スペシャルレズファイトUNLIMITED 5 ~前編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

スペシャルレズファイトUNLIMITED 5

対戦ファイター:二宮和香(T154cm B85 W58 H85)
        みひな(T156cm B85 W60 H88)

「READY TO RUMBLE」にてプロレス勝負を繰り広げた2人。

今度は舞台を変えてレズファイトでぶつかります。

みひな「アンタ、なんでそんな恰好してるのよ。そんな恰好のやつに負ける気しないわ」

二宮「あたしだって好きでこれ着てるわけじゃないんだけどね」

みひな「つまりアンタはその程度ってことよ。お似合いよ、エロ要員さん」

二宮の姿を見て皮肉たっぷりに挑発するみひな。

みひな「エロ要員って思われてるからこの格好なんでしょ?」

そう言うと、二宮の豊満な胸を揉みしだくみひな。

荒々しい胸の愛撫から試合スタートです。

二宮「ちょっと!やめなさいよ!」

みひなの手を振り払い、巨乳に顔を押し付けていく二宮。

これぞ巨乳ファイターの戦い方ですね。

二宮「私がこの格好なのはね、このパーフェクトなボディを生かすためだよ」

自画自賛してもおかしくない二宮のプロポーションはいつ見ても壮観です。

しかし、みひなはすぐに反撃。

膝を立てて二宮の股間を愛撫。

二宮は早速エロい声を上げ始めます。

布面積が少ないだけに、刺激の点で不利なのは二宮の方か。

早くも感じてしまい、膝をついた二宮にみひなのスリーパーが襲い掛かります。

純粋なプロレススキルも高いみひなは、技でも圧倒しようとします。

ただ、今回はエロファイト。

もちろん胸への愛撫も忘れません。

苦しさと気持ちよさでとろけた声を出し始める二宮。

相変わらずいいリアクションを見せてくれます。

みひなは二宮を立たせると、コブラツイストで痛めつけます。

手に当たる胸を揺らし、痛みと快楽を与えていくみひな。

中々良い責めを見せてくれます。

しかし、二宮もやられっぱなしではありません。

体勢を入れ替えコブラツイスト返し。

そして、二宮ほどではありませんが、みひなのほどよいサイズの胸を愛撫。

二宮「水着の上からでもこんなにわかっちゃうくらいビンビンなんですけど、どういうことかなぁ」

みひな「ちがっ、、アウ!」

コブラツイストから解放されたみひなは、思わずリングに倒れてしまいます。

二宮はみひなの脚を取り電気あんま。

みひな「ああう!動かさないで!」

二宮「アハハハ!」

みひなのリアクションも非常にエロくていいですね。

位置を変えた二宮は、みひなの股間を集中的に責めていきます。

コスチュームを無理やり食い込まされ、喘ぎ声を出し始めるみひな。

何とか抜け出そうと必死にもがきますが、二宮のホールドは固く振りほどくことができません。

さらに、脚で腕を押さえつけられての乳首責め。

みひな「ふぁっ!はぁう!」

二宮がみひなの感度抜群の乳首に触れる度、エロい声をあげまくり。

エロ勝負では負けが多い二宮ですが、経験の違いからか有利に試合を進めています。

みひなもこのままでは終われません。

体を反転させると、覆いかぶさる形で二宮に反撃開始。

胸を愛撫し逆転への足掛かりをつかみに行きます。

さらに、体を押さえつけ舌で乳首を責めていきます。

二宮「あっ、、うん、、、」

今度は二宮が喘ぎ声を出す番です。

みひなは二宮に馬乗りになると、今度は股間を責めていきます。

さらに、お尻を叩いたり、揉んだりとやりたい放題。

二宮がだんだんといつも通りのエロ要員キャラになっていきそうな予感、、、

みひなは二宮をお尻で押しつぶし、屈辱感を味あわせようとします。

ですが、この格好は二宮にとってもありがたい体勢。

下からみひなの股間を愛撫し脱出に成功します。

再び形勢逆転。

みひなの背中に座り、無防備なお尻や股間を責めていきます。

みひな「アッアッアッ!!あああ!」

