BFシリーズ レズファイト1 ~七色さやかVS成島亜季 編~

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

BFシリーズ レズファイト1

対戦ファイター:七色さやか(T:158cm B:84cm W:55cm H:81cm)

        成島亜季(T:150cm B:85cm W:56cm H:82cm)

BFシリーズのレズファイト版。

これはこれで好みだったのですが、残念ながら続編にならず完結してしまいました。

まぁ、これでなくとも色んなレズファイトものはありますからねw

第一試合は七色さやかと成島亜季の対決です。

まずは巨乳が武器の成島のインタビュー。

成島「対戦相手は少しか弱そうな方なので、私のテクニックでイカせてあげたいと思います。」

と静かに闘志を燃やしています。

続いて、色白美女・七色のインタビュー。

七色「私は今まで相手をイカすことはあっても、イカされることはなかったので絶対に負けないです」

と、男相手に無敗の自信を覗かせます。

単純にこの人の雰囲気が好みですw

試合開始。

まずはリング中央で組み合う両者。

赤と青のコントラストが映えますね。

この力比べは意外にも七色が制します。

パワーで押し負けた成島はロープ際まで追い詰められ、早くも胸を愛撫されてしまいます。

七色「アンタの方が弱いみたいね」

成島「アッ、、アウ、、」

七色「どうしたの?」

この見た目でSキャラである七色は、さっそくエロで成島を責め立てます。

七色はマットに成島を放り投げると、すかさずキャメルクラッチ。

そして、空いた手で胸や股間を愛撫していきます。

七色「気持ちいいんだったらもっと声出していいんだよ?」

成島「気持ちよくないわ!」

ならばと意地を張る成島を仰向けにすると、クンニを開始。

先ほどよりもエロい声で喘ぐ成島。

七色「濡れてるじゃない?感じてるんじゃないの?」

成島「こ、こんな子にこの私が、、認めたくない」

七色の怒涛の責めによがる成島ですが、このままイカされるわけにはいきません。

クンニを続ける七色の顔を太ももで掴むと、そのまま体勢を入れ替えます。

成島「さっきの仕返しだからね。さっきの威勢はどこに行ったの?」

七色「アッ、、アン、、こんなの、、すぐに返してやるんだから、、ああん」

今度は七色が喘ぐ番。

リアクションが可愛くてエロい!

成島は七色を起き上がらせると、今度はスリーパーをかけながらの愛撫。

さらにエロい声をあげる七色。

成島「さっきより感じてきたんじゃないの?」

七色「か、感じてないもん、、、」

成島「声が感じてるように聞こえるけど?」

七色「はぁん、、あん、、、」

成島「舌出しなさいよ」

強引に七色の唇を奪う成島。

女の子同士のキスシーンはエロくて最高です!

しかし、キステクなら七色も自信があります。

激しいキス責めで形勢逆転。

成島をマットに押し倒します。

そして、成島のコスチュームを脱がすと胸を舌で愛撫。

成島のエロい声が大きくなっていきます。

七色「ここが気持ちいいの?」

成島「あうっ!」

このまま一気に七色が責め立てる展開になってきましたが、、、

そうはさせじと、成島は手を伸ばし七色の股間を愛撫。

まさかの攻撃に動きの止まった七色。

責めの手が止まり、崩れ落ちてしまいます。

再び成島のターン。

お返しに七色のコスチュームを脱がし、胸を愛撫していきます。

七色の色白で控えめな胸がキレイでエロ過ぎますね。

さらに、股間まで愛撫され足腰に力が入らなくなっていく七色。

抵抗できずマットに沈んでいってしまいます。

勝負ところとみた成島は、七色のコスチュームを完全に脱がして全裸に。

そして、自らもコスチュームを脱ぎ貝合わせで犯していきます。

七色「ヤッ、、、はぁん、、アン!」

成島「どう?私の腰使いは?」

七色「私だって負けないわ、、、アウ!!」

必死に抵抗する七色ですが、このテクニックは成島が上回ります。

めちゃくちゃエロい顔でよがる七色。

マジでキレイでそそる体してますねぇ。

負けじと69の体勢に持ち込み、クンニをする七色。

しかし、このテクも成島の方が上。

愛撫を続けていくにつれ、実力差が明白になっていき七色が喘ぐ時間が多くなってきました。

七色は完全に成島のクンニに身を委ねてしまいます。

七色「はぁん、、、そんなことされたら、、イっちゃう、、あああ、、」

体をピクピクと反応させ、イク寸前になっていく七色。

このまま勝負がついてしまいそうですが、成島はまだ決着をつけません。

髪の毛を掴み、無理やり七色を起こし

成島「まだやり足りないんだけど。かかってきなさい」

と敢えて七色に責めるチャンスを与えます。

タチファイターのプライドにかけて、このまま引き下がれない七色は

キス責めで必死に成島を責めていきます。

しかし、火照った状態の七色が成島に刺激を与えることなどできず

成島の手マンテクでリングに倒れこんでしまいます。

すでに勝敗は明らか。

成島は正常位の形で七色の股間に刺激を与えていきます。

七色「アッアッ、、アン、、」

本当にいい顔でよがってくれますね。

激しい腰使いで一気に七色を追い詰めていく成島。

凄まじいレズテクに七色は防戦一方です。

成島「一回もイったことないのに、女の子の時にイってもいいの?情けないわね」

七色「や、やめて、、」

もはや七色になす術無し。

七色「イッ、、、アンアン、、イッちゃう、、、ああああ!!イッちゃう!!!」

必死に耐えた七色でしたが、これまで。

体をビクビクとエロく痙攣させ、バトルファックで初敗北。

イキ様がとにかくエロい!!

成島「イッちゃったじゃない。あなたの負け認めなさいよ」

七色「い、いや、、、」

負けを認めたくない七色は、体を這わせてリングから逃げようとします。

しかし、それを許す成島ではありません。

後ろから七色をホールドし、

成島「イカせてあげるわ」

と愛撫を続行。

七色「や、やめて、、壊れちゃう、、、」

七色にはもう抗う力はありません。

七色「や、やめて、、あああ!!イっくぅーー!!!」

成島のテクに再び体を痙攣させ絶頂してしまう七色。

正直彼女のイキっぷりだけでこの試合は見る価値があります。

七色の髪を掴み無理やり顔を向かせると

成島「そろそろ負けを認めなさい。じゃないとまたイカせちゃうわよ」

と敗北宣言を要求します。

完全に心が折れてしまった七色は、観念したように

七色「やめてください、、、もうこれ以上、、認めます、、、認めます、、」

と悲しさを滲ませて屈服してしまいます。

成島「初めてイかされたのが女で情けないわね。残念だわ」

勝ち誇り七色を見下ろす成島。

七色はリングに倒れこんだまま動けません。

最高の負け試合でした!!

 

MIXファイトでは、男をイカせてきた七色なだけに

敗北シーンは実に官能的でヤバかったです。

特にイカされたあとの体の震わせ方は一見の価値ありです。

昔の作品ですが、今でも十分に楽しめるレズファイトですね!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】