プロレズリング Special Vol.12 ~三本目~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

プロレズリング Special Vol.12

対戦ファイター:野々宮みさと(T:160cm B:90cm W:60cm H:88cm)

        横山夏希(T:163cm B:87cm W:58cm H:86cm)

勝負のラストラウンド。

共にタチであるだけに、プライドにかけて負けられません。

横山「またあたしの技、食らわせてあげるわよ」

野々宮「あなただってホントは気持ちよくなりたいんじゃないの?」

横山「それはどうかしらね」

最終ラウンドだけあって両者バチバチです。

しかし、二本目でイカされた野々宮はまだ調子が戻っていません。

先手を取ったのは横山。

野々宮の裏を取り、いやらしく責めていきます。

横山「ここ大好きでしょ?ほらほらほら」

野々宮「ああああ!!!」

自らの指を野々宮の口に突っ込み、さらに激しく責めていく横山。

まだイカされた余韻が残っている野々宮は体をビクつかせながら必死に耐えています。

横山は野々宮のコスチュームをはだけさせ、直接胸や股間を愛撫していきます。

野々宮も負けじと反撃。

お互いがエロい声を出しながら、愛撫を繰り出していきます。

この唾競り合いを制したのは、野々宮。

苦しい体勢ながら、巧みな舌テクで横山の乳首を責めていき動きを鈍らせていきます。

受け耐性がそこまで高くない横山はエロい声を出し、リングに崩れ落ちてしまいます。

野々宮の電気あんま攻撃。

脚を動かされるたびに揺れまくる横山の胸がめちゃくちゃエロい。

野々宮「ほらぁ、気持ちいいねぇ?」

横山「アッアッアッ!ああああ!!」

野々宮「このまま感じちゃう?」

横山「ふあぁぁん!!」

さらに、位置を上に移し手マンを開始。

野々宮「ほら、ドMの顔になってるわよ!」

横山「いやぁぁ、、、」

横山のM性を見抜いた野々宮は勝負ところと見たか一気に責め立てていきます。

横山も必死に股間を愛撫し反撃しますが、野々宮のテクの方が勝りました。

激しい手マンに遂にビクンと体を仰け反らせる横山。

相変わらず見事なエロいイキっぷりです。

野々宮は横山のコスチュームをはだけさせると、69の体勢でクンニ攻撃。

横山のエロ過ぎる声がリングに響きます。

このまま押し切るかのように野々宮の激しい責めが続きます。

しかし、69の体勢がよくありませんでした。

横山は感じまくりながらも必死に応戦し、野々宮の股間を愛撫し続けます。

責めていたのは野々宮の方でしたが、さすがに延々と愛撫されれば

野々宮といえど動きが鈍っていきます。

横山の反撃開始。

二本目のように再び野々宮を恥ずかし固めでホールドすると、クンニで責めていきます。

前ラウンドの屈辱が蘇った野々宮はエロい声で喘ぎまくります。

野々宮「あああ、ダメェ、、」

横山「こんなもんいらないんじゃない?」

と野々宮のコスチュームを脱がせにかかる横山。

しかし、野々宮も負けじと横山のコスチュームを脱がせお互いが全裸に。

いよいよ勝負は佳境を迎えていきます。

この競り合いを制したのは野々宮。

横山を四つん這いにさせると、腰を落とし股間を愛撫。

動けなくなってしまった横山は野々宮のテクを無防備な状態で受けることになってしまいます。

横山「あああん!あああ!!」

野々宮「ほら、イッちゃえ!」

横山「ああああ!!!」

野々宮「イッちゃったの?だらしない」

体をピクンと痙攣させイカされてしまった横山。

ここにきて、受けの弱さが顔を出してきました。

野々宮の猛攻は止まりません。

イったばかりの横山と貝合わせで勝負。

横山は体をくねらせ何とか耐えようとしますが、体は正直。

野々宮「イケイケイケイケ!」

横山「あああ!!!アッ!!」

野々宮のテクに耐えられる体力は残っていませんでした。

連続でイカされた横山。

しかし、野々宮の腰は止まりません。

野々宮「ほら、ここ?ここがいいの?」

横山「あああ!!」

野々宮「もう諦めてずっと気持ちよくなったら?」

横山「や、やだ、、」

野々宮「イケイケイケ!」

横山「ああああ!!!」

野々宮「ほら、イキなさい!」

横山「はぁう!!」

このままイカされるのを待つばかりかと思われましたが、横山も意地の反撃。

横山「アンタもこれが気持ちいいの知ってるんだからね」

野々宮「うあああ!!!」

横山「どっちが気持ちいいか勝負よ!」

と、あえて貝合わせを受けて立ちます。

ここで野々宮をイカせることができれば一気に流れを引き寄せることができるという計画でしょう。

激しい貝合わせで両者の喘ぎ声がリングに響きますが、、、

勝負に勝ったのは野々宮。

一縷の望みをかけた横山の責めでしたが、野々宮の牙城を崩すまでには至らず。

野々宮「イキなさいよ!ほら、とっととイッちゃいなさい!」

横山「ああああ!!」

野々宮「ほら、イケ!」

横山「イッ、、!!あああ!!」

体をピクつかせダウンしたのは横山の方。

この時点で既に勝負はついていました。

野々宮「あ~ピクピクしちゃって情けない」

横山「はぁ、、はぁ、、」

ここから先は野々宮のドミネーションショー。

自慢の巨乳を横山の乳首にこすらせ、さらに刺激を与えていきます。

横山の手を押さえ、乳首を集中的に責めまくる野々宮。

すでに体が敏感になっている横山は、前戯ともいえる行為だけでよがり狂います。

野々宮「ほら、イキなさい」

横山「もう、、イカないんだから、、」

野々宮「ほら!イケ!!」

横山「あああああ!!!!」

横山の思い虚しく乳首責めだけでイカされてしまう始末。

これにはプライドはズタズタです。

完全に戦意喪失した横山に容赦なく追い打ちをかける野々宮。

再び貝合わせで絶頂に誘っていきます。

野々宮「ほら、私とあなたどっちが上手だった?」

横山「いや、いやぁ!!」

野々宮「ほら、気持ちいいでしょ?ゆっくりでも気持ちいい?」

横山「ふぁぁ、、」

野々宮「ほら、ちゃんと言わないとイカせてあげないわよ」

野々宮に指を口に突っ込まれてしまう横山ですが、顔は完全にマゾ。

野々宮の指を美味しそうに受け入れてしまっています。

こうなるともうイカせるのは簡単。

数回のピストン運動で無様にイッてしまった横山。

野々宮のエロテク、恐るべしです。

一度でいいからお相手願いたいものですねw

横山「お願い、、もうやめ、、、」

野々宮「どっちが上手だった?あなたと私」

横山「ふぁぁ!!」

野々宮「言わないとゆっくり責めるわよ。言いなさい!」

横山「ああああ!!」

野々宮のこの力強いドSな目。

めちゃくちゃそそりますね!

こんな表情で迫られたら、どんな恥ずかしいセリフも口に出してしまいそうです。

それは横山も同じこと。

横山「あああ!あなたです!イクイクイク!!」

遂に横山はプライドを投げ捨て、野々宮に屈してしまいました。

体を激しく震わせ、絶頂してしまった横山。

ゴングが鳴らされ、野々宮の勝利が決定しました。

野々宮「あ~情けない」

勝ち誇ったドヤ顔、最高です。

もちろん、ドSの野々宮がこれで終わらせるわけがありません。

野々宮「舐めるのどっちが上手かったか試そうか?」

横山「ふぁっ!!ああああん!」

今度はクンニで横山を追い詰めていく野々宮。

どんなに叫ぼうとも敗者の横山に拒否できる権利も余力も残っていません。

もはや、ただイカされてしまうだけです。

野々宮「これが一番気持ちよかったんじゃない?イッておかしくなっちゃいなさい!」

横山「ああああ!!!もうイクイクイク!!」

野々宮「イッちゃいなさいよ!ほら、イケイケイケ!」

横山「イクー!!あああ!!!」

これだけイカされたら精神崩壊しそうですね。

横山のイキっぷりはとにかく極上なので、何度でも見られます。

マゾ化していく横山を満足そうに眺める野々宮の表情もたまりません。

野々宮「ほら、気持ちいいでしょ?」

横山「き、気持ちいいです、、」

心が折れてしまった横山は、だらしなく野々宮の責めを受けることしかできません。

何度もギブ、ギブと繰り返しようやく解放された横山。

最後は手マンで壮大にイキ狂い。

責める方の表情も、受ける方のリアクションもとにかく一流です。

やっぱりS同士のイカセ合いはどっちに転んでも楽しめますね!

ビクビクと痙攣が止まらない横山を無理やり覚醒させる野々宮。

虚ろな表情のままの横山ですが、野々宮は関係なく言葉を続けます。

野々宮「どう?敗北した気持ちは?ちゃんと自分の言葉で負けを認めてちょうだい」

横山「わ、私は、、あなたに、無様に、、負けました、、」

涙を流して悔しがる横山と、高笑いをする野々宮のコントラストが実に映えますね。

野々宮「悔しい?」

横山「うっ、うっ、、」

野々宮「じゃあ、もっと惨めなことしてもらおうかな。負けたんだし、私のおマ〇コにキスしてちょうだい」

とことんまで追いこんでいく野々宮のドSっぷりがヤバいですね。

野々宮「四つん這いで間抜けなポーズでキスしてちょうだい」

横山「うっ、、」

野々宮「できないの?」

ドスのきいた声に反抗できない横山は、ゆっくりと四つん這いになっていき、、、

そして、屈辱のキス。

男でも女でもこの仕打ちは実に悔しさを味わいますね。

M男だったらご褒美かもしれませんがw

野々宮「アハハハ!よくできました」

満足そうに高笑いする野々宮と、無様にマットに四つん這いのままの横山。

横山は被虐っぷりに定評があるため、この結末はある程度予想できましたが、

それを見事に引き出す野々宮のSっぷりもたまりませんでしたね。

両者ともエロボディなので、非常に見応えがありました。

 

ロングタイトルになっているこのシリーズですが、

まだまだリリースは続きそうですね。

川崎亜里沙や鈴屋いちごといった一流ファイターや、相澤ゆりなや石原理央といった巨乳ファイターとかにも

出てほしいタイトルではありますが、果たして叶うかどうか、、、w

お気に入りのファイターが参戦することになれば即買いシリーズであることは間違いありません!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】