B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合 ~後半~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合

対戦ファイター:萌雨らめ(T:150cm B:92cm W:58cm H:86cm)
        西條カレン(T:156cm B:86cm W:60cm H:88cm)

イカされ返しを食らってしまった西條。

そこに萌雨が追撃態勢で襲い掛かります。

西條はトロンとした顔で萌雨のキスを受け止めますが、、、

このままマグロになるほどヤワなファイターではありません。

体勢を入れ替え反撃開始。

西條のテクでアヘ顔になっていく萌雨。

めちゃくちゃセクシーな声がリングに響きます。

西條「声おっきくなってるよ?どうしたの?」

萌雨「あああん!!」

やっぱり、萌雨の露出が少なそうで多いコスチュームがエロいですね。

体を押さえつけられ身動きの取れない萌雨。

この状態で西條のテクに耐えるのは不可能です。

萌雨「アンアン!あぁ、ダメェ、、」

西條「ダメ?またイッちゃうの?」

萌雨「アッアッアッ!イク!!」

西條「ほら、イキな!」

萌雨「ああああ!!」

萌雨は再びイカされてしまいます。

先ほどはすぐに返されてしまいましたが、今度はそう簡単に主導権を渡しません。

グラウンド卍固めで萌雨をホールドし、胸や股間を愛撫。

萌雨は関節を極められつつエロ技を食らい、満足に抵抗できません。

西條「イクまで離さないわよ」

萌雨「あああん!やだぁ、、、」

必死に耐える萌雨ですが、しっかり極まった技を返すことができず、、、

西條「イッちゃうの?」

萌雨「やだ、、やだ、、」

西條「見ててあげるわよ。ほら!」

萌雨「ダメ!アッアッ!ああああ!!」

ここに来て、西條の連続イカセ。

シーソーゲームが徐々に傾き始めてきました。

連続でイカされフラフラになってきた萌雨。

西條はここぞとばかりにコスチュームを脱がせ始めます。

萌雨の見事なGカップが露わになり、西條はさっそく揉み始めます。

揉み心地のよさそうなハリのある胸、最高ですね!

乳首や股間を弄られ萌雨は喘ぎ声が止まりません。

さらに西條の首絞めで、だんだんと顔がヤバくなっていきます。

快楽と苦しさ両方を味わわせてギブアップを狙う西條。

西條「ほら、降参しないと苦しむわよ」

萌雨「アッアッアッ、、、」

大きく開いた股間を狙い打ちされ、萌雨はアヘ顔をさらしてしまいます。

このままイカされるのは時間の問題か、、、?

しかし、萌雨はまだ諦めません。

責めることで無防備になっている西條の胸に手を伸ばし必死に抵抗。

受けの耐性がそこまで高くない西條は、喘ぎ声を漏らし動きが鈍くなってしまいます。

強引に体を起こした萌雨は

萌雨「これで終わりじゃないんだから」

と西條のコスチュームを脱がせ、直接胸を愛撫し始めます。

こちらも見事なGカップ。

巨乳ファイター同士の戦いはこれがあるからいいですね!