さらに仰向けにさせると、胸を愛撫。

コスチューム越しに弄るのがやきもきしてきたのか、みひなのコスチュームに手を掛け、一気に脱がせにかかる二宮。

抵抗虚しく胸が露わになってしまったみひな。

二宮の責めはさらに激しさを増し、直接乳首を舐めていきます。

みひな「ぜ、全然気持ちよくないんだから、、、」

と強がりますが、みひなはどんどんアヘ顔になっていきます。

股間と乳首の同時責め。

みひなは普通にしているだけでマゾ顔なのでw、感じている姿がとにかくエロいです。

体に力が入らなくなってきたみひなの上半身を起こし、スリーパー。

みひな「あっ、、う!」

二宮「油断してたでしょ?それとも触ってほしかったの?」

首を絞められている苦しさと、股間を愛撫される快楽に、声が出せなくなってきたみひな。

可愛らしい喘ぎ声が口から漏れてきます。

しかし、まだ心は折れていないみひなは、強引にスリーパーから抜け出し、二宮を押し倒します。

みひな「同じことされたいんでしょ?」

二宮「あああ!!」

今度はみひなが、二宮の股間を責めまくります。

そして、胸を顔に押し付けたまま乳首を責めていくみひな。

みひな「こうされたかったんでしょ?」

男ならこの攻撃を食らってしまえば、しばらくは身を任せてしまいそうですね。

ですが、二宮はみひなの胸の感触に惑わされることはありません。

下から胸を吸い、刺激を与えていく二宮。

思いがけない快感に動きが鈍ったみひなは、責めあぐねてしまいます。

エロの耐久力はそこまで高くないようです。

感じまくったみひなは、簡単に切り返され同じ目にあってしまいます。

みひな「あっあ、、」

二宮「かわいい乳首して、、ウフフ」

感じる度に体をビクビクさせるみひなのリアクションが最高です。

二宮「アハハ、そんなに体よじっちゃったらダメでしょ?」

みひな「ふぁぁぁ、、、乳首、、やめて、、」

二宮のテクに翻弄され始めたみひなですが、イクまいと必死に耐えています。

そこに容赦のない貝合わせ。

みひなは口を押えて、何とか喘ぎ声が出ないようにしようとしますが、

残念ながら抑えきるには至らず声が漏れまくりです。

こうやって健気に耐えるシーンにはぐっと来てしまうものがありますね。

このまま押し切られそうな勢いでしたが、みひなも必死に抵抗します。

二宮の貝合わせをかいくぐり、股間愛撫攻撃。

これにはさすがの二宮も声を上げてよがってしまいます。

しかし、簡単に流れを渡さないのが百戦錬磨の二宮。

みひなの体を押さえつけると、四つん這いにさせクンニで責め立てます。

みひな「ふぁっ、、、ああ!ちょっと、、そんなとこ、、、」

二宮が責める舌使いのいやらしい音がリングに響きます。

追撃の乳首責め。

体を反らせて何とか我慢するみひなですが、もういつイッてもおかしくないほどよがっています。

闘志が消えていないみひなも必死に応戦し、二宮を責めていきます。

みひな「変態女にはこれくらいがちょうどいいのよ」

二宮「あっ、、アン、、、」

キス責めで二宮をとろけさせていこうと画策したみひなですが、、、

 

残念ながら、エロでは二宮の方に一日の長があるようです。

色々な責めを繰り出すみひなをあざ笑うかのように責め返し、流れを渡しません。

中々の責めテクを持っているみひなですが、致命的ともいえる受けの弱さを二宮に徹底的に突かれてしまっています。

試合は大きく二宮の方に傾いていきます。

手を押さえつけられ、まるでレイプのように犯され始めるみひな。

みひな「うあ、、あああああ!!!」

何度も耐えては、応戦してきたみひなですが、段々と声が弱弱しくなり、

顔はとろけ、抵抗する力が抜けていきます。

二宮のテクに身を委ね始めたみひなの逆転はあるのか?

それとも、このまま押し切られてしまうのか?

試合はますますエロく激しさを増していきます。

 

続く。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】