B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合 ~前半~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

B-1プロレズリング バトルトーナメント 1回戦第1試合

対戦ファイター:萌雨らめ(T:150cm B:92cm W:58cm H:86cm)
        西條カレン(T:156cm B:86cm W:60cm H:88cm)

最強タチを決める美女同士のレズファイトトーナメント。

期間の関係なのか最終的には途中で選手が変わってしまって、勝った選手同士のレズファイトが見られないという

残念なケースになってしまったシリーズですが、1試合ずつ切り取れば非常に見応えがありました。

中でも自分の中のベストバウト・萌雨らめと西條カレンの美女巨乳同士の濃厚ファイトをレビューします。

萌雨「私は受けの印象が強いと思うんですが、こっちの方の戦いでは結構イケると思うので、勝てると思います。カレンさん、今日泣いても許しませんからね」

と相手を挑発。

隠しても出てしまう胸の谷間がセクシーです。

対するはタチとしても評判の高い西條カレン。

西條「萌雨ちゃん、泣くのはあなたの方よ」

にこやかに挑発を返す西條。

こちらも胸の谷間がエロ過ぎますね。

試合開始。

それぞれが個性のあるリングコスチュームに身を包み勝負に挑みます。

まずはリング中央で組み合います。

レズファイトなので、堅苦しいことは抜きで胸を愛撫し始める両者。

共にGカップの持ち主。

胸を揉むだけで既に見応えがありますね。

舌を絡めながら、お互いの股間を責める立ち上がり。

まずここを制した方が試合の流れを掴むことができます。

キス対決を制したのはタチレスラーの西條。

西條「どうしたの?」

倒れた萌雨の上に乗り、ボリュームのある胸を揉みまくります。

西條「すごい気持ちよさそうよ?」

萌雨「そんなことない」

萌雨のセクシーな表情がいいですね。

西條「ウフフ、ならこれはどうかしら?」

Gカップを萌雨の顔に押し付ける西條。

美女の胸に埋もれる光景が実に羨ましいです。

これぞ巨乳レスラーの特権ですね。

しかし、油断は禁物。

責められていたかに見えた萌雨ですが、実は手を西條の股間に忍ばせていました。

思いがけない刺激に思わず喘ぎ声を上げてしまう西條。

途端に力が抜けてしまいます。

すかさずマウントを奪い返した萌雨。

お返しとばかりに胸や股間を揉みまくります。

萌雨「アンタだって気持ちよさそうにしてるじゃない」

西條「何言ってるの?アン!」

これまた揉み心地のありそうな西條の胸。

巨乳同士の戦いはただ揉むだけでも興奮してしまいます。

同じGカップを持つ者同士。

西條ができる技は、萌雨にも可能です。

今度は萌雨が西條の顔に巨乳を押し付け反撃します。

どちらの胸にも押しつぶされたい、、、

西條を立ち上がらせフェイスクラッシャーを食らわせた後は、電気あんま。

萌雨「気持ちいいんでしょ?」

西條「そんなわけ、、ああん!!だめぇ、、」

めちゃくちゃエロい声でよがりまくる西條。

巨乳なだけにこのアングルでも谷間がしっかり分かります。

続けて逆エビ固め。

萌雨「もうこんなに濡れてるじゃない」

西條「あああん!そんなことない、、、アッアッ!」

西條の極上のリアクションがヤバいです。

強気なSキャラなだけに、こうやって責められるのはそそりますね。

余談ですが、コスチュームは萌雨の方が好きですねぇ。

片方だけ脚が出てるタイプはカッコよさとエロさが混合してると思います。

女子プロの朱里選手がこういったコスを着ていた時がありましたけど、エロカッコよかったw

萌雨の股間愛撫にセクシーな声が止まらない西條。

勢いが出てきた萌雨は、西條を立ち上がらせるために髪を掴みます。

そのタイミングを待っていたかのように西條のローブローが炸裂。

萌雨は股間を押さえてダウンしてしまいます。

西條の反撃開始。

逆エビ固めで萌雨の腰を上げると、無防備になった股間を愛撫。

西條「ウフフフ、気持ちいい?」

萌雨「気持ちよくない、、あああ!!!」

萌雨はピクピク体を反応させながら必死に耐えます。

そして、萌雨を立ち上がらせるとそのまま持ち上げ、アトミックバスター。

萌雨は股間を西條の膝に思いっきり当てられてしまいます。

なおも続く西條のドS攻撃。

ロープに跨らせると、上下に動かし股間を刺激させます。

西條「どこに当たってるか分かる?気持ちいい?」

萌雨「ああああん!!いやぁ、、、!」

