一世あみのMIXプロレス 10

※ネタバレ有りですので閲覧の際にはご了承ください※

一世あみのMIXプロレス 10

対戦ファイター:一世あみ(T:162cm B:83cm W:56cm H:83cm)

○○のMIXプロレスシリーズの第10弾。

当時バトルの新星と謳われた一世あみとのファイトです。

最初のインタビューでは、美しい顔で

一世「結構負けず嫌いな性格なんで、女だからって舐めてかかると痛い目見るわよ」

と微笑みます。

試合開始。

リング中央で組み合うと、一世は競り合いを制し男ファイターをリングに投げ飛ばします。

逆エビ固め。

一世「もうおしまいなの?」

ハスキーボイスで攻めていく一世。

テカテカ光る競泳水着がエロさを際立たせます。

間髪入れずにキャメルクラッチ。

男ファイターの顔が早くも歪みます。

腕十字。

一世「男のくせにだらしないわねぇ」

ギリギリと痛めつけながら言葉責めを繰り出す一世のSっぷりがいいですね。

一世「今度は首が折れそうでしょ?」

引き締まった太ももで締め上げる一世。

本当にこの人スタイルいいですね。

和風な顔立ちに、出るところは出ているプロポーション。

これでSキャラなんて最高ですよ。

リズムを掴んだ一世の猛攻は止まりません。

今度はスリーパーホールドで失神を狙います。

一世「もう終わりなの?」

美女に後ろから攻められる快感は、M男にとってご褒美ですね。

一世「ホントだらしないわね」

男ファイターの腹を踏みつける一世。

妖艶な雰囲気が相まって、屈辱的なシーンです。

攻め足りない一世は、男ファイターを立ち上がられると

コーナーに思いっきり放り投げます。

男ファイターはコーナーを背に再びダウン。

そこに容赦なく踏みつける一世。

ドMにとってたまらない攻めが続きます。

一世はナチュラルで見下したような目をしているので、

普通に戦っているだけでもS性が見え隠れします。

早くも勝負をつけようとする一世は

一世「そろそろトドメよ」

とコーナーの男ファイターに向かって突進。

しかし、このままでは終われない男ファイターはカウンターで蹴りを合わせます。

これには一世、たまらずダウン。

男ファイターの反撃が始まります。

ただのキャメルクラッチではなく、脚をひっかけ、急角度で腰を痛めつけていきます。

一世「うあ!あ、脚が、、、ああ、、」

ハスキーでセクシーな声で苦しむ一世。

リアクションも一級品です。

そして、スリーパー。

今にも落ちそうな表情がエロい、、、

一世「まだそんな、、元気があったの、、ああう、、」

ただ悲鳴を上げるだけではなく、セリフを入れてくれるところが自分的には高ポイント!

さらに、急角度でのボストンクラブで腰を痛めつけていく男ファイター。

一世「あっ、あう、、いや、、腰が、、、負けるのはいや、、絶対に、、、アン」

悲鳴を押し殺し必死に耐える一世。

しかし、腰へのダメージは深刻です。

動きの鈍った一世。

男ファイターは一気にトドメを刺そうと、トップロープに上がります。

そして、一世に向かいテイクオフ!

ですが、これはギリギリで交わされ自爆。

男ファイターはのたうち回って苦しみます。

このチャンスを逃さない一世。

一世「よくもやってくれたわね」

とコブラツイストで痛めつけていきます。

さらに四の字固め。

妖艶な表情で男ファイターの様子を伺う姿がいいですねぇ。

立ち上がった男ファイターに容赦なくフェイスクラッシャー。

男ファイターはあらゆる箇所にダメージを負ってしまっています。

止まることのない一世の攻め。

男ファイターは何とか耐えるしかありません。

一世「どう?苦しいかしら?」

男「うああ、、、」

一世「これだから草食系は嫌いなのよ」

面白いセリフですが、シチュエーションがいいので、途端にエロく感じますね。

STF。

見事なプロレス技の数々を披露する一世。

さすがバトルの新星と称されただけのことはあります。

キレイ系の美女がプロレスを掛けてくれるというだけで興奮してしまいますね。

既にボロボロの男ファイターを立ち上がらせると、強烈なニーリフト。

ガチに男ファイターのボディをえぐります。

あまりにガチ過ぎて何度もリピートしてしまうシーンw

スピードがえげつないです。

リングに男ファイターを沈めると、脚を絡めとり関節技を極めていきます。

一世「男の人は下半身が固いからキツイでしょ?」

それが分かっていながら掛ける、実にSなファイターです。

再びスリーパー。

男ファイターの顔からだんだんと生気が失われていきます。

一世「どうしたの?元気なくなってきてるよ?」

背中に感じる胸の感触なぞ、今の男ファイターには楽しむ余裕はないでしょう。

男ファイターは膝を立てて棒立ち。

一世「行くわよ~!」

そこに、一世容赦なしのボマイエ炸裂!!

