プロレズリング Special Vol.13 ~二本目~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリング Special Vol.13

対戦ファイター:乙アリス(T:161cm B:88cm W:59cm H:92cm)
        橘@ハム(T:160cm B:82cm W:59cm H:87cm)

まさかの先手を取られた乙アリス。

レズファイトの経験者としてこのままではプライドが許しません。

一本目序盤の笑顔から余裕がなくなり真剣な表情になっています。

橘「弱いじゃないの」

乙「誰が!」

橘「次も負けてよね~」

乙「負けるわけないじゃない」

プライドを傷つけられた乙は力を込めて橘を押し込んでいきます。

しかし、今や主導権を握っているのは橘の方。

コーナーまで乙を押し込んでいくと、手で胸を、膝で股間をW攻撃。

乙「あああう!はぁん!やめて、、、」

橘「やめて?もっとしてでしょう?」

乙「ああああ!!」

体をピクつかさせて悶える乙。

このあたりのリアクションも極上です。

さらに、橘は乙の脚をロープに絡ませ、大開になった股を激しく愛撫していきます。

乙「うあ、、舐められても全然感じないから、、好きに舐めなさい」

あくまでも強気な姿勢を崩さない乙。

ならばと橘は乳首や脇、首筋などあらゆる箇所を責めていきます。

責める橘も、受ける乙も実にエロいです。

橘のテクによがりまくっていた乙でしたが、ここで誘惑を振りほどきます。

力任せに橘を押し倒し形勢逆転。

マウントを取った乙はここぞとばかりにキスで橘を責め立てます。

さらにキャメルクラッチをした状態で舌を責めるエグイ攻撃。

乙の顔に普段通りのS性が蘇ります。

責めている時にここまでの笑顔が出せるファイターはあまりいないですね。

本当に楽しそうに相手を追い詰めていきます。

橘も簡単には主導権を渡しません。

エルボーでキャメルクラッチから抜け出すと、恥ずかし固めで乙を拘束。

橘「よくもやってくれたわね」

と動けない状態の乙の股間を責め立てます。

橘「ほらぁ、気持ちいいねぇ」

乙「あああ!!やめてぇ、、、」

序盤に愛撫されたこともあり、乙のコスチュームの湿りがハッキリと分かります。

しかし、なりふり構っていられない乙は橘の脚に噛みついてエスケープ。

橘の体勢が整わないうちに首を脚で締めつけ、乳首を責め立てていきます。

さらに、股間愛撫で追撃。

クンニや手マンで股間を徹底的に責めていき、流れを一気に引き寄せていきます。

乙のテクに橘の喘ぎ声が止まりません。

橘「ふぁぁ!!やめてぇ、、ダメ、、ダメ、、」

乙「ウフフ、気持ちいいの?」

橘「ダメェ!イッちゃう!イッちゃう!離して、、、イクイク!!」

乙「離すわけないでしょ」

橘「あうっ!!!」

流れるような乙のテクに遂にイってしまった橘。

しかし、一度イっただけでは試合は終わりません。

再びキャメルクラッチの体勢で乳首を愛撫。

体が敏感になっている橘にとってこれはキツイ。

橘「うあああ!!ダメダメ、、、イッちゃう、、」

乙「これが気持ちいいの?」

橘「ダメェ、、イクイク、、アッアッ、、、」

乳首を責めるだけで連続イカセ。

乙のテクニック恐るべしです。

乙「次はおマ〇コでイキたいでしょ?」

スイッチの入った乙の攻撃はもう留まることを知りません。

アクセル全開で責めていく乙に、橘はもう喘ぐだけ。

橘「あああ!!ダメェ!!」

乙「ダメじゃないでしょ?イカせてくださいの間違いじゃない?ほら!」

橘「ああああ!!アッ!!!」

3連続イカセ。

ここまで来るともう逆転は不可能か、、、

それでも橘もチャンピオンとしてこのまま終われません。

ヘッドロックで締め上げられたことをチャンスとばかりに、乙の乳首を愛撫。

橘「ほらぁ、気持ちよくなってきてるじゃない」

乙「アッアッ!」

一本目で乳首の弱さを見抜いた橘はここからの逆転を狙って責めていきますが、、、

乙の牙城は高く、これだけで崩せるほど甘くありません。

乙も対抗するかのように乳首責めで反撃。

橘の形のよい胸にしゃぶりつき、激しく吸っていきます。

橘「うあああ!やめて、、」

チュパチャパといやらしい音がリングに響きます。

僅かな可能性まで潰されてしまった橘。

ここから先は乙の独壇場。

逆エビ固めで捕らえられ、股間を激しくしごかれます。

橘「あーーダメダメダメ!!イクイクイク!!!」

もはや泣き顔になってしまっている橘。

レズファイトの怖さを体で痛感していることでしょう。

気力も尽き果てた橘に乙の責めが襲い掛かります。

キャメルクラッチからの乳首責め。

橘の口からは、もうやめて、の懇願とエロ過ぎる声しか出てきません。

乙「おっぱい大好きです。もっと揉んでくださいって言いなさいよ」

橘「いやぁいやぁ、、、」

乙の容赦のない責めにドMたちがどれだけ興奮してきたかww

女性にとっても彼女のテクは脅威なんですね。

橘「やめて、、、イッちゃう、、ダメダメダメ、、、イッ、、ク、、、」

乳首を弄られるだけで再びイカされた橘。

乙「もう一回、イク?」

橘「やめて、、ダメダメ!許して、、もう、、」

乙「お願いが足りないんじゃない?」

橘「ダメダメ、、、アッアッ!」

乙「ほら、もっとお願いして」

橘「やめてください、、、」

乙のテクの前に遂にチャンピオンの心が折れてしまいました。

トドメはグラウンドで体を拘束した状態での股間愛撫。

橘「やめてぇ、、、」

乙「ごめんねぇ、私、嫌がってる女の声聞くと興奮しちゃうんだよね。絶対やめない」

橘「ダメェ!イッちゃう!やだぁ、やだぁ!!」

とんでもないS女っぷりを発揮しまくる乙アリス。

負けを認めている相手にも容赦なしです。

この体勢でも散々イカされてしまった橘。

一本目に自分がしたことへのお返しだとしても随分と割に合いませんw

乙「ほら、イキなさいよ!」

橘「ああああ!!」

乙「ギブアップする?ギブアップ?」

橘「アッアッ、許してください、、、」

乙「ちゃんと大声で言って?私耳遠いんだよねぇ」

橘「ギブアップ、、ギブアップ!」

乙「え?」

橘「ダメェーー!!やぁぁ!!イクーー!!」

とことんイカされまくった橘は体をピクピクさせてダウン。

ここでようやくゴングが鳴らされ、乙の勝利が決まります。

橘のイキっぷりもめちゃくちゃエロいですね。

乙「私挑むなんて100年早いのよ」

股間を踏みつけグリグリと追い打ちをかける乙。

乙「床がお似合いよ。可愛い。もっと可愛がってあげる」

エンジンのかかってきた乙に橘は太刀打ちできるのでしょうか?

乙はテクニックや言葉責めの上手さだけでなく、ポージングもエロくて最高です。

 

三本目に続く。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】