ロープの動きを止めようとすると、ガードする手がおろそかになります。

それを見逃さず胸を揉みまくる西條。

さすがテクニシャンです。

だんだん体が敏感になってきた萌雨は、ロープから解放されるとリングに倒れこんでしまいます。

西條は強引に立ち上がらせコブラツイスト。

もちろんこの試合はレズファイトなので、胸や股間の愛撫も忘れません。

痛みと気持ちよさで顔がトロンとしてしまう萌雨。

エロい声がリングに響きます。

萌雨「いやぁ、やめて、、」

西條「ん?なぁに?」

西條のお姉さまのように責める姿はM男にとってたまりませんね。

しかし、萌雨はここで反撃。

エルボーでホールドを解くと体勢を入れ替えコブラツイスト返し。

今度は西條が悶える番です。

萌雨「たくさん触られたからねぇ」

西條「あああん、、ヤバイ、、、ダメェ、、」

萌雨のテクにだんだんと腰が落ちていく西條。

ギリギリのところで耐える姿がめちゃくちゃエロい、、、!

腰が落ち始めた西條の上に飛び乗りパロスペシャル。

先ほどの喘ぎ声が絶叫に変わります。

体にもダメージを与えられた西條は遂に崩れ落ちてしまいます。

萌雨の追撃、キャメルクラッチ。

萌雨「気持ちいいんでしょう?」

西條「ち、違う、、そんな、、、」

萌雨「苦しそうなフリしてるんでしょ?」

西條「そんなこと、、アン」

無理やり舌を出させキスをする萌雨。

萌雨のテクに西條はイキそうな顔になっていきます。

マウントを取り犯していく萌雨。

西條は腕を押さえつけられ萌雨を振りほどくことができません。

巨乳ファイター同士の絡みってどうしてこんなにエロいんでしょうね。

西條も負けていません。

体勢を入れ替えマウントを奪うと、同じ体勢で萌雨を責め立てます。

西條の激しくもいやらしい責めに喘ぎ声が止まらない萌雨。

どっちも責めも受けも上手すぎて見応えたっぷりです。

西條のテクに抵抗する力が弱まってきた萌雨は、乳首責めにも感じまくります。

西條「もっとこうされたいんでしょ?」

萌雨「あああ!!いやぁ、、、」

笑顔で責める西條。

下にいるのが自分だったらと妄想するだけで興奮しまくりです。

西條は萌雨を後ろから抱えこむと、脚でホールドし股間を責めていきます。

コスチュームが快楽で湿ってきた萌雨。

吐息が荒く漏れてきます。

西條「ほらほら、気持ちいいんじゃないの?」

萌雨「アッアッ、、アン、、はぁう、、」

西條「もう動けないの?」

西條のテクに翻弄される萌雨は挑発にも何も返せません。

声がどんどんと大きくなっていき絶頂寸前。

西條「ん?どうしたの?」

萌雨「アッアッアッアッ!!イクッ!!!」

西條「ん~イっちゃうの?ほらぁ」

萌雨「アッ!!!!」

西條「可愛いね、イっちゃったの?」

萌雨は遂に西條のテクに抗えずイッてしまいました。

西條「どうしたの?もう終わり?」

攻撃の手を緩めない西條は電気あんまで追撃。

萌雨「ああああ!!」

西條「もっと気持ちよくなっていいのよ」

萌雨「あうん!!!」

西條「気持ちいいでしょう?」

電気あんまでよがる萌雨もたまらないシーンです。

このまま一気に勝負をつけようとする西條は貝合わせでイカせにかかります。

胸もあわせて愛撫し、萌雨はよがる一方。

西條「ものすごい気持ちよさそうねぇ」

西條はドヤ顔で余裕を見せます。

このSっぽい笑顔が実にそそります。

しかし、ここで萌雨復活。

あえて自分から腰を動かし、西條のペースに持っていかせません。

これには西條の方が押され始め、だんだんと声がエロさを帯びてきました。

腰砕けになってしまった西條は、遂に完全に快楽に身を委ねてしまいます。

西條「アッ、ダメ、、そこ!」

萌雨のエロテクも負けていません。

S性が強くテクニックのある西條ですが、弱点も多そうですね。

萌雨「ピクピクしてる」

西條「あああん、ダメェ!」

西條の体をホールドし、股間に狙いをつけて愛撫する萌雨。

感じていたのは西條も同じ。

さすがにここまで責められたら我慢することはできません。

萌雨「ここが気持ちいいんでしょう?」

西條「やめてぇ、触らないで、、、」

萌雨「ウフフフ」

西條「ああ!ダメェ、、!イクッ!!やぁん、、アッアッ!もうダメェ!アン!!」

萌雨「イっちゃったの?」

すぐさまイカせ返した萌雨。

西條は肩で息をしながらアヘ顔を晒してしまいます。

中盤まで試合が進み、お互い一進一退の攻防。

果たしてどちらが抜け出すのか。

両者の極上の責め・受けはまだまだ続きます。

 

To be continued

 

【DVD版】

【ダウンロード版】