ひとたび受けに回ると感じまくってしまう弱さがある西條。

萌雨のテクに体をピクッピクッと反応させてしまいます。

体を震わせて耐える西條のエロいこと。

力が抜けてきた西條を後ろから抑え込み、胸や股間を愛撫する萌雨。

抵抗しようにも体がトロけてしまっている西條はエロ過ぎる声でよがるだけです。

西條「あああ、だめぇ、、」

萌雨「どう?気持ちいい?」

西條「はぁぁん、、」

萌雨「どこが気持ちいいの?」

西條「はぁぁぁん、、、だめぇ、、あああ」

萌雨「ウフフ、、」

西條「だめぇ、、これ以上触ったら、、、ああ、ダメ、イク、、、ダメ!ヤバイ!イッ、、ちゃう!!ンッ!!」

体をビクンと反らせ、萌雨に身を任せる格好になってしまった西條。

萌雨「イッちゃったの?」

その姿を見て萌雨は満足そうに微笑みます。

萌雨はマウントを取り西條を追撃。

西條も負けじと下から萌雨を責めていきます。

女同士の意地のぶつかり合いもいよいよ佳境に迫ってきました。

美女同士の濃厚なキスシーン。

お互いの感じる声が漏れるのは興奮します。

西條は萌雨からマウントを奪うとコスチュームを全て脱がせ手マン攻撃。

いよいよ本格的にイカせにかかります。

萌雨はさらにエロい声でよがります。

しかし、すかさずここを返す萌雨。

股間をぶつけ合う貝合わせで応戦し、一気に形勢を逆転させます。

貝合わせは萌雨の方が上手らしく西條は体を起こせずに悶えまくります。

西條「こんなんじゃ、、イカない、、」

と強がりますが、、、

西條「あああ!ダメ、、そんな激しくしないで、、」

萌雨「ウフフフ」

西條「ああああ!!イク!」

萌雨「え?」

西條「イク!!アッアッアッ!!」

萌雨の見事な腰使いに西條は何もできずにイカされてしまいます。

萌雨「これでトドメを刺してあげる」

西條のコスチュームを脱がせると、69の体勢で手マンとクンニを繰り出す萌雨。

勝負をつけるべく西條の感じるポイントを狙い打ちします。

しかし、この体勢は西條にも攻撃する権利が生まれます。

感じながらも必死に応戦する西條。

だんだんとリングには両方の喘ぎ声が響き渡るようになっていきます。

萌雨「アッアッアッ!!あん、、いやぁ、、イッちゃいそう、、、」

声を上げ始めたのは攻勢に出ていた萌雨の方でした。

西條の手マン攻撃によがりまくり、遂に

萌雨「アッアッアッ!イッ、、ク!!!」

と絶頂を迎えてしまいます。

ここを勝機と見た西條は

西條「逃がさないわよ」

と萌雨を捉え追撃。

ムチムチの太ももで萌雨を抑えつけ、敏感になっている股間を徹底的に刺激します。

イッたばかりの萌雨がこれに耐えられるわけがありません。

萌雨「アッアッ!!」

西條「どう?」

萌雨「いやぁ、、だめぇ、、アッアッアッ!イクゥーー!!!」

連続でイカされ萌雨はもうボロボロです。

萌雨を無理やり立たせコーナーに追い詰めた西條。

トドメはアルゼンチンバックブリーカー手マンです。

萌雨はプロレス技とエロ技両方を食らわされ、大きな声で喘ぐことしかできません。

西條「ほら、どう?」

萌雨「あああああ!!」

西條「いいのよ、イって」

萌雨「いやぁ!アンアンアン!もうダメ!あああイク!ギブアップ!もう負け!」

西條「なぁに?」

萌雨「負け負け!私の負け!!」

西條「ギブアップするの?」

萌雨「ギブアップーー!!あああ!!!」

最後は西條の肩に担がれながらの絶頂ギブアップ。

男女問わず屈辱的な敗北を喫してしまいました。

西條「ほらぁ、ギブアップなんでしょ?私の勝ちね」

もはや肩で息をすることしかできない萌雨に胸を当てる西條。

ドヤ顔で追い詰める姿がエロ過ぎる。。。

西條「負けを見たのはあなたの方ねぇ」

こんな感じで責められたら男はひとたまりもありませんね。

勝てる気がしません。

勝負はつきましたが、この試合には敗者への制裁が待っています。

ペニパンを装着した西條は敗者の萌雨にしゃぶらせます。

嫌がりながらもエロくしゃぶる萌雨を見ると、本質はM女であると感じますね。

西條「ちゃんと舐めなさい」

対してドS丸出しの西條。

このアングルエロ過ぎませんかね。

口では抵抗しても抗う力も資格もない萌雨は、西條に正常位で犯されていきます。

揺れまくるGカップは圧巻ですね。

西條の巨乳もエロい。

犯す方も犯される方もエロさ満点で最後まで飽きませんね!

トドメはバック突き。

西條「ほらぁ、どうしたの?」

萌雨「アンアンアン!!」

西條「泣いても許さないわよ!もっと鳴きなさい!」

ピシャリと萌雨のお尻を叩く姿は女王様のよう。

西條に負けて犯されるなら本望と感じるM男は多いでしょうね。

このまま突かれまくりブラックアウト。

最終的には西條が貫禄勝ちを収めましたが、それぞれが極上のリアクションを見せてくれ

見応えしかない一作に仕上がっていると思います。

本音を言えば、勝ち進んだ西條が次戦で敗北するシーンを期待していたのですが、

この試合の作品を最後にファイト系からいなくなってしまったのが残念でした。

そういった意味でも貴重なレズファイト作品ですね!!

相手が萌雨で非常に良かったと思います!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】