男ファイターは悲鳴を上げて倒れこみます。

そのまま3カウントでも勝負がつきそうでしたが、あえて関節技でフィニッシュ。

既に体が破壊されてしまった男ファイターは長く耐えることができず、あえなくギブアップ。

終わってみれば一世の完勝でした。

男ファイターの頭を踏みつけ勝ち誇る姿が実に絵になります。

一世「刺激がないわ、ホントに。次回があったら、、ないか」

男ファイターの弱さに不完全燃焼の様子です。

すると、

一世「私まだたぎり足りないのよね」

と男ファイターの股間を電気あんま。

Sスイッチの入った一世は、エロ技で男ファイターを責めていきます。

股間を踏みつけながら「アハハ」と笑う姿はSそのものです。

そして、屈辱的な顔面騎乗。

動けない男ファイターの顔に自らの股間を押し付け、妖艶に興奮させていきます。

こんなことをされて興奮しない男はいません。

一世「やっぱイジめられるのが好きなのかしら?」

と大きくなった股間を愛撫する一世。

一世の妖艶なエロテクに男ファイターはマグロ状態です。

69の体勢になると、さらに男ファイターの股間を弄びます。

一世「こっちは全然ギブアップしてないみたいね、フフ」

男ファイターの股間を指ではじいたり、擦ったりと責め立てる姿は、マジでエロいです。

そして、男ファイターのパンツからチ〇コを出し、フェラ。

いやらしい音がリングに響きます。

だんだんと自分も興奮してきた一世は、コスチュームを脱ぎ始めます。

形の良いDカップが露わになります。

スレンダーな体ですが、出るところはしっかり出て、めちゃくちゃエロいです。

そして、胸で男ファイターの顔を圧迫。

実に羨ましい技です。

これで窒息できるなら幸せですね。

責めるだけで興奮しているSの一世は、早々にインサート。

腰を激しく振り、男ファイターを犯していきます。

男ファイターは何も抵抗できず、一世の腰使いを受け入れるのみ。

このまま終わらせることもできそうですが、

一世「私が動いてばっかじゃない」

と一世は攻撃の手を緩めます。

一世「あなたも動きなさいよ」

と敢えて正常位で責めさせる一世。

すっかり言いなりになっている男ファイターは、必死に腰を振ります。

口から漏れる一世の喘ぎ声がエロいですね。

しかし、男ファイターの単調な責めでは満足できなかった一世は、

男ファイターの腕を掴み、自ら腰を振ります。

正常位での逆レイプは、男にとって屈辱。

一世のテクは男ファイターの遥か上を行っていることが分かります。

一世のエロさに絶頂寸前の男ファイター。

しかし、

一世「私の中でイっていいと思ってるの?」

とインサートを解除し、顔面騎乗手コキに移行。

一世「イキそうなんでしょ?」

と激しくしごいていき、男ファイターの我慢はもう限界です。

男「ああ、、イキそうだ、、出るっ!!」

一世「あ~らら」

情けなく射精してしまった男ファイター。

一世に一矢も報いることができず、完全敗北です。

一世「まぁ、少しは楽しめたかしら」

髪をエロくかき上げ、見下ろす一世。

最初から最後まで妖艶なスタイルで、男ファイターを屈服させてくれました。

一世「あなたはその無様な姿晒してなさい」

そう言い残しリングを去る一世。

リングには、情けなく横たわる男ファイターがいるだけ。

正統派美少女に完全敗北する男ファイターというシチュエーションがたまりません。

このMIXシリーズは、基本女勝ちなのが嬉しいですね。

普通にプロレススキルも高かったので、見ごたえは十分。

エロさも抜群と、実によい作品でした!

 

【DVD版】

【ダウンロード版】