Mixed Boxing 西條カレン選手に挑戦!! ~ボクシング 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

Mixed Boxing 西條カレン選手に挑戦!!

対戦ファイター:西條カレン(T:156cm B:86cm W:60cm H:88cm)

Gカップ巨乳の西條カレンとボクシングで対決!

純粋なボクシングプレイとエロの2部構成になっており、フェチにはたまらない仕上がりになっています。

西條「私のパンチでどんな相手でも倒しちゃいます!」

と可愛い笑顔でポーズを決める西條。

プロレスやエロの強さはこれまでのレビューでも明かしていますが、

果たして男相手のボクシングではどうでしょうか?

【ラウンド1】

マウスピースを口に入れ、リングに向かう西條。

男ファイターと拳が交差し、初っ端から火花を散らします。

男ファイターはパワーを生かし、西條に強烈なパンチを見舞っていきます。

女性ファイター相手なら力で押し切るのがセオリーです。

しかし、パワーなら西條も負けていません。

力のこもった拳を繰り出し、ガードの上からでもダメージを与えていきます。

互角の攻防が続きますが、先手を取ったのは西條。

男ファイターにラッシュをかけ、グラついたところにモーションの大きい強烈な一撃!

まともに食らってしまった男ファイターは思わずダウン。

ロープを背にクールに見下す西條がいいですね。

カウントがコールされますが、男ファイターは何とか立ち上がります。

今度は男ファイターの猛攻。

ポイントを取り返すべくスピードに乗った打撃を西條に食らわせていきます。

女性相手に容赦のない右ストレート!

西條といえどこれを耐えることはできません。

マウスピースを吐き出しダウンしてしまう西條。

苦しそうにもがく西條は何とかカウント7で復活。

顔を歪ませる姿がエロスを感じさせますね。

これで一対一のイーブン。

西條は流れを渡すまいと必死に拳を振りますが、中々効果的なダメージを与えられません。

対して、キレが出てきた男ファイター。

西條をコーナーに追い詰めると、ボディやガードの上からパンチを浴びせていきます。

西條、再びダウン。

崩れ落ちるように倒れこむと胸の谷間が強調されていいですね。

Gカップの迫力がヤバいです。

西條はフラフラの状態で立ち上がります。

一気に流れを引き寄せようと攻める男ファイターと、何とか耐える西條。

ここでゴングが鳴らされ1ラウンドが終了。

ゴングに救われた形の西條は、コーナーにもたれ肩で息をします。

ラウンドごとにマッサージを受けるシーンがあり、

その度に巨乳が揺れまくるのが最高です。

こんな姿の女性と戦って興奮しない男はいないでしょうね。

【ラウンド2】

まだダメージの残る西條はクリンチで、男ファイターの動きを封じにかかります。

西條の爆乳が当たって実に気持ちよさそうです。

ですが、これでペースを乱される男ファイターではありません。

西條を振りほどき、パンチを仕掛けていきます。

西條も応戦しますが、流れは完全に男ファイター。

ロープ際に追い詰められ、ボディのラッシュ。

何発も耐えることができずに、このラウンドでもダウンしてしまいます。

西條の悶え苦しむシーンがとにかくエロい!

エロボディもそうですが、苦しむ表情や喘ぎ声が実にそそりますね。

何とか立ち上がりますが、ダメージが抜けきっていない西條では、男ファイターの攻めを受け止めきれません。

ここぞとばかりに攻め込んでくる男ファイターに、防戦一方です。

強烈な打ち下ろしの右!

今の西條ではガードをしても完全には勢いを殺しきれません。

膝から崩れ落ち、再びダウン。

息を切らしながらも、必死に立ち上がろうとする西條。

厳しい状況ですが、まだまだ諦めてはいないようです。

このまま終われない西條は、意を決したように前に出ます。

スタミナを考えずに飛び出してきた勢いに男ファイターは狼狽。

猛攻に押され始めます。

男ファイターは何とか距離を取って逃げようとしますが、

西條の左フックが顔面を直撃。

意識を一瞬刈り取られてしまった男ファイターは、そのままダウンしてしまいます。

ダウンを奪い返した西條。

勢いそのままに主導権に奪い返したいところ。

しかし、試合巧者の男ファイターは、西條の思い通りにはさせません。

立ち上がるとクリンチでダメージを回復。

西條も必死に振りほどきますが、距離を開けたことでリーチに勝る男ファイターが有利となります。

遠目からパンチを繰り出され、段々とロープ際まで追い詰められていく西條。

ボディにいいものをもらってしまい、ロープを背に崩れ落ちていきます。

巨乳を揺らしながらダウンする西條。

バリエーション違いのダウンシーンをいくつも見せてくれるので、見応えたっぷりです。

悪いイメージのまま終わりたくない西條は、必死にパンチを出して応戦。

しかし、あと一歩のところでゴングが鳴ってしまい攻め切ることができませんでした。

2ラウンド目も男ファイター有利の判定ですね。

激しく肩で息をする西條。

ここまでは劣勢。

3ラウンド目は巻き返すことができるのか?

【ラウンド3】

もう後がない西條は、ギアを入れ替え猛攻に出ます。

力強いパンチが男ファイターの体を捉え始め、徐々に潮目が変わっていきます。

西條の攻撃を耐え切れなくなってきた男ファイター。

ロープ際で必死にガードを固めますが、西條の強烈な右が男ファイターの顔を捉えます。

3ラウンド目に最初にダウンを奪ったのは西條。

男ファイターも疲れが出てきたのか、1・2ラウンドほどのキレがなくなってきています。

男ファイターは再びクリンチでダメージ回復を試みます。

しかし、同じようなことにはさせないと、西條は巧みに男ファイターをコントロール。

そう簡単に回復させません。

体力が戻る前に男ファイターを追い詰めるようにラッシュ。

男ファイターも必死に反撃しますが、手数が違います。

そして、渾身の右ストレートが炸裂!

これは男といえど、我慢できるものではありません。

呻き声を出しながらダウンしてしまった男ファイター。

何とか立ち上がりますが、ダメージは深刻。

脚はもうフラフラです。

こうなれば西條のペース。

パンチが面白いように当たり、男ファイターを追い詰めていきます。

男ファイターにできる抵抗はもはやクリンチのみ。

そうでなくても、この巨乳。

パンチを食らわずとも抱きつきたくなってしまいますねw

しかし、そんな甘い考えを許す西條ではありません。

ガードもままならない男ファイターの体に強烈なパンチを打ちこんでいきます。

ドMだったら、非常に嬉しいプレイです。

弱弱しいパンチを振り続ける男ファイターに、引導を渡すかのような強烈なパンチを食らわせる西條。

男ファイターはマットに飛び込むようにダウン。

3ラウンドは完全に西條が圧倒しています。

西條も疲れが出ているものの、男ファイターはもうKO負け寸前。

それでも、男の意地か何度も立ち上がり、西條に向かっていきます。

それか相当なドMでしょうね。

ダメージが残る男ファイターは、ガードを固め耐えることしかできません。

本来の試合であればこの時点でTKO負けになりそうなものですが、

この試合は完全決着。

10カウント負け以外はありえません。

ここでゴングが鳴り、勝負は4ラウンド目に持ち越されます。

【ラウンド4】

勝負の最終ラウンド。

3ラウンドで仕留めきれなかった西條は、序盤から一気に攻勢に出ます。

対する男ファイターは、ダメージの回復が間に合っておらず防戦一方。

必死にパンチを食らわせますが、最初ほどの勢いはありません。

力のない拳では今の西條を止めることなどできません。

西條の激しいラッシュ!

これまでダウンさせられた恨みを晴らすかのように力強い拳を何発も浴びせていきます。

苦悶の表情を浮かべながら耐える男ファイター。

女相手に格闘技で圧倒される屈辱はたまりませんね。

純粋な勝負であればなおさらです。

男ファイターは最後のあがきでクリンチ。

何とか西條の動きを封じて機会を伺おうとします。

しかし、西條はその手には乗らず、力いっぱいロープに突き飛ばします。

ロープの反動で戻ってきた男ファイターを待っていたのは、西條のパンチ。

ノーガードで完璧に撃ち抜かれてしまった男ファイター。

今日一のパンチがクリーンヒットです。

これを食らってしまったらどうしようもありません。

10カウントで失神KO!

西條相手に完全に屈してしまった男ファイターは、

悔しさを感じることもなく意識を刈り取られてしまいました。

体を伸ばし、勝ち誇る西條。

苦戦こそしましたが、見事な逆転勝利を収めました。

エロなしのボクシングでしたが、体がエロいのでそれだけで興奮できますね。

しかし、この試合はこれでは終わりません。

 

【DVD版】

【ダウンロード版】