が加納たる所以。

Mでもあるらしいですが、Sになったときの彼女は本当にヤバいです!

加納「ダメ男。女に負けてこんなんで感じちゃうダメ男ね」

男「は、はい、、僕はダメな男です」

加納「女に負けてこんなことされて勃起しちゃうダメ男でしょ?」

容赦ない言葉責めに男は従順な犬に成り下がります。

加納「私のおもちゃにしてあげる」

男「もっと、、おもちゃに、、、」

加納のテクに虜になってしまった男は何をされても悶えるばかり。

股間とアナルの同時責めにも悶えまくります。

恐るべし、加納の極上テク、、、

食らってみたい、、、

妖艶な笑顔で、男を責めまくる加納。

加納「もっと?ほらぁ」

男の反応を見ながら、楽しそうに責めまくります。

加納「乳首弱いんでしょう?大丈夫よ、触らないから」

敢えて触らず、周りをフェザータッチしていくテクニックを披露。

敏感になっている体にこの焦らしはキツイ。

男はプライドの欠片もなく触ってほしいと懇願しまくります。

加納「脚でやってあげる」

脚での乳首責めに悶える男。

加納のバリエーション豊富なテクの数々に違った刺激が襲い掛かります。

実際に食らったら頭がどうにかなってしまいそう。。。

男を踏みつけ、乳首を責め続ける加納。

加納「もっと遊ばれたい?」

男「は、はい」

加納「遊ばれたいの?おっきい声で言って」

男「はい、遊ばれたいです」

加納は男のパンツを脱がせ、直接愛撫を始めます。

ここまで直接触らず責め続けただけで男を陥落させたのですから、

彼女の圧倒的な強さが分かりますね。

加納「ほら、こんなんで勃起しちゃうの?アハハ!情けない男でいいのぉ?」

男「情けない、、男、、です、、ああああ」

脚と手で股間をしごいていくテクに男はさらに快楽の渦に巻き込まれていきます。

加納「もう降参?ウフフフ」

まさにサキュバスと呼ぶにふさわしい妖艶な笑顔。

虜になったM男がどれだけいたことか。。。

そして、パイズリ。

決して巨乳ではない加納ですが、男を責めるテクは一級品。

男はさらによがり声を上げてしまいます。

さらに自らコスチュームを脱ぎ、男の股間を挟んでいきます。

加納「ほら、もっと感じておもちゃになりなさい」

男「あああ!そんな強くヤラレたら、、」

加納「強くヤラレたらどうなっちゃうの?」

男「出ちゃいます!アッアッ!!!」

加納のパイズリの前にあえなく果ててしまった男。

加納「あらぁ?出ちゃったの?」

個人的な考えですが、標準サイズの相手に胸でイカされると屈辱感が増しますね。

小さければ小さいほど、イカされた時の屈辱が高まります。

加納は男の顔を胸で押しつぶします。

そして、自ら出したものを無理やり舐めさせていきます。

胸の気持ちよさと舐めさせられる屈辱、両方の快楽が男を襲います。

加納「ウフフ、すっかり私のおもちゃね」

まだ責めたりない加納は、男に跨り手コキを開始。

加納「出たばっかりの割には元気になってきたけど?次私がいいって言うまで出しちゃダメよ」

男にとっては拷問ですね。

コスチュームを全部脱ぎ、クンニで奉仕させる加納。

めちゃくちゃエロ過ぎる展開に興奮が止まりません。

おもちゃと化した男にこれを長く耐えられる力はなく、

情けなく射精してしまいます。

加納はいやらしく手についた男の精子を舐めます。

魅せ方も極上ですね、この人は。

大人の女性だからこそできる艶っぽい表情や仕草がたまりません。

2度射精させたあとに、遂にインサート。

騎乗位で男を一気に犯しにかかります。

男「き、気持ちいい、、気持ちいいです、、、」

加納「ヤラレっぱなしじゃない」

手や脚でしごかれまくった男に、加納の騎乗位に抗う力は残っているはずがありません。

加納のエロい舌。

ただのキスでもテクニックがふんだんに詰まっているはず。

実際に味わったらすぐにトロけてしまいそう、、、

加納「どんどんおっきくなってくるじゃない。さっき2回イッたんじゃなかったっけ」

それでも立ってしまうのが男の性。

とは言え、ここまで早く復活してしまうのは、彼女の中が気持ちよすぎなんでしょうね。

加納は体を起こし駅弁スタイルで男に腰を振らせます。

すっかり加納の言いなりになっている男は必死にピストン運動を繰り返します。

そして、バック突き。

感じてる加納のリアクションも極上。

均整の取れた美しいスタイルを見せながら感じている声が口から漏れます。

一通り満足した後は、再び騎乗位。

男の乳首を責めつつ、腰を激しく落としていく加納。

パンパンパンとエロい音が響きます。

加納「アッアッ、、、あああーー!」

気持ちよさそうな表情で絶頂に達した加納。

加納にとって男はただのオナニーマシーン。

自分が気持ちよくなれればもう用はありません。

しかし、完全に加納の虜になってしまった男は加納の脚にすがり、もっと責めてほしいと懇願。

男「待って、、僕のことおもちゃにしてくれるって言ったじゃないですか、、お願い、お願いします!」

何とも情けない姿です。

ですが、女王様に忠誠を誓うM男は皆こんなもんですww

加納のお情け手コキ。

エロい笑顔で男を見下し、股間をシゴきまくります。

この男を蔑むような目がたまりません。

加納「どうかしら?戦いに負けたくせに」

男「もっと、、もっとぉ、、強く、、」

加納「チ〇コ取れちゃうかもよ?」

男「ああああ、それ、、気持ちいい、、、」

加納「取れてもいいの?」

男「あああ、出る、、出ちゃいそうです、、、出させてください」

加納「もっと言って!」

男「もっと!出させてください!お願い!!お願いします!!」

加納「じゃあ、イキなさい!」

男「ああああ!でるぅぅーー!!」

最後は盛大にイってしまった男。

加納のテクの前に3度もイカされてしまいました。

もう彼女を忘れられない体になってしまったことでしょうね。

男の股間を踏みつけ、妖艶に見下す加納。

加納「あたしの1つのおもちゃにしてあげる」

男「あ、ありがとうございます、、、」

加納が一方的に責めるドミネーション展開でしたが、

とにかく彼女の素晴らしさを凝縮したような責めっぷりでしたね。

言葉責めと目がとにかく最高なので、M男なら一度はお相手してみたいファイターです。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】