女子プロボクサートレーニング Vol.1

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

女子プロボクサートレーニング Vol.1

対戦ファイター:真島みゆき・日向樹里・津村ユキ・雨宮あいこ

ファイト系作品に限らず、過程をすっ飛ばしてフィニッシュシーンを重視する方はいると思います。

そんな方々向けの妄想をかき立てる作品がこちら。

内容のほとんどは、彼女たちのトレーニングシーンなのですが、

それぞれのラストにダウンシーンが収録されています。

彼女たちの敗北シーンを見て、色々想像ができるのではないでしょうか。

演技力が抜群に上手い真島は、ダウンシーン一つとっても魅力的ですね。

ロープにもたれかかって苦しむ真島は、体を支えきれず前のめりに倒れてしまいます。

口からマウスピースが出てしまい、虚しく鳴り響く10カウント。

空手経験者である強いファイターのダウンは実にそそります。

赤を基調にしたビキニのコスチュームもエロさが際立っていいですね。

顔をだらしなく弛緩させ、マットに横たわる姿に興奮してしまいます。

アスリート体型で、ほどよく引き締まっているのがファイターらしさを感じさせます。

何て美しいダウンシーン。

戦った相手がこんな格好して倒れたら、そのまま追い打ちをかけたくなってしまいますね。

エロではないのにエロスをビンビンに感じます。

こちらもトップがビキニスタイルの日向。

胸こそありませんが、こういったコスチュームを着ているだけでエロさ倍増です。

日向は負けたことが信じられないのか、マットを叩き悔しがります。

心は戦えるのに体は動かない。

そんな屈辱感をかもし出してますね。

強気なファイターを負かすことこそS男の楽しみ。

残念ながら自分はその気は薄いので分からない部分もありますが、

フェチにとってはたまらないタイプのファイターではないでしょうかね。

3人目の津村は後ろ向きにダウン。

強烈な一撃をもらってしまった彼女の口からマウスピースが外れ、

よだれが口からこぼれてしまいます。

意識が朦朧として立ち上げる気配すら出せない津村。

彼女も本来Sキャラなだけあり、ダウンシーンがそそりますね。

体を大の字にしてピクリとも動けません。

完膚なきまでやられるとはこういった姿のことを言うのでしょう。

恐らく試合前は舐めた口調や挑発をしていたと思うので、

負かした快感は病みつきになりそうです。

下からのアングルも屈辱感が出ます。

大事な部分を隠せず横たわることしかできない屈辱はS女であれば尚更でしょうね。

ラストは、雨宮。

激しく咳込みマウスピースが外れてしまい、そのまま10カウント負け。

大きく胸元が開いたトップがエロい、エロ過ぎる!

もうはち切れそうなバストに釘付けです。

呼吸する度に胸が大きく上下に動き、エロさが倍増。

黄色のパンツとのアンバランスも中々そそります。

Hカップの爆乳は横になってもハッキリと分かるボリューム。

こんなファイターとボクシングプレイしてみたいです、、、

やはり巨乳ファイターはいい!

ダウンさせるのも、させられるのも興奮してしまいそうですね。

この4人の中では一番妄想をかき立てられるファイターでした。

 

とにかくダウンシーンが見たい!

ラストカット重視という方なら無駄な映像なくさっくりみられるのでおすすめです